翡翠

翡翠探し 75-2 2日目

(2015.09.23 1:00 AM)

2日目(日)は早朝まで降っていた雨も徐々に小降りになり、翡翠市が始まる頃

には止んで、涼しくて市にはもってこいの天気になりました。

午前中の出足が悪く心配しましたが、午後からお客さんが増えて翡翠談義もでき、

愉快で楽しい翡翠市になりました。

いろいろとご支援頂きましてありがとうございました。

翡翠市が終了後はいつものように市振の翡翠販売店へ。

はじめはTさんの店、次にKさんの店で夜遅くまで翡翠談義になりました。

 

道の駅・市振の関 駐車場

市振の関 駐車場

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

北海道犬 翡翠市

北海道犬 翡翠市

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

 

 

 

 

 

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

 

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 75-1 1日目

(2015.09.22 2:50 PM)

9/19(土)から9/21(月)まで、翡翠市出店を兼ねて翡翠探しに行ってきました。

朝夕が涼しく、海岸を歩いていても海からの風が気持ちがよく、やっと翡翠探しに

適した気候になりました。

1日目(9/19)は途中で十分に睡眠をとってきたので、糸魚川へ着いたのが午前11頃

になりました。

早速、小滝のポポさんへ行き翡翠談義、次に姫川沿い大野の翡翠販売所、最後はヒスイ

原石館とまわり、閉館までヒスイ談義を楽しみました。

小滝川と姫川の水量が少ないので翡翠は探し易そうでしたが、これまで川が荒れて

いないので翡翠は地表に出ていないように思います。

ヒスイ原石館では、昔に採取された高さが10㎝ほどのロウカン質の緑翡翠を見せて

もらいました。うっとりとするような透過光でした。

 

小滝川

小滝川

翡翠販売所 ポポ

翡翠販売所 ポポ

姫川 大野付近

姫川 大野付近

翡翠原石 ヒスイ原石館

翡翠原石 ヒスイ原石館

翡翠原石 ヒスイ原石館

翡翠原石 ヒスイ原石館

上質緑翡翠 ヒスイ原石館

上質緑翡翠 ヒスイ原石館

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

白地にほんのりと緑がのって、上品で凛とした美しさとふっくらとした優しい雰囲気を

併せ持ち、じっと見ていると心が癒されます。

白地の部分は少し大きめの結晶ですが、緑がのった所は小さな結晶になっていて、透過光

でもわかる通り、石目はほとんどありません。

希少な一品です。

大きさは画像一枚目の左より、28×20×12.5mm、30.5×22×12.5mm、27×20×12mm

です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日(9/20)、市振の翡翠市で勾玉(春翠コレクション)を販売します。

下記の勾玉も販売しますので、興味のある方はお立ち寄りください。

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

勾玉 上質翡翠

勾玉 上質翡翠

 

翡翠加工・勾玉 236-3 開眼

(2015.09.19 1:00 AM)

ルーターで眼を開けました。

命を得て生き生きとしています。

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/19(土)から9/21(月)まで糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

9/20(日)は市振の翡翠市に参加して勾玉を販売しますので、ぜひ

お立ち寄りください。上記の勾玉も販売します。

翡翠の原石や勾玉、大珠を実際に手にとって、じっくりと吟味する

ことができますよ。

 

翡翠加工・勾玉 236-2 成形

(2015.09.18 1:00 AM)

グラインダーでおおよその形に成形しました。

気になる石目を完全に取り除いたので、石目のない白地に薄緑の希少な勾玉に

なりそうです。

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

 

翡翠加工232で切断した翡翠板1枚を加工して勾玉を製作します。

この翡翠は透明感のある白地にうっすらと緑がのっている上品な翡翠です。

まず、勾玉の原型3個を切り抜きました。

 

翡翠板 上質翡翠翡翠板 上質翡翠

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

ペーパーの1,000番まで研磨して、ついに研磨完了にこぎつけました。

一つ一つ個別にみると歪んだり、磨き残しがありますが、とりあえずあり合わせの

紐に通してみました。

棗玉25 個の小さい輪の方がブレスレット、68個の大きい輪の方がネックレスに

なりそうです。どちらも透き通るような白で極めて上品です。

大きさは大小ありますが、7×7×8mm前後になります。

 

棗玉 白翡翠棗玉 白翡翠

 

棗玉 白翡翠棗玉 白翡翠

 

ペーパーの240番で粗研磨しました。

拡大してみるとまだまだいびつな形ものがあるので、これらを修正してから

番手を上げて仕上げ研磨に入ります。

 

棗玉 白翡翠棗玉 白翡翠

 

 

両端を丸めて棗形に成形しました。

滑らかな局面になっていないので、粗研磨の時に整形していきます。

 

棗玉 翡翠棗玉 翡翠

立方体を円柱に成形しました。

さらに両端を丸く削って棗形にしなければなりません。

切断機やグラインダー、ルーターなどの工具があっても数を揃えるにはかなりの

時間がかかります。

機械工具がなかった古代の攻人は、どのような攻玉方法でどれほどの時間を費やして

管玉の首輪を作ったのだろう。古代人に聞いてみたいものだ。

 

棗玉 翡翠棗玉 翡翠

翡翠加工・棗玉 235-3 穿孔

(2015.09.12 1:00 AM)

ルーターで紐を通す孔を開けました。

90個も開けるとなると大変な労力で、気力・体力が試されます。

 

棗玉 翡翠棗玉 翡翠

翡翠板を細かな円柱状に切断しました。

90個ほどあったので、切り抜きだけでも時間がかかりました。

これからの成形、研磨にはどれほどの手間がかかるかと思うと気が滅入りますが、

目標のブレスレットやネックレスを思い描いて頑張ります。

 

翡翠板 白棗玉 翡翠

 

名古屋の我が家では台風18号の影響も大したことがなく一安心しました。

ということで、また棗玉製作の再開です。

今回は女性用のブレスレットやネックレスに使えるように、少し小さめの

6×6×8mm前後の大きさの棗玉を製作します。

まず、残っている原石を板状に切断しました。

 

翡翠板 白翡翠板 白翡翠板 白

 

ペーパーの1,500番まで研磨してようやく完成です。

研磨途中で小さな石目や不純物が顔を出してきたので、これを切削して取り除いてからの

再研磨を繰り返して、完成まで思いの外時間がかかりました。

一見すると透明度のある白地の勾玉に見えますが、透過光で分かるように全体にごく薄っすら

とラベンダー色や緑色がかかっています。石目はほとんどありません。

(台風の影響で雨の日が続き、太陽光下での撮影ができずに蛍光灯の下で撮影しました)

派手さはないですが、上品な色合いで気品があります。

大きさは画像1枚目の左より、34×23×13mm、29×20.5×11mm、28×19×10.5mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠

LED透過光 画像1枚目の右

勾玉 翡翠

LED透過光 画像1枚目の左

 

 

 

 

 

 

翡翠加工・勾玉 234-4 開眼

(2015.09.08 1:00 AM)

ルーターで眼を開けました。

翡翠輝石の結晶がキラキラと輝いて、元気がみなぎっているように見えます。

画像二枚目の左端の勾玉の先端部分に不純物が中から浮き出てきて少し窪んでいます。

これを削り取って全体のバランスを整えてから研磨に入ります。

はじめは石目がほとんどないので成形が楽にできると思いましたが、意外に苦戦して

います。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

翡翠加工・勾玉 234-3 成形

(2015.09.07 1:00 AM)

グラインダーで成形しました。

石目が少ないのですんなりと形が決まりましたが、写真撮影後にじっくりと見たら

気になる小さな石目を見つけました。

開眼前に切削して石目を取り除きつつ、もう少しスマートに整形します。

 

勾玉 翡翠

勾玉 翡翠

小割切断機で勾玉の原型を切り抜きました。

翡翠板には白、緑、ラベンダーの部分が大まかに入っているため、部分的に切り抜いた

勾玉の原型には2色か1色しか入っていなくなりました。

 

翡翠板 3色勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

 

 

大きな原石を割ったこのブロックを加工して勾玉を製作します。

透明度のある白地に薄い緑とラベンダーが入った原石で、小滝産と思われます。

まず小割切断機で5枚の板に切断しました。

 

翡翠原石 3色翡翠原石 3色

 

翡翠板 3色翡翠板 3色

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

孔の周りも面取りした後に研磨したので、23個全てを磨き終わるまでかなり時間が

かかりました。

一つ一つは完全な棗形ではなく少しずついびつになっていますが、ブレスレットや

ネックレスに組めば全体として手作り感や温かさを持った作品になるかと思います。

棗玉一つの大きさは9×9×11mm前後です。

 

棗玉 白翡翠棗玉 白翡翠棗玉 白翡翠

 

円柱の両端を丸く切削して棗形にしました。

白い繭玉が並んでいるようで面白い眺めです。

面倒な加工をやった甲斐がありました。

 

棗玉 白翡翠棗玉 白翡翠

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930