作品紹介

翡翠加工 19-4 研磨完了

(2011.06.20 1:00 AM)

今回は1500番で研磨を終了しました。

それでも艶が良く出ています。

奇麗なラベンダー色ではないが渋い色で素朴な作品になりました。

奇麗な勾玉や大珠は作られるが、今回のような渋い色の作品は

作られることが少ないので、かえってめずらしいかも、、、、。

ラベンダー翡翠 大珠ラベンダー翡翠 大珠ラベンダー翡翠 大珠

翡翠加工 18-3 研磨完了

(2011.06.09 1:00 AM)

磨き終わりました。艶は良く出ています。

ジャモン岩の所の艶がいまいちだったので、仕上げ研磨は青棒を使ったバフ研磨です。

白地の中の緑と黒の部分が面白い模様を作っている大珠になりました。

翡翠 大珠翡翠 大珠翡翠 大珠

 

翡翠加工 17-3 研磨完了

(2011.06.06 1:00 AM)


研磨完了しました。

今回は古代風にしたかったこともあり、1000番までしか研磨しませんでした。

大珠が大きい(一番大きいもので47mmです)のであまりピカピカにしなくても

存在感があると考えたのですが、ちょっと艶が出過ぎました。

400番か600番くらいの艶消し状態でも良かったかもしれません。

不純物の独特の模様が浮き出ているものがあり、上質翡翠でなくても良い作品に

なったと思います。

一枚目の画像の左端は暗黒の宇宙に浮かぶ銀河団のように見えてお気に入りです。

それぞれの翡翠が持つ特徴を生かした作品作りが大切だと言うことですね。

翡翠 大珠翡翠 大珠翡翠 大珠

 

何とか磨き終わりました。

艶があり、全体に緑が入った奇麗な勾玉と大珠になりました。

透明度もあり、ライトに透かすと全体が深みのある緑色に染まります。

透過光の画像に細かい石目が浮かんで見えています。

この石目が無くて、もっと透明度があり緑色が濃ければ

ロウカン翡翠と言えるのでしょう。

いつかはロウカン翡翠で勾玉を作ってみたいものです。

勾玉 大珠勾玉 大珠

 

勾玉 大珠

LED透過光

勾玉 大珠

翡翠加工 15-3 研磨完了

(2011.05.28 1:00 AM)

やっと研磨が完了しました。

ピカピカにはなっていませんが、いい雰囲気があります。

白い勾玉や大珠は光を通して優しく輝きます。

ラベンダーの方は光を通しませんが、色が濃くてきれいです。

真ん中の大きな大珠の模様が面白いです。

勾玉 大珠勾玉 大珠

勾玉 大珠

LED透過光

勾玉 大珠

勾玉の眼を開けてからすぐ研磨し始めてやっと完了しました。

600番ぐらいで艶が出て来たので上質な翡翠だと言うことを再確認。

どれも良い艶が出て上機嫌です。

反射光は地味な青色ですが、透過光は青空のような奇麗な色です。

いずれも小さな作品で、一番大きな勾玉で20mmです。

どうしても石目が残ってしまったが、ほとんどがあまり目立たないし割れる心配も無いと思う。

コン沢の青翡翠には青インクのような色をしたものもあるので、いずれこのような原石を手に

入れて勾玉や大珠を作ってみたいものです。

 

コン沢青翡翠 コン沢青翡翠

コン沢青翡翠

LED透過光

 

翡翠加工 13-4 研磨・完成

(2011.05.14 1:00 AM)

2000番まで研磨する。

全体に艶は良くでたが、どうしても艶がでないところがある。

石目が適当に入って、野性的で力強い勾玉と大珠になった。

勾玉 大珠勾玉 大珠

翡翠加工 12-4 研磨・完成

(2011.05.05 1:00 AM)

2000番まで研磨した。

途中、摩擦熱で牙形の勾玉が割れてしまった。

水で濡らしながら研磨していたが油断した。

もったいないので、成形し直して作品にした。

これはこれで面白い勾玉になったと思う。

翡翠 大珠翡翠 大珠

翡翠加工 11-4 研磨

(2011.04.28 1:00 AM)

やっと研磨作業が終了した。

成形している時が一番面白いが、どうも研磨作業は単調で苦手だ。

今回の作品はどれも小さい(勾玉最大で20mm)が、艶もあり緑色が濃くて

透明度もあるものになった。

みんな可愛くて奇麗だよ !!

勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠

翡翠加工 10-4 研磨

(2011.04.14 1:00 AM)

数が多いので磨くのも大変だった。

ところどころに黒い斑点が入る作品になった。

今回初めて、丁字頭勾玉と牙形の勾玉を作ってみた。

白一色の勾玉に変化がでて面白い作品になった。

勾玉 大珠

左下 丁字頭勾玉

勾玉 大珠

右下 牙形の勾玉

勾玉 大珠

所々の黒い斑点

 

翡翠加工 9-4 研磨

(2011.04.09 2:00 AM)

研磨が終わり、やっと作品が完成した。

黒い部分は青い部分に比べて艶が出にくかった。

地味だが野性的な力強い作品になったと思う。

勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠

翡翠加工 8-3 研磨完了

(2011.03.25 2:00 AM)

2000番まで磨く。

勾玉と大珠のどちらも艶が出たと思う。

白の勾玉は少しクリーム色がかってバニラアイスのような色合いで、

優しく癒されるような雰囲気がある。

勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠

 

翡翠加工 7-4 研磨完了

(2011.03.20 2:00 AM)

一応、研磨が完了した。

圧砕翡翠は内部に細かい石目があるせいか、艶を出すのに苦労した。

また、角閃石の部分も艶が出しにくい。

もっと艶を出す方法を考えて試さなければ、、、。

翡翠 勾玉翡翠 勾玉翡翠 勾玉

 

翡翠加工 6-4 研磨完了

(2011.03.11 2:00 AM)

240番から始めて2000番まで研磨した。

予想通り、黒翡翠の方は艶が良く出た。

白翡翠の方は結晶が均一ではなくムラがあるようで、

いくら研磨しても磨き残しができてしまう。

研磨は奥が深い。

渋く落ち着いた感じの黒の勾玉や大珠も良いものだ。

翡翠 勾玉 大珠翡翠 勾玉 大珠翡翠 勾玉 大珠翡翠 大珠翡翠 勾玉 大珠翡翠 勾玉 大珠

 

翡翠加工 5-4 研磨完了

(2011.03.03 2:00 AM)

研磨が完了した。艶はよく出たほうだ。

今回は数が少なかったので、割と早く済んだ。

石目をできるだけ避けたので、石目の少ない小さな勾玉や大珠になった。

一番小さな大珠が17mm、一番大きな勾玉でも長さ25mmだ。

残念なことに、翡翠板の時の濃いラベンダー色の透過光の色が 薄くなってしまった。

特に勾玉の方が目立たなくなった。もう少し色が残ると思ったのだが、、、、。

厚みが無くなったために色が薄くなったのだろう。

翡翠の勾玉 大珠翡翠の勾玉 大珠翡翠の勾玉 大珠翡翠の勾玉 大珠翡翠の勾玉 翡翠の勾玉 翡翠の大珠翡翠の大珠翡翠の大珠




翡翠加工 4-4 研磨完了

(2011.02.19 2:00 AM)

やっと研磨が終わった。

少しずつ磨いて3日かかった。

石目を避けて切り抜いたり、石目を取り除くようにして削ったり磨いたりしてきた。

ラベンダー翡翠は石目がほとんど無くなったが、緑翡翠の方は取りきれなかった。

しかし、目立たないところに石目が出て良かった。

小さな石目が多いのは、圧砕翡翠の宿命かな。

翡翠の勾玉翡翠の勾玉翡翠の勾玉 翡翠の勾玉翡翠の勾玉翡翠の勾玉

翡翠加工 3-7 研磨完了

(2011.02.02 2:00 AM)

やっと研磨完了。

寒かったのと数が多かったのとで時間がかかった。

石目の多い原石を加工するのは難しい。

石目を飾りだと思って諦めるしかないのかな。

今年こそ、石目の無い緑の上質翡翠を拾いたいものだ。

勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠

翡翠加工 2-3 研磨完了

(2011.01.23 2:00 AM)

調子の悪かったグラインダーを新しいものに交換した。

軸もぶれないで安定している ので、精密な加工ができそうだ。

桃れん石は軟らかいので400番から研磨した。

それでも削りすぎて形が狂ってしまって、整形をし直したものがあった。

とにかく2000番まで研磨したら結構艶が出たが、軟らかい石なので

身に付けている間に艶消しのような感じになるのだろう。

やっぱり翡翠は硬いと言うことを再認識したピンク翡翠の加工であった。

 

桃れん石桃れん石桃れん石

翡翠加工 1-5 研磨完了

(2011.01.16 2:00 AM)

やっと作業が完了しました。

日曜日から加工し始めて土曜日までかかってしまった。

研磨中に研磨機にはじかれて、手から飛んでいってしまって一時行方不明 。

作業台の床下まで探したが無いので焦ったが、思いがけないところで見つかった。

こんなことが、2回もあったので疲れた。

いろいろあったが、磨き残しの無いように丁寧に研磨した。

もとの原石の質によって、艶の出方に違いはあるが結構艶が出たと思う。

艶消しの状態とピカピの状態とどちらがお好みでしょうか ?

最後に穴の中を磨かなければならないが、この最終作業はいずれまとめてやるとしよう。

世の中がよく見えるように眼も磨いてやらないとね 。

糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉

5日の夜にようやく完成 !

今回は、荒磨きの400番の研磨を丁寧にやった結果、その後の中磨き、

仕上げ磨きが順調に行った。

磨き残しや小さなキズが順調に消えて、磨き戻しがほとんどなし。

ラベンダー翡翠は透明感がありませんが、良い艶が出ました。

緑の翡翠は透明感もあり、艶もよく出ました。

勾玉は色はいまいちですが、艶は一番良く出ています。

今年こそは、色も石質も最高の原石・ロウカン翡翠で勾玉を作ってみたい 。

*  今日の昼に野外で撮影した画像を追加しました。

糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉
17 / 18« 先頭...10...1415161718

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031