作品紹介

ペーパーの1500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの3000番で仕上げ研磨しました。

石目とサビが入っているものの、薄緑の地に縞状に入った鮮緑が若々しさと生命の躍動を

感じさせる大珠になりました。

大きさは画像一枚目の左より、38×16×9.5mm、43.5×14×11mm、49×22.5×10.5mm

です。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

ペーパーの600番まで研磨して完成です。

ちょうど艶がではじめたところで研磨を終了したので、ツルツルピカピカではなく

しっとりとした自然な光沢があります。

白地に深緑と若緑がまだら模様に入って、若々しくて生命力溢れる牙形勾玉になり

ました。

石目とサビが入っていますが、そんなに不自然な感じはなく古代の雰囲気を漂わせて

いるように感じます。

大きさは1枚目の画像左より、31×18×11mm、49×21×10.5mm、56×18×11mmです。

 

牙形勾玉 圧砕翡翠牙形勾玉 圧砕翡翠

 

牙形勾玉 圧砕翡翠牙形勾玉 圧砕翡翠

ベーパーの400番まで研磨して完成です。

今回は古代の雰囲気と素朴感をつけたかったので、艶が出始めた段階で

研磨を終了しました。

翡翠輝石の結晶がキラキラと光って見えています。

柔和な表情をした頼もしい獣型勾玉になりました。

大きさは50×29×13.5mmです。

 

獣形勾玉 黒翡翠獣形勾玉 黒翡翠

 

獣形勾玉 黒翡翠獣形勾玉 黒翡翠

 

ペーパーの2000番まで研磨して完成です。

非常に硬いので400番までの研磨に手こずりましたが、600番ぐらいから光沢が出始めて

2000番でピカピカになりました。

青海川の上質翡翠独特の硬さと光沢を持つ、力強い勾玉(丁子頭勾玉)になりました。

画像の勾玉の表面に湾曲した筋が見えますが、これはキズや石目ではなく研磨された

表面に映った周りの景色です。

大きさは画像一枚目の左より、25×17×10mm、29×20×11.5mm、35×24×12mmです。

 

勾玉 上質黒翡翠勾玉 上質黒翡翠

 

勾玉 上質黒翡翠勾玉 上質黒翡翠

 

ペーパーの2000番まで研磨後、ダイヤセラミカの3000番で研磨して完成です。

今回は石目やサビ、不純物が入っていなくて透明感があり、小さくても存在感の

ある愛らしい作品になりました。

大きさは画像一枚目の左より、16×14×7.5mm、18×14.5××8.5mm、

19×13.5×5.5mm、26×11.5×6.5mmです。

 

さる玉 垂飾 上質翡翠さる玉 垂飾 上質翡翠

 

さる玉 垂飾 上質翡翠さる玉 垂飾 上質翡翠

ペーパーの2,000番まで再研磨した後、ダイヤセラミカの3,000番まで研磨して

ようやく完成です。

研磨が進むにつれ、小さな石目や不純物が次から次へと目立ってきたので、これの

切削と再研磨の繰り返しになり、またもや研磨の迷宮に入ってしまいました。

翡翠輝石と角閃石が入り混じっている圧砕翡翠の作品の研磨は難しく、特にさる玉の

研磨には時間がかかってしまいましたが、どれも白と緑のまだら模様の、若々しくて

生命力みなぎる作品になりました。

大きさは画像1枚目の左より、20×16×7.5mm、22.5×18×8mm、21×17.5×9.5mm、

27×14×7mm、37.5×14.5×8.5mmです。

 

さる玉 垂飾 翡翠さる玉 垂飾 翡翠

 

さる玉 垂飾 翡翠さる玉 垂飾 翡翠

ペーパーの15,00番まで研磨して完成です。

これ以上研磨の必要がないほどの艶が出ています。

石目が少し入っていますが気になるほどではなく、薄い灰青色の爽やかな勾玉に

なりました。この色合いの勾玉は珍しいと思います。

大きさは画像一枚目の左より、29×20×10.5、28×13×9.5mm、23.5×16×8.5mm、

29×19×11mmです。

 

青勾玉 翡翠青勾玉 翡翠

 

青勾玉 翡翠青勾玉 翡翠

なんとか研磨も終了して勾玉完成です。

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの3,000番で仕上げ研磨しました。

結晶が細かい上質な翡翠なので艶がよく出ました。

白地にうっすらと緑がかり、透過光が綺麗な緑色の小さくても存在感のある癒し系の

勾玉たちです。

大きさは画像1枚目の左より、17×12×8mm、18××12×7.5mm、21×13.5×8mm、

22×15×9mm、22×15×8.5mm、28×11.5×8mmです。

 

小勾玉 上質翡翠小勾玉 上質翡翠

 

小勾玉 上質翡翠小勾玉 上質翡翠

 

ペーパーの400番まで研磨して完成です。

今回はつや消し状態に仕上げました。

白地に薄く緑がかった、上品で凛とした姿に秘めたる生命力を感じます。

透明度もあり、透過光に思わず見入ってしまいます。

勾玉の足の部分に石目が2本入っていますが、大きさを優先した結果なので納得です。

ともあれ、今年最後の作品にふさわしい勾玉になりました。

大きさは40×28×15mmです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正月三箇日は投稿を休みます。

この一年間、応援していただきましてありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

 

勾玉 上質白勾玉勾玉 上質白勾玉

 

勾玉 上質白勾玉勾玉 上質白勾玉

 

 

ペーパーで2,000番まで研磨し、ダイヤセラミカで10,000番で仕上げ研磨

しました。

全体的にゆるやかな曲面で囲まれた、ふっくらとして優しい色合いの勾玉に

仕上がりました。

近くで見れば灰白色とラベンダー色が細かく入り混じり、遠くから見れば

まだらや流水模様を描いています。

上段の画像はLED蛍光灯の下で、下段は普通の蛍光灯の下で撮影したもの

ですが、実際のラベンダー色に近い色合いに写っています。

大きさは画像一枚目の左より、30.5×20×11.5mm、32.5×20.5×12mm、

32.5×21×12mm、28×19×10.5mm、29×22×12mmです。

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨

して完成です。

大きめの大珠の場合はここまで研磨することはなく、ペーパーの600番前後で

研磨終了ですが、今回は翡翠と角閃石とが混ざり合って艶にムラがあったので、

思い切って10,000番まで研磨してみました。

結果は、まだ艶にムラがあり満足できる状態ではありません。

400番まで粒度を落として艶消し状態もいいかもしれません。

どうやら研磨の迷宮に入り込んだようです。

一部サビが入っていますが、白地に緑の斑がバランスよく入って若々しくて

力強い大珠になりました。

黄色のサビもアクセントになって、あまり気にはなりません。

大きさは画像一枚目の左より、60×24.5×15mm、54×20×13mmです。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

 

 

ペーパーで2000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの3000番、10000番で仕上げ

研磨しました。

小さいけれども光沢と透明度があり、白と緑がバランスよく入った上品で若々しい

勾玉と垂飾たちです。

大きさは画像1枚目の左より、18×12×6.6mm、21××14×8mm、21×14×8.5mm、

22×15×8mm、23×15×6mm、31×14.5×9.5mm、26×17.5×8.5mm、31×8×7mmです。

 

小勾玉 垂飾 翡翠小勾玉 垂飾 翡翠小勾玉 垂飾 翡翠小勾玉 垂飾 翡翠小勾玉 垂飾 翡翠小勾玉 垂飾 翡翠

ペーパーで2,000番まで研磨して完成です。

灰色地に入った鮮緑が印象的な、小さいけれども存在感のある勾玉たちです。

大きさは画像一枚目の左から、14×9××4,5mm、15.5×10.5×6mm、18×12×6.5mm、

19×8.5×6mm、23.5×13×5.5mmです。

 

小勾玉 翡翠小勾玉 翡翠

 

小勾玉 翡翠小勾玉 翡翠

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの3,000番まで研磨して

完成です。

白、黒、緑、ラベンダー、青の勾玉が勢ぞろいしました。

それぞれに個性があって見ていて楽しいです。

大きさは画像一枚目の左より、34×20×11mm、36.5×23×12mm、32×20×9.5mm、

36×21×10mm、28.5×17×9mmです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/16(日)、11/17(月)に糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

11/16(日)は午前9時より市振にて翡翠市を開催しますので、ぜひお立ち寄り

ください。

 

 

 獣形勾玉 翡翠 獣形勾玉 翡翠

 

 獣形勾玉 翡翠 獣形勾玉 翡翠

ペーパーで2000番まで研磨して完成です。

小さいですが、透き通るような優しい緑色が心を癒してくれる小勾玉たちです。

大きさは画像1枚目の左より、14×9.5×5mm、14.5×11×5mm、16×11.5×6mm、

17×11.5×5mm、16×17×6mm、19.5×13.5×7mmです。

 

勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠

 

勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠

ペーパーの2000番まで研磨して完成です。

しっとりとした艶があり、画像ではラベンダー色が再現されていませんが、実際は白地に

うっすらとラベンダー色が入った上品な勾玉です。

大きさは画像1枚目の左より、24×17×9mm、30.5×20×11mm、32×21×11.5mm、

31×21×11mm、37×24×13.5mmです。

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

ペーパーの1500番まで研磨して完成です。

不純物が入っているので研磨に苦労しました。

白地に青緑が入ってシャレた感じの作品です。

大きさは画像1枚目の上段左より27×19×10mm、27×18×9mm、26×18×9mm、

23×17×9mm、大珠で47×15.5×10mmです。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

ペーパーの400番まで研磨後、カーボランダムの800番の粉末で研磨して完了です。

サビの部分とカクセンセキの部分は艶が出難く、翡翠の部分との差が出てしまい

ましたが、逆に不近質な表面の状態が古代の雰囲気を漂わせています。

大きさは、禽獣首勾玉で48×35×13mm、さる玉で41×31×15mmです。

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

 

今回はペーパーの400番まで研磨して、艶消し状態にしました。

宮﨑海岸で自然に磨かれた様な感じに仕上がっています。

携帯に便利なように細身に削ってあるので、大珠として首にかけることができます。

大きさはラベンダーの石笛が52×19×16mm、緑の石笛が39×15×13mmです。

 

石笛 翡翠石笛 翡翠

 

石笛 翡翠石笛 翡翠

 

ペーパーで2000番まで研磨後。ダイヤセラミカの3000番で仕上げ研磨しました。

管玉、勾玉とも良い艶が出て、白地に斑模様の緑が鮮やかで若々しい作品になりました。

大きさは、画像1枚目の左より、18.5×12.5×12.5mm、21×13×13mm、

14×12.5×12.5mm、15×10×6mmです。

管玉はちょっと大きめなので、チョーカーの飾りに良いかと思います。

 

管玉 勾玉 翡翠管玉 勾玉 翡翠

 

管玉 勾玉 翡翠管玉 勾玉 翡翠

 

10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930