翡翠

半分に割れた原石の1つを6枚の板に切断しました。

これを勾玉の形に切り抜いて行く時に、ガツンと衝撃があり

切断機のダイヤモンドブレードの回転が止ってしまいました。

調べてみると、刃の一部が欠けていました。

さっそく、予備も含めてダイヤモンドブレードを2枚注文しましたが、

必要経費とは言え、いたい高額出費になりました。

とりあえず、4枚を使って大珠を作ります。

翡翠原石 黒翡翠原石 黒

欠けたダイヤモンドブレード欠けたダイヤモンドブレード

 

 

そろそろ翡翠をと言うことで、去年購入した金山谷産と思われる黒翡翠を

加工していきます。

大きめのお結び型の原石で、黒に近い濃い灰色の地に緑が帯状に入ったものです。

石目が沢山入っていたので、どこで切断しようかと迷いましたが、思いきって

ハンマーで叩いたところ、一番弱い所でちょうど半分に割れました。

上手いことに緑の帯が両方の翡翠原石に入っていました。

石目が多く、縦横に入っているので、勾玉は諦めて小さめの大珠を作ります。

翡翠原石 黒翡翠原石 黒 裏側翡翠原石 黒

紙ヤスリの2000番まで研磨しました。良い艶が出ています。

白地に鮮やかな緑が入って、若々しくて新年にふさわしい勾玉になりました。

石目が少しありますが、あまり気にはなりません。

大きさは、大きな勾玉で28mm×19mm×9mmです。

勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠

 

翡翠加工・緑 47-2 成形

(2012.01.06 1:00 AM)

グラインダーで粗削りをして形を作った後、リューターで穴を開けました。

前にも書きましたが、勾玉が開眼すると生き物のように見えてきます。

ちょうどいい所に緑が入って、若々しい勾玉になりそうです。

勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠

三箇日も過ぎ、そろそろ作品を作り始めます。

白に緑が入った切断済みの原石を石目から割って、勾玉を2個切り抜きました。

裏側はでこぼこしていたので平面になるまで削っていったら、厚みが薄くなり全体的に予定より

小さくしました。

翡翠原石翡翠原石

色とりどり

(2012.01.03 1:00 AM)

三箇日はのんびりとしていて作品を作っていませんので、去年作った勾玉で

今手元にあるものを紹介します。

緑、青、ラベンダー、白、黒、ピンク(これは桃簾石)の勾玉は、どれも

個性的で愛らしく、いつまでも手元に置いておきたい気持ちです。

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、大地震、大津波、原発事故に放射能汚染と続き、辛い一年でした。

まだまだ復興、終息には至っていませんが、一日でも早く元の平穏な生活が

戻ることを願っています。

翡翠加工については、昨年はひねり大珠などの珍しい形の作品を作りましたが、

今年も引き続き新しい形の作品作りに挑戦していきたいと考えています。

ブログの作品を見ていただき、コメントしていただければ幸甚です。

本年もよろしくお願いします。

ひねり大珠

復活の翠

ひねり大珠

再生の翠

 

 

 

 

ペーパーで2000番までと、セラミカの3000番で磨きました。

桃簾石が軟らかく、研磨中でも大きく削れて行ってしまうので、

かえって難しい面もありました。

この作品が、今年最後の作品になりました。

来年も、マイペースで作品作りに励みますので、お引き立て

よろしくお願いします。

ペンダントトップ 桃簾石ペンダントトップ 桃簾石ペンダントトップ 桃簾石

 

 

 

穴を開けた後、グラインダーにダイヤモンドホイールを付けて粗削りをしました。

後は、ダイヤモンドビットを付けたルーターで穴の周りを削って整形します。

翡翠のつもりで削っていると、削りすぎてしまうので勝手が違います。

ペンダントトップ 桃簾石ペンダントトップ 桃簾石

 

今回は、地元でピンク翡翠と呼ばれている桃簾石を加工します。

勾玉ではなく、ハートを模したペンダントトップを作ろうと思います。

ひねりも入れた新しい形のもので、翡翠で作るための手慣らしのつもりです。

翡翠に比較すれば軟らかいので、ダイヤモンド・バンドソーで切り抜きました。

桃簾石桃簾石桃簾石

ペーパーで2000番まで磨きました。

どの勾玉も良い艶が出ています。

しかし、緑の勾玉に入ったひびが目立ってきました。

割れてしまうことは無いけれども、ちょっと気になる眼の所に入っています。

丈夫で折れないダイヤモンドビットがあればいいのですが、、、、、。

勾玉 翡翠

勾玉 翡翠勾玉 翡翠


苦労して眼を開けました。

緑の勾玉に穴を開けている時に、ダイヤモンドビットの先端が折れて、

折れた先が穴のなかに残ってしまったからです。

つまみ出そうとしても、押し出そうとしてもできず、結局はダイヤモンドビットで

穴のなかに残っている金属を両側から少しずつ削って行って何とか貫通することが

できました。

そのために、ダイヤモンドビットが5本ほどダメになりました。

さらに、無理にたたいて押し出そうとした時に少しひびが入ったようです。

翡翠 勾玉翡翠 勾玉

グラインダーで粗削りをしました。

勾玉の内側のカーブがなかなか上手く削れません。

のどに当たる部分をもう少し内側に削らないといけない。

眼を開けた後で整形しよう。

勾玉 翡翠

勾玉 翡翠

前回の翡翠探しの時に購入したラベンダー翡翠と前回加工した緑翡翠の残りを使って

勾玉を作ります。

紫の色は薄いけれども色が全体に入っているラベンダー翡翠です。

翡翠原石 緑、ラベンダー

翡翠原石 緑、ラベンダー

翡翠加工・黒 44-4 研磨

(2011.12.20 1:00 AM)

整形しながら2000番まで研磨しました。

この間、オークションで研磨板・ダイヤセラミカを購入したので、

磨き残しを3000番のダイヤセラミカで研磨しました。

ペーパーの2000番よりは良い艶が出たので、最終磨きに使えそうです。

写真の勾玉に白い粉のようなものが付いたように見えますが、

これは翡翠輝石の結晶が太陽光で光っているためです。

一番大きな勾玉で32mm×22mm×10mmです。

黒翡翠 勾玉

黒翡翠 勾玉

黒翡翠 勾玉

翡翠加工・黒 44-3 開眼

(2011.12.19 1:00 AM)

ルーターで眼を開けました。

磨いてないので、粉っぽいただの黒い石の勾玉のようですが、

艶を出すとどうなるのか楽しみです。

黒翡翠 勾玉黒翡翠 勾玉

 

 

翡翠加工・黒 44-2 粗削り

(2011.12.18 1:00 AM)

だいぶ日が短くなり、午後4時を過ぎると暗くなってきます。

気温も下がるし,作業時間がなかなか取れないなかで、粗削りまでしました。

多少軟らかく、削りは楽でした。

と言っても、翡翠なので桃簾石のようにはいきませんが、、、、、。

黒翡翠 勾玉

黒翡翠 勾玉

以前に購入しておいた黒翡翠を加工します。

石墨を含む割合が大きく、全体が黒くて透明度はほとんどなし。

切断してみると少し軟らかい感じがする。

細かい石目があるようだが、ここで割れる心配はなさそうだ。

翡翠原石 黒翡翠原石 黒

 

 

翡翠加工 43-3 整形・研磨

(2011.12.15 1:00 AM)

開眼後に全体のバランスを見て、細かいところまで形を修正して整えました。

その後、2000番まで研磨しました。

良い艶が出ていますが、写真ではなかなか伝わりにくいと思います。

明るく若々しい色合いのなかに、凛とした上品さを感じさせる良い感じの作品になりました。

大きさは、青翡翠の方で37mm×27mm×12mmです。

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

翡翠加工 43-2 成形・開眼

(2011.12.14 1:00 AM)

グラインダーで形を作った後、ルーターで穴を開けました。

穴の位置と大きさによって勾玉の善し悪しが決まってしまう、と言っても良いぐらいなので

いつも緊張します。

やはり、この穴は勾玉に命を吹き込む眼なのでしょうか。

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930