作品紹介

ペーパーの3,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

ここまで研磨すると艶がよく出ますが、ダイヤモンドペーストを使ったらどうなるのか、

すでに購入してあるので近いうちに試してみるつもりです。

少し小さめの獣形勾玉たちは可愛らしくて個性的なものになりました。

画像一枚目の左から1、2、4番目の獣形勾玉は透明感があり、特に4番目は透過光が

清楚な淡いラベンダー色をしている希少なものです。

大きさは画像一枚目の左より、21.5×13×6mm、22×14×6.5mm、24×15.5××8mm、

25.5××16×7、23×15.5×8.5mm、26.5×17×9mmです。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

今回の研磨は京都のミネラルショーで購入した3,000番のサンドペーパーで

仕上げ研磨しました。

白地に鮮緑の対比が強烈な印象を与える個性的な垂飾になりました。

身につければ目立つこと間違いありません。

大きさは画像一枚目の左より、26×16.5×10mm、22.5×17×8mm、25×16×8mm、

26×15.5×9mm、31×15×10mm、34×18×9mmです。

 

垂飾 黒翡翠垂飾 黒翡翠

 

垂飾 黒翡翠垂飾 黒翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

派手さはありませんが薄緑色の清涼感のある勾玉たちです。

細かな石目やサビが入っていますが、あまり気にはなりません。

大きさは画像一枚目の左より、22.5×17×9mm、21.5×14.5×8.5mm、

21.5×14×8.5mm、24×16.5×9mm、27×19×10mmです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の午前11時より午後4時まで、名古屋のテレビ塔3Fで開催される石フリマに

出展します。お近くの方はぜひお立ち寄りください。

 

勾玉 薄緑翡翠勾玉 薄緑翡翠

 

勾玉 薄緑翡翠勾玉 薄緑翡翠

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨して

完成です。3個の顔に線刻をしてあります。

それぞれが個性的で愛らしい獣形勾玉たち、誕生した喜びでダンスをしています。

大きさは画像一枚目の左より、24×14.5×8mm、24×15.5×8mm、27.5×12.5×8mm、

26.5×16×8mm、23.5×14.5×7mm、23×9×8mmです。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/15(土)、16(日)と糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

16(日)には市振の翡翠市で勾玉を販売します。

上記の獣形勾玉をはじめ、春翠コレクションに興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

ペーパーの1,500番まで研磨後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨して完成です。

圧砕翡翠の方はペーパーではツヤが出にくかったですが、ダイヤセラミカの研磨で

ツルピカです。もちろん大所川の翡翠はそれ以上にツヤが出ています。

小さいけれども鮮緑の生命力にあふれた垂飾と獣形勾玉です。

大きさは画像一枚目の左より、19.5×14.5×5mm、23×15×6mm、23×14×6.5mm、

23.5×11×8.5mm、24×12×7mm、20.5×14×6mmです。

 

垂飾 緑翡翠垂飾 緑翡翠垂飾 緑翡翠垂飾 緑翡翠垂飾 緑翡翠垂飾 緑翡翠

 

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

少し控えめな艶と白地にうっすらと滲んだラベンダー色が、上品でちょっと色気を

感じさせる勾玉です。

大きさは画像一枚目の左より、19×11×7mm、23×15×9.5mm、25×16.5×10mm、

26.5××18.5×10.5mm、31.5×22×12.5mmです。

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨してから、ダイヤセラミカの10,000番で研磨して完成です。

曇天の撮影でラベンダー色がうまく再現されていませんが、自然光で見ると灰白地に

うっすらとラベンダーが浮かんだ上品な勾玉と大珠です。

大きさは画像一枚目の左より27.5×18.5×9mm、27×8.5×10mm、32.5×7.5×8mm、

33×14×8mm、52×20×11mmです。

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨して

完成です。雨の日で暗かったのでLED照明下で撮影しました。

色の再現性が悪いですが可愛らしさは捉えていると思います。

大きさは画像一枚目の左より、30×19×10mm、28×17.5×9mm、25×16×9mm、

26×16×8.5mm、31.5×18.5×11mmです。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

結晶の大きなところの艶が出にくかったので、2,000板まで研磨しました。

白地にうっすらとラベンダー色や緑色が滲んだ、スラリとした上品な勾玉です。

大きさは画像一枚目の左より、30.5×16.5×12.5mm、30×21×11.5mm、

37×25×13mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/17(土)、9/18(日)に糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

と言っても、9/17(土)には道の駅・マリンドーム能生にて勾玉の販売、そして

9/18(日)には市振・土日工房にて勾玉の販売をしますので、翡翠を探す時間が

取れないかもしれません。

時間がありましたら、道の駅・マリンドリーム能生、市振・土日工房にお越しください。

よろしくお願いします。

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

ビカビカに磨いて艶を出したので小さくても目立ちます。

大きさ(縦の長さ)は画像一枚目の左より、25mm、26.5mm、16mm、20mm、20mm、

18mm、17mm、22mmです。

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

久々に入りコン沢青翡翠の加工を楽しみました。

透明感のある青翡翠は石目があるものの、透過光が澄んだ青空のようで清々しく、

人気があるのもうなずけます。

大きさは画像一枚目の左より、20×14×6.5mm、20×13.5×7mm、21×14×8mm、

25×18×9mmです。

 

青勾玉 入りコン沢青翡翠青勾玉 入りコン沢青翡翠

 

青勾玉 入りコン沢青翡翠青勾玉 入りコン沢青翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

明るい色合いで、眺めていると心も明るくなります。

画像一枚目の左から三番目の勾玉は、前回の勾玉と同じ原石で製作したので、

透過光は眼の覚めるような鮮緑色です。

大きさは画像一枚目の左より、29×20×9.5mm、31×21×11mm、30×21×10mm、

35×23×12.5mmです。

 

勾玉 各色勾玉 各色

 

勾玉 各色勾玉 各色

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

多少の黒い斑点が入っていますが、緑色が印象的で力のみなぎった若々しい勾玉に

なりました。透過光は画像のように、とても鮮やかな緑色です。

大所川産の上質緑翡翠の勾玉なので希少なものだと思います。

大きさは画像一枚目の左より、29×14×8mm、18.5×13×7.5mm、

21.5×14.5×8mm、23×15×9mm、24×16×8mm、28×19×9mmです。

 

勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠

 

勾玉 緑翡翠勾玉 緑翡翠

 

 

いろいろな色合いの翡翠の端材を使って、小さな勾玉や垂飾を製作しました。

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

艶が出にくい翡翠でしたが、小さな作品なので目立つようにできるだけ艶を出しました。

大きさは、小さいもので13mm、大きいものでも16.5mmしかありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/20(土)、21(日)と糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

8/21(日)は市振の翡翠市に参加して勾玉、大珠を販売しますので、ぜひお立ち寄り

ください。よろしくお願いします。

 

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

小さめの大珠ですが、白地に緑と黒の模様が墨絵のようにも見える個性的なものに

なりました。画像一枚目の右端の大珠は底に孔が開けてあり、石笛として使えます。

大きさは画像一枚目の左より、30.5×16×8mm、32×15×8mm、47×16×9.5mm、

40×16×9mm。46×15.5×12.5mmです。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

禽獣首勾玉はペーパーの400番まで、その他はダイヤセラミカの10,000番まで研磨して

完成です。同じ原石から製作した勾玉とは思えないほどに、それぞれの色合いが異なって

いますが、これが翡翠加工の面白さであり難しさでもあります。

地味な色合いですが、涼しげでどこか上品な感じがする勾玉たちです。

28×18×10mm、29×17.5×8.5mm、38×25×11mmです。

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

石目や不純物による黒い点や線が入っていますが、白地に鮮緑が映える、若々しくて

生命力の強さを感じさせる勾玉になりました。

このような鮮緑の勾玉が幾つも製作できるような、大きな上質翡翠の原石を何とか手に

入れたいものです。

大きさは画像一枚目の左より、27×18.5×10mm、24.5×17×9mm、40×18×10mmです。

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨後に、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨して

完成です。作品が小さいので最高の艶出しをしました。

薄緑の中に濃い緑の斑点が浮かんだ、可愛くて若々しい垂飾になりました。

バチカンを付けてペンダントトップにすれば眼立つことこの上なし。

大きさは、縦12mmから30mm、幅10mmから13mm、厚さ6mm前後です。

 

垂飾 上質翡翠垂飾 上質翡翠

 

垂飾 上質翡翠垂飾 上質翡翠

 

以前に切断しておいたラベンダーの薄い板を加工して、ペーパーナイフを製作しました。

ナイフの刃を薄くすれば切れ味が良くなりますが、材質が翡翠なので薄くすると折れ

やすくなるということもあり、あまり薄くできませんでした。

その代わりノコギリ状の切れ目を入れた刃(セレーション、波刄)にしたので、厚めの

二重封筒でも楽に開封できます。

高所から落とすと折れてしまうかもしれませんが、手元に一本あればオシャレですね。

 

ペーパーナイフ ラベンダー翡翠ペーパーナイフ ラベンダー翡翠

 

ペーパーナイフ ラベンダー翡翠ペーパーナイフ ラベンダー翡翠

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で研磨して完成です。

圧砕翡翠特有の斑模様が躍動的で力強く、若々しくて生命力に満ち溢れた作品になり

ました。

取り切れなかった石目やサビが目立つところに入っていますが、圧砕翡翠の宿命なので

致し方ありません。

大きさは画像一枚目の左より、37.5×21×11mm、29.5×19×9mm、29×19×10mm、

28×17×9mm、33×19×10mmです。

 

獣形勾玉 圧砕翡翠獣形勾玉 圧砕翡翠

 

獣形勾玉 圧砕翡翠獣形勾玉 圧砕翡翠

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930