翡翠

翡翠を探して 3 一日目

(2010.12.22 12:05 AM)

朝一番に須沢海岸へ。

雨、風が強いが波はそれほど大きくはない。しかし、寒い。涙が出て探しにくい。

高波に気を付けつつ翡翠を探すが、地味な灰色翡翠を1個見つけたのみ。

早々にあきらめ、まちの駅にネット販売の打ち合わせに行く。

そこでは、根知の水野さんの陶芸作品展をやっていました。

水野さんは自分で穴窯を作って陶器を焼いておられる方で、人の作品も焼きますとのことです。

見学もできます。興味のある人は一度連絡してみてください。

連絡先 水野 英夫  携帯電話 080-6599-7952

午後はヒスイ原石館に行って翡翠談義、その後小滝のお土産屋・ポポ さんに寄る。

雨の須沢海岸

雨の須沢海岸

まちの駅

陶芸作家 水野さん

まちの駅

水野さんの作品

まちの駅

水野さんの作品

ヒスイ原石館

ヒスイ原石館 開館日

ヒスイ原石館

ヒスイのランプ

翡翠を探して 3

(2010.12.21 11:31 AM)

18日(土)、19日(日)、20日(月)に糸魚川へ翡翠探しに行ってきました。

三日のうち、半分は雨、半分は晴れの変化の激しい冬の糸魚川でした。

成果は須沢の海岸で灰色翡翠1個のみ。

今年最後の翡翠探しにしては寂しい結果ですが、体調や天候を考え無理をしませんでした。

そのかわり、まちの駅やヒスイ原石館、小滝のお土産屋、土日工房などに寄って

色々な人と翡翠談義を楽しみました。

詳しくは次回より。

三日間雪は降りませんでしたが、これから本格的に雪になります。

みなさん、くれぐれも気を付けて翡翠探しをしてください。

灰色翡翠

翡翠と薬石 須沢にて

黒姫山

黒姫山 須沢より

雨飾山

雨飾山 根知より

開眼 !

(2010.12.18 12:05 AM)

石目やヒビを避けるのに苦労しましたが、やっと 勾玉や大珠に眼を開けました。

命が吹き込まれて、どことなく喜んでいるように見えませんか。

この後は、精一杯のおしゃれをしてやります。

完成したらUPしますので、お楽しみに。

緑翡翠

開眼前

緑翡翠

開眼前

緑翡翠

開眼後

緑翡翠

開眼後

緑翡翠

開眼後

緑翡翠

開眼後

切り抜き・粗削り

(2010.12.17 12:05 AM)

ヒビを避けながらマジックの線に沿って、ダイヤモンドバンドソーで大まかに切り抜く。

それを、完成形をイメージしながらダイヤモンドホイールを付けたグラインダーで削っていく。

ヒビがあればなくなるまで削っていくので最初のイメージの形から変わっていくが、

新しいイメージを描きながらどんどん削っていく。

今回は大、中のヒビを避けて削れたようだが、さらに研磨していくと 見えなかったヒビが

出てくるかもしれない。

後は、さらにグラインダー砥石で勾玉の内側を削ったり、それぞれの表面の凹凸を削り取った

りして全体を滑らかな表面にします。それから、ひもを通す穴を開けます。

これについては次回。

緑翡翠

切り抜き

緑翡翠

切り抜き

緑翡翠

粗削り

緑翡翠

粗削り

勾玉 大珠

粗削り

緑翡翠の加工

(2010.12.16 12:05 AM)

めっきり冬らしくなりました。糸魚川は雪でしょうか。

以前に切断した翡翠の板を見ながらどんな形に加工しようか 考えました。

この板は、小滝川産の翡翠で透明感があり、光を当てると

全体に緑色が広がります。上質の翡翠です。

ただし、圧砕タイプ特有の細かいヒビが入っているのが欠点。

ヒビのところで割ったら細長くなってしまったので、勾玉はやめて

大珠かペンダントトップを作ろうと考えました。

勾玉を作るヒビの少ない翡翠はなかなかありません。残念。

完成までの製作過程を投稿していきます。お楽しみに。

緑翡翠

大まかなイメージ

緑翡翠

大まかなイメージ

緑翡翠

LED透過光

緑翡翠

LED透過光

緑翡翠

LED透過光

緑翡翠

LED透過光

翡翠とは

(2010.12.15 12:05 AM)

昨日の夜に磨きが完成したので、次ぎに何を作ろうかと翡翠の板を眺めていたら、

蛍光灯の光で断面がキラキラしているのに気づいた。

前に、翡翠を見分ける決め手の1つが粒々があるかどうかと書きましたが、

その時には良い画像が無かったのでうまく伝えられなかったと思います。

その粒々がこのキラキラで、翡翠輝石の結晶です。

1mm以下で、小さめのものから少し大きめのものまであります。

この翡翠輝石の結晶 がたくさん集まって翡翠の石や岩になるのです。

この小さな結晶が複雑に絡み合っているので翡翠は割れにくいそうです。

翡翠の板

翡翠の板

翡翠輝石

結晶の大小

白翡翠

白翡翠

緑翡翠

緑翡翠

ラベンダー翡翠

ラベンダー翡翠

青翡翠

青翡翠

磨き完成

(2010.12.14 11:21 AM)

疲れました。磨きの完成まで3日間かかりました。

磨きが完成に近づいてくると、新しいヒビが現れてきて、これをグラインダーで削ったり、

キズが見つかって荒い番手のサンドペーパーから磨き直しをしたりの繰り返しでした。

荒削りの形と比べるとかなりシャープになってきています。

緑と黒、白が うまく配置されたしゃれた作品になりました。

13日(午後五時)に完成したのですが暗くて写真が撮れず、 今日の朝に撮って投稿しました。

翡翠の研磨

磨く前

翡翠の研磨

粒度600番まで

翡翠の研磨

粒度2000番完成

翡翠の研磨

粒度2000番 反対側

翡翠の研磨

やっと完成 ピカピカだ

翡翠の研磨

仲間と一緒に記念撮影

海が荒れて、波が高い日の翡翠探しは大変危険です。

波が少し収まっているような時も突然大波がやってくるからです。

これから冬の荒天が続き、大きな高波がやってきます。

海岸で翡翠探しをされる方はくれぐれも気を付けてください。

どうしても翡翠探しをしたい人は、下の画像で翡翠探しのバーチャル体験をどうぞ。

ここで拾った地味な翡翠を2個置いて撮影した波打ち際です。さて、翡翠はどれでしょう?

私もどこに置いたかはっきりしなくなりましたので正解はなしということでよろしく。

翡翠探し

目が開いたよ

(2010.12.11 12:05 AM)

黒翡翠の作品に穴をあけた。

画竜点睛、緊張します。

ほとんど形が完成しているので、失敗すると取り返しが付かない。

どこにどのくらいの大きさで開けるのかも、なかなか難しい。

まず、細いダイヤモンドビットを付けたルーターで小さな穴を開けます。

次に、徐々に太いビットに変えながら小さい穴から順に大きくしていきます。

後は、サンドペーパーを貼付けた板をグラインダー に取り付け、ひたすら磨いていきます。

磨き終わったら、掲載しますのでお楽しみに。

勾玉 大珠

開ける前

勾玉 大珠

開けた後

勾玉 大珠

かなり削ったねぇ

勾玉 大珠

仲間と一緒に

勾玉 大珠

仲間と一緒に

黒翡翠の加工

(2010.12.10 12:05 AM)

前に輪切りにした黒翡翠を加工しようと思い立ちました。

完成品のイメージが何となく形になってきたからです。

ヒビを避けてだいたいの形を翡翠に描き、ダイヤモンドバンドソー (糸のこのようなもの)で

切り抜く。後は、グラインダーで形を整えていきます。

次は、ひもを通す穴をあけ、ひたすら磨く。これについては次回公開、お楽しみに。

黒翡翠の加工

形を描く

黒翡翠の加工

切り抜く

黒翡翠の加工

削る

黒翡翠の加工

形を描く

黒翡翠の加工

切り抜いて、削る 

すごい! ロウカン翡翠だ

(2010.12.04 12:05 AM)

「小さな糸魚川ヒスイ原石館」の展示翡翠にはすごいものがある。

さすが30年以上かけて集められた翡翠たちだ。

ロウカン翡翠と言っても良い極上翡翠だと思う。

厚かましくも館長の許可を得て、翡翠の写真を撮ったので紹介します。

ロウカン翡翠の透過光に翡翠の魅力が隠されているような気がする。

 

小さな糸魚川ヒスイ原石館

小さな糸魚川ヒスイ原石館

青ヒスイ

青ヒスイ

青ヒスイ

青ヒスイ

緑ヒスイとピンクの桃れん石

緑ヒスイと桃れん石

濃緑色ヒスイ

濃緑ヒスイ

上質緑ヒスイ

上質緑ヒスイ

極上の緑ヒスイ

極上緑ヒスイ

上質ヒスイの透過光

濃緑ヒスイの透過光

上質ヒスイの透過光

上質緑ヒスイの透過光

上質ヒスイの透過光

極上緑ヒスイの透過光

上質ヒスイの透過光

極上緑ヒスイの透過光

上質緑ヒスイのルース

極上緑ヒスイのルース

翡翠を探して 2 四日目

(2010.12.03 12:05 AM)

朝一番に市振海岸へ。先客がいないので期待したが収穫は豆翡翠1個でした。

ここは丸い大きな石が多いので、見つかる翡翠も大きいですがなかなか拾えません。

早朝は曇っていましたが、徐々に晴れてきて良い天気になりました。

あきらめて土日工房さんで翡翠とカメラ談義。勾玉の看板の回転灯が付いていれば営業中です。

最後に、小滝の床屋さん経営のお土産屋・ポポさんに寄って、糸魚川の翡翠を見てから名古屋に

帰りました。

北陸はこれから寒くなり雪も降るので、翡翠探しには厳しくなってきます。

しかし、海も荒れて波も高くなるので翡翠が拾えるチャンスも増える。

糸魚川に出かけるかどうか、なかなか悩むところです。

市振海岸

市振海岸東側

市振海岸

市振海岸西側

市振海岸

市振海岸の青空

土日工房

土日工房の回転灯

お土産や・ポポさん

お土産屋・ポポさん

お土産や・ポポさん

お土産屋・ポポさん

翡翠を探して 2 三日目

(2010.12.02 12:05 AM)

朝から雨。しかし、風も強くなく寒くなかったので、気を取り直して須沢海岸へ。

波もあまりなく条件が悪くて、小さなヒスイ2個。ラベンダーと灰色ヒスイです。

途中、きれいな虹が見れました。

その後、久しぶりに勝山ドライブイン下の海岸に行き、西に歩いたが収穫は小さなヒスイ1個のみ。

ここは、砂浜の幅が狭くて後ろは崖になっているので、海が荒れて波が高い時は危険ですよ。

午後から糸魚川の私設翡翠原石館「小さなヒスイ原石館」を訪問しました。

ここは、28歳から地元の糸魚川ヒスイの原石を収集されてきただけあって、

すばらしいヒスイが展示してあります。

楽しくヒスイ談義をさせてもらいました。一度寄ってみてください。

館 長   吉田さん
開館日   木、金、土、日曜日
入館料   200円 コーヒー付き
電話番号  025-552-3621(携帯)

 

姫川河口

姫川河口 

須沢の虹

須沢の虹 

翡翠

灰色とラベンダー翡翠 

勝山ドライブイン下

勝山ドライブイン下

小さなヒスイ原石館

小さなヒスイ原石館

展示翡翠

展示翡翠

上質翡翠

緑の上質翡翠

展示翡翠

展示翡翠 

展示翡翠

展示翡翠

翡翠を探して 2 二日目

(2010.12.01 12:05 AM)

二日目の朝も須沢で翡翠探し。天気はよいが砂浜状態で収穫なし。

10時から まちの駅・糸魚川ぷらっとへ。おもしろカッパ展をやっていました。

ネット販売の打ち合わせをして、終わったのは午後5時過ぎでした。

糸魚川翡翠の勾玉に興味のある方は「いとぷら」にアクセスしてください。

夜明け前の須沢

夜明け前の須沢

糸魚川ぷらっと

糸魚川ぷらっと玄関

糸魚川ぷらっと

玄関から奥へ

糸魚川ぷらっと

奥から玄関へ

糸魚川ぷらっと

おもしろカッパ展

委託販売勾玉

勾玉 春翠作

委託販売勾玉

勾玉 春翠作

翡翠を探して 2 一日目

(2010.11.30 12:05 AM)

午前5時頃に須沢に着いた。曇りで少し寒い。手袋をつけて海岸へ。先客あり。

波は荒く翡翠拾いには良い条件か。高波に気をつけて探すもなかなか拾えない。

雨も降りだす。やっと灰色の小さい翡翠を2個拾う。

午後は青海川の上流に行くが 、前日に誰かが探したようで収穫なし。

しかし、晩秋を楽しめました。

その後、根知の翡翠加工の匠・古吹さん宅により翡翠談義をしました。

 

須沢海岸

須沢海岸

装備灰色翡翠

晩秋の青海川

晩秋の青海川

晩秋の青海川

 

 

翡翠を探して 2

(2010.11.29 11:04 AM)

11月24日(水)〜27日(土)まで糸魚川に翡翠探しに行ってきました。

残念ながら天気が悪く、曇りや雨で最後の日だけが晴れ。

翡翠の収穫も、小さくて灰色の翡翠が五個ほど拾えただけ。

しかし、須沢海岸ではきれいな虹がなぐさめてくれました。

「まちの駅・糸魚川プラット」や[土日工房]、[小さな原石館]を

訪ね、翡翠談義をしてきました。

青海川の上流はすっかり晩秋で、紅葉も色あせてほとんど散っていました。

北陸の冬が近づいてるのですね。

これから、4日間の様子を紹介していきます。

須沢

須沢の虹

青海川

青海川の紅葉

青海川

青海川の紅葉


翡翠の輪切り

(2010.11.23 12:05 AM)

先回の翡翠探しのときに購入した翡翠原石を切断機で輪切りにしました。

黒に緑の部分が スジ状に入っている、ちょっと面白い原石。

この模様を見ていたら、これを生かした勾玉やペンダントトップを

作る意欲がわいてきた。できたらUPします。

翡翠原石

切断前の原石

翡翠原石

切断後の原石

翡翠原石

切断後の原石  緑のスジがおもしろい

翡翠を探して 四日目

(2010.11.18 12:05 AM)

朝、市振海岸と富山県の宮崎海岸に行った。

先に宮崎海岸に行ったが、人が多くて拾えそうもない気がして、

すぐに市振海岸に行った。

国道下の海岸にはほかに誰もいなかった。

ヒスイもいなかった。豆ヒスイ1つ。

その後、市振の国道沿いにある「土日工房]さんに行き、

目の覚めるような翠が入ったヒスイを見せてもらった。

店主のヒスイ786さんこと、Mさんとヒスイ談義をして

名古屋に帰りました。

市振海岸

市振海岸

市振海岸

市振海岸

翡翠原石

土日工房さんの翡翠原石

翡翠を探して 三日目

(2010.11.17 12:05 AM)

須沢海岸雨、風が強いなか須沢海岸へ。

波が高く、落ち着いて探せない。

灰色でラベンダーが少し入ったヒスイを1つ見つける。

後から来た三人組の若者に緑の入ったヒスイを見せてもらう。

先ほど須沢で拾ったそうだ。

ヒスイ拾いは運もないといけないのです。

午後は根知の翡翠加工の匠・古吹さん宅にて翡翠談義でした。

翡翠を探して 二日目

(2010.11.16 12:05 AM)

二日目の朝は少し天気がいい。須沢の海岸へ。

風が強く、波が高いなか翡翠を探す。

収穫なし。

午後から少し晴れたので、青海川の上流で翡翠を探す。

灰色や黒色の翡翠を拾う。どれも地味な色合いだ。

須沢海岸

荒れる須沢海岸

青海川上流

青海川上流の紅葉

青海川の翡翠

青海川の翡翠

 

 


カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント