作品紹介

今までに投稿した作品と並行して少しづつ製作していた、白の勾玉と青の大珠が

完成しました。

勾玉がペーパーの600番、大珠がペーパーの400番までの研磨です。

夏向きの涼しげな勾玉と大珠になりました。

大きさは勾玉が28×19.5×9.5mm、大珠が42.5×17×10mmです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/19(土)、20(日)と糸魚川へ翡翠拾いに行きます。

8/20(日)は市振の翡翠市に出店して勾玉や大珠を販売しますので、

ぜひお立ち寄りください。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

細かな石目や不純物が入っていますが、落ち着いた色合いの勾玉と垂飾たちです。

左端の大きめの垂飾は厚みがあって重く、緑色も映えて存在感があります。

大きさは画像一枚目の左より、30×19×12mm、38×12×6mm、20×14×7mm、

27×19×9mmです。

 

勾玉 垂飾 緑翡翠勾玉 垂飾 緑翡翠

 

勾玉 垂飾 緑翡翠勾玉 垂飾 緑翡翠

 

勾玉はペーパーの1,500番、大珠は600番まで研磨して完成です。

派手な色合いではありませんが、落ち着いた色合いで青の模様が際立った、

素朴で力強い勾玉、大珠になりました。

大きさは勾玉が29×20×11mm、大珠が66×27×15mmです。

 

勾玉 大珠 入りコン沢の青翡翠勾玉 大珠 入りコン沢の青翡翠

 

勾玉 大珠 入りコン沢の青翡翠勾玉 大珠 入りコン沢の青翡翠

 

 

ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨して完成です。

黒の垂飾の眼の周りに線刻をしました。インディアンの羽根飾りのようです。

どれも小さいですが、色の模様や形が個性的で愛らしい垂飾たちです。

大きさは画像一枚目の左より、20×13×5.5mm、32×16×6.5mm、

28.5×16.5×5.5mm、32.5×14.5×8mm、21×19×8mmです。

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

 

ペーパーの15,00番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

小さめですが艶があり、パステルカラー調の柔らかで優しい色合いの垂飾になりました。

涼しげな色合いでもあるので、暑い夏にはふさわしい垂飾ではないでしょうか。

大きさは画像一枚目の左より、29×12.5×8mm、33×15×8mm、26×15×6mm、

31×18.5×8mm、41×20×8mmです。

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

艶が出やすい原石なので、ペーパーの1,500番まで研磨したらピカピカになりました。

しかし、派手さはなく、黒の重厚感があります。

見たとおり石目がたくさん入っていますが意外に強く接着していて、最後まで割れません

でした。

眼の周りの白や緑が目立って粋な感じです。また、線刻した勾玉も凛々しく力強く感じます。

大きさは画像一枚目の左より、26.5×17×10mm、28×19×11mm、32×21×12.5mmです。

 

勾玉 黒翡翠勾玉 黒翡翠

 

勾玉 黒翡翠勾玉 黒翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

小さいけれども綺麗な青色の存在感のある可愛い勾玉や垂飾たちです。

入りコン沢の綺麗な青色の勾玉や垂飾は希少だと思います。

大きさは画像一枚目の左より、19×13.5×8.5mm、21×18×9.5mm、21.5×13×7mm、

19×19×6.5mm、23.5×17×7mmです。

 

小物たち 入りコン沢の青翡翠小物たち 入りコン沢の青翡翠

 

小物たち 入りコン沢の青翡翠小物たち 入りコン沢の青翡翠

 

端材を利用して少しづつ小さめの垂れ飾りを成形してきました。

ある程度貯まったので、まとめて研磨しました。

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨した

ので、よい艶が出ています。

いろいろな形や色があり。一緒に並べると華やかです。

大きさは画像一枚目の中央の丸形の物が30mm、時計回りに29mm、28mm、29mm、

27mm、23mm、21mm、33mmです。

 

垂飾いろいろ 翡翠垂飾いろいろ 翡翠

 

垂飾いろいろ 翡翠垂飾いろいろ 翡翠

 

粗、中、細粒の砥石を使って全て手磨きで仕上げました。

結晶がキラキラのしっとりとしたつや消し状態に仕上がっていて、白と濃緑の躍動的な

斑模様をまとった力強くて野生的な大珠になりました。

大きさは画像一枚目の左より、46×24×9mm、58.5×26×11mmです。

 

大珠 圧砕緑翡翠大珠 圧砕緑翡翠

 

大珠 圧砕緑翡翠大珠 圧砕緑翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

梅雨明けの青空に想いを馳せるような清々しい勾玉や垂飾です。

入りコン沢の青翡翠から製作した、このような澄んだ青色の勾玉や垂飾は希少だと

思います。

大きさは画像一枚目の左より、18×14.5×8mm、27.5×19×9.5mm、29.5×20×9.5mm、

34×15×7mm、32×15×10mmです。

 

勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠

 

勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で

仕上げ研磨して完成です。

どれも可愛くて上品な勾玉になりました。

大きさは画像一枚目の左より、25×17×8.5mm、21.5×14×8mm、

21×14×7mm、23.5×14×6mmです。

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

ペーパーの600番まで研磨して完成です。

大きな勾玉なので艶消し状態で仕上げました。

しっとりとした光沢はこの勾玉の品格をさらに高め、ラベンダー色と相まってどこか妖艶さ

を漂よわせます。

大きさは48×33×16mmで、優美な曲線を描き、なめらかな曲面をもった勾玉です。

大きさを比較するために、この前製作した緑と青の勾玉と一緒に撮影した画像を添えました。

 

大勾玉 ラベンダー翡翠大勾玉 ラベンダー翡翠

 

大勾玉 ラベンダー翡翠大勾玉 ラベンダー翡翠

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨した

ので、どれもいい艶が出ています。

よく見ると、ラベンダー色の地に薄いラベンダー色が、青色の地に薄い青色や白色が

霜降り状に入っています。

小滝川の濃い青翡翠から製作した青勾玉は希少だと思います。

大きさは画像一枚目の左から反時計回りに、28×18.5×10mm、31×21.5×11mm、

29×20.5×10mm、25.5×18×9mm、25×17×10mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

白の勾玉と獣形勾玉はペーパーの400番までの研磨、他はペーパーの2000番まで

研磨後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

白、緑、ラベンダーの3色を並べると、それぞれが互いに美を競って見応えが

あります。

薄いクリーム色の勾玉と獣形勾玉は純白に近く、清楚で気品があり、最近では

なかなか見られない希少なものだと思います。

大きさは画像一枚目の左より、29×17×9.5mm、28.5×20×11.5mm、

27.5×20×10.5mm、31.5×23×10.5mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

ペーパーの2,000番まで研磨後にダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

艶が出にくく作品数も多かったので研磨に時間がかかりましたが、何とか翡翠市に

間に合いました。

薄いラベンダー色が落ち着いた上品さを漂わせ、透過光が綺麗なラベンダー色になる、

希少な勾玉や垂飾だと思います。

大きさは画像一枚目の左より、18×14×7.5mm、20××15.57mm、30×19×10mm、

27×16×8mm、21×16×9mm、27.5×19×10.5、28.5×11.5×9mm、23×11×6mmです。

 

勾玉 垂飾 ラベンダー翡翠勾玉 垂飾 ラベンダー翡翠

 

勾玉 垂飾 ラベンダー翡翠勾玉 垂飾 ラベンダー翡翠

 

ペーパーの240番まで研磨して完成です。

素朴な味わいを出すために艶消し状態にしました。

青色のためか荒々しい感じはせず、秘めたる力を内包した落ち着いた雰囲気を

感じます。石目のない青の異形勾玉は希少だと思います。

大きさは画像一枚目の左より、28.5×19.5×10mm、42×31×14mmです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の土曜日と明日の日曜日に開催される翠風展に出店して春翠コレクションを

販売します。青の勾玉、大珠が充実しています。

場所は糸魚川駅となりヒスイ王国館一階です。

ご来場、ご来店をお待ちしています。

 

青の勾玉、大珠が充実しています。青の勾玉、大珠が充実しています。

 

青の勾玉、大珠が充実しています。青の勾玉、大珠が充実しています。

 

ペーパーの1,500番まで研磨後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨して完成です。

圧砕翡翠の大珠と垂飾は緑の文様が面白く、秘めたる力強さを感じます。また青の大珠と

垂れ飾りは澄み渡った青空のような色合いで爽やかさを感じます。

大きさは画像一枚目の左より、43×16×10mm、32×14×8.5mm、25×14×6mm、

33×16×10mm、40.5×18.5×9.5mm、42.5×15.5×11mmです。

 

大珠 垂飾 翡翠大珠 垂飾 翡翠

 

大珠 垂飾 翡翠大珠 垂飾 翡翠

 

大珠の仕上げ研磨は砥石、垂飾の仕上げ研磨はペーパーの1,500番で行い完成です。

大珠は艶消し状態で品格があり、緑のまだら模様が力強さを感じさせます。

小滝の圧砕翡翠のまだら模様を生かした大珠になりました。

垂飾は小さいですが、緑色が綺麗で光沢があり存在感があります。

大きさは画像一枚目の左より、28.5×16.5×10mm、34×16.5×10mm、66×24×13.5mm、

52.5×21×12mmです。

 

大珠 垂飾 緑翡翠大珠 垂飾 緑翡翠

 

大珠 垂飾 緑翡翠大珠 垂飾 緑翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

不純物を多く含む大珠の艶出しに手こずり、いまだ半艶消し状態ですが。

地の色の境目がはっきりとしている珍しい模様の大珠になりました。

大きさは画像一枚目の左より、20×13×10mm、25×13×10mm、27.5×19×11.5mm、

26×17.5×10mm、27.5×18×10mm、46×19×11mmです。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4/16(日)は市振の翡翠市の日です。   小物たち 翡翠

春翠コレクションに興味のある方は、

ぜひお立ち寄りください。

右の垂飾は小さいものですが、色が

きれいで存在感があります。

ペーパーの240番までの研磨で、艶消し状態にしました。

手に持った時、サラサラ、スベスベで手触りが大変気持ちいいです。

白地や薄緑の地に新緑の緑が浮かんだ若々しい勾玉や垂飾になりました。

大きさは画像一枚目の左より、46×15×10mm、38×16×10mm、36.5×16.5×10mm、

20×13×7mm、28×18.5×11mmです。

 

勾玉 垂飾 翡翠勾玉 垂飾 翡翠

 

勾玉 垂飾 翡翠勾玉 垂飾 翡翠

 

1 / 1812345...10...最後 »

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031