作品紹介

ペーパーの1,500番まで研磨して一応完成です。

一応とは、結晶の粒が大きい部分は、粒と粒との隙間も大きくて磨き残しになって

いるようです。折を見てダイヤセラミカで再研磨する予定です。

ごく薄く緑がかった白地に、さらに薄く緑が入った勾玉で、なんとも清らかで上品、

心が洗われるようです。

大きさは画像一枚目の左より、29.5×20×10.5mm、12×10×9mm、14×11×9mm、

15×12×10mm、16.5×12×9.5mm、17×13.5×11mm、26×18×10mmです。

 

勾玉 白翡翠勾玉 白翡翠

 

勾玉 白翡翠勾玉 白翡翠

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

薄っすらとラペンターがかった灰色の地に、青の模様が片面に入った

粋な勾玉たちです。艶もよく出ています。

大きさは画像一枚目の左より、27.5×19×11mm、24×14×8mm、

31.5×20×12mmです。

 

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

 

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

 

ペーパーの400番で研磨完了です。

光の乱反射でより白く見せるため、勾玉の表面を艶消し状態にしました。

その結果、勾玉全体から淡い白色光を放っているように見えます。

純白の優雅な曲線を描く勾玉で、上品で凛とした美しさの中に人知れぬ力を

秘めているように感じます。

上品な純白の勾玉は珍しく希少だと思います。

大きさは画像一枚目の左より、19×14×12mm、17×16×12mm、18×15×12.5mm、

34×23×13mm、34×23×12mmです。

 

勾玉 白翡翠勾玉 白翡翠

 

勾玉 白翡翠勾玉 白翡翠

 

小物たちはペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの3,000番で

仕上げ研磨しました。

石目とサビが気になるものがありますが、圧砕翡翠の作品の宿命でしょうか。

大珠は、グラインダーでの整形後に砥石を使って手磨きをしました。

表面はつや消し状態で、非常に滑らかな曲面に仕上がりました。

どれも綺麗な緑が入った、小滝の圧搾翡翠製の貴重な作品です。

大きさは画像一枚目上段左より、21.5×13.5×6.5mm、26×11×9mm、30×12×4mm、

22×14×6.5mm、そして下段の大珠が63×26×17mmです。

 

大珠 圧砕翡翠大珠 圧砕翡翠

 

大珠 圧砕翡翠

大珠 圧砕翡翠

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

小さくて丸々とした可愛らしいラベンダー勾玉です。

ラベンダー色を画像で再現するのは難しいですが、上品なラベンダー色をしています。

足のところにチタン石のような白いツブツブがありますが、模様のようにも見えて、

あまり気になりません。

大きさは、16×11×7mmと24.5×17.5×10mmです。

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

 

勾玉 ラベンダー翡翠勾玉 ラベンダー翡翠

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

渋い青の色合いの玄人好みの大珠と垂飾になりました。

大珠の頭部に石目がありますが、入りコン沢の青翡翠にしては少ない方です。

大きさは小さい方から、21.5×8×5.5mm、31×10×6mm、45×19×10mmです。

 

大珠 青翡翠大珠 青翡翠

 

大珠 青翡翠大珠 青翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょうど青の大珠が完成したので、明日から来年の1/3まで投稿を休みます。

今年一年、いろいろお世話になりありがとうございました。

来年も相変わらず、ご贔屓お願いします。

それでは、良いお年をお迎えください。

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

小さいので研磨中に何度も弾き飛ばされて見失いかけましたが、何とか探しだして

ようやく研磨が終了しました。

どれも小さいですが、個性的で輝いています。

大きさは画像一枚目の左上の獣形勾玉で24×15×6.5mm、左下の垂飾で33×9×4mm、

中上の勾玉で15×10.5×6mm、真ん中の極小勾玉で9×6×4mmです。

 

小物 翡翠小物 翡翠

 

小物 翡翠小物 翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、市振の土日工房にて翡翠市を開催します。

今年最後の翡翠市になります。

掘り出し物を用意して待っていますので、ぜひお立ち寄りください。

よろしくお願いします。

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

よく見ると薄い青緑の地に青の斑点が多数入っていて、遠目で見ると青色で透過光は

少し緑がかった青色になります。

入りコン沢の青翡翠から製作した、石目が少ない青勾玉は希少です。

大きさは画像一枚目の左より、30×20×11.5mm、24×17×8.5mm、26×18×10mmです。

 

勾玉 青翡翠 勾玉 青翡翠

 

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

石目やサビが多かったので切削途中で割れたり、取りきれない部分がありますが、

なんとか完成しました。

画像一枚目の左2個には一部にロウカン質の部分があり、光をよく通します。

大きさは24mmから30mmまでいろいろです。

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

 

勾玉と並行して製作していた垂飾が完成しました。

ペーパーの2,000番まで研磨したので艶が出ています。

ペンダントトップになるように孔は上目に開けました。

白、緑、青、ラベンダーが翡翠、ピンクが桃簾石、黒がハンレイ岩から

製作したものです。

大きさは19mmから29mmまで、いろいろです。

 

垂飾 翡翠 自然石垂飾 翡翠 自然石

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

白地にほんのりと緑がのって上品で可愛らしい勾玉たちです。

色づいた柿の葉に乗せて写真を撮りました。

もうすぐ糸魚川地方も、この勾玉のような白い雪で覆われることでしょう。

大きさは画像一枚目の左より、21×14.5×8mm、22×15.5×8mm、

23.5×16.5×9mm、23.5×17×10mmです。

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

ペーパーの2,000番まで研磨したあと、30,000番の研磨剤で研磨して完成です。

白地の一部にほんのり緑がのって、光をあてると全体が緑に染まる気品のある勾玉

で、眺めていると疲れた心が癒されます。

糸魚川翡翠ならではの、気品と優しさに溢れた希少な上質勾玉です。

大きさは画像一枚目の左より、27.5×19.5×10mm、23×16.5×10mm、

28×19.5×10mmです。

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

思っていたより艶が出てピカピカです。

黒もまだらも透明感はありませんが、重厚で力強くて迫力があります。

大きさは画像一枚目の左より、28×19.5×11mm、28×19×11.5mm、

24.5×16.5×9mm、30.5×22×11.5mmです。

 

勾玉 黒曜石勾玉 黒曜石

 

勾玉 黒曜石勾玉 黒曜石

 

ペーパーの2,000番まで研磨し、獣形勾玉はさらにダイヤセラミカの

10,000番で研磨して完成です。

少し白みがかった緑色の優しくて上品な勾玉になりました。

獣型勾玉は裏表で色が異なる珍しい勾玉です。

大きさは普通の勾玉で23×16×9.5mm、獣形勾玉で22××157.5mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

本日は市振の翡翠市にて勾玉を販売します。

上記の作品を始めとして、春翠コレクションを手にとってご覧ください。

 

大きい方の大珠は600番まで研磨して完成で、小さい方はダイヤセラミカの10,000番まで

研磨して完成です。

大きい方はペーパーの15,00番まで研磨したのですが艶の出にくい部分があり、結局つや消し

状態にしました。

石目やサビが入っていますが、まだら模様と流水紋模様がダイナミックで躍動感にあふれ、

とても力強さを感じさせる大珠になりました。

二つとも最近見かけない珍しい模様の大珠なので希少だと思います。

大きさはまだら模様の大珠が73×26×16mmで、流水文様の大珠が61×21×16mmです。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

白と緑のまだら模様が力強さを、紫一点が高貴さを感じさせます。

勾玉に厚みがあるので、手に取ると重量感があり模様と相まって

存在感があります。

大きさは画像一枚目の左より、25×18×10.5mm、27×19×11.5mm、

29×20×12.5mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

垂飾 翡翠

本日(10/18)、市振において翡翠市を

開催します。

上記の作品や並行して製作していた右の

垂飾も含め、春翠コレクションを展示即売

しますので、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

5個とも小さめでコロンとして愛らしい勾玉たちです。

一番大きな勾玉がロウカン質の翡翠でできていて、太陽の自然光でも透けて見えます。

石目や不純物が入っていますが、なかなかに希少な勾玉だと思います。

大きさは画像一枚目の左より、16.5×12×6.5mm、17×12×7.5mm、19×13.5×8mm、

24×16×9mm、24.5×16.5×9mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

ペーパーの2.000番まで研磨して完成です。

上段の画像は太陽光下、下段が蛍光灯下の撮影で、小さい勾玉2個が黒翡翠製で

他の3個が原石不明の勾玉です。

どちらも良い艶が出ていますが、特に原石不明の勾玉の方がより黒くて光沢が

あります。

大きさは画像1枚目の左より、23.5×16×10mm、18×12×7mm、19.5×14×7mm、

25×17.5×10mm、28×19×11mmです。

念のため、原石不明の勾玉の密度を測定しました。

3個の質量 22g で3個の体積 6~7㎤、計算すると密度 3.7~3.0g/㎤となりますが、

最小1gまでしか測定できないデジタル計りなので誤差がもっと大きくなるはずです。

翡翠の密度が 3.25~3.35g/㎤  、緑色岩の密度が2.85~3.00g/㎤なので、どちらかと

いえば翡翠に近いですが、かろうじて緑色岩にも当てはまります。

本日(10/4)の翡翠市に持つていきますので、黒翡翠に詳しい方がおられましたら、

ぜひお越しいただき、鑑定よろしくお願いします。

 

勾玉 黒翡翠勾玉 黒翡翠

 

勾玉 黒翡翠勾玉 黒翡翠

 

ペーパーの1,500番まで研磨して完成です。

同じ翡翠から製作したにもかかわらず色や形がそれぞれ異なり、それぞれが個性を主張していて、

改めて翡翠の世界の奥深さを感じます。

画像の異形勾玉は垂飾に入っていた石目を削り取って成形し直したもので、縄文時代の異形勾玉の

雰囲気をいろこく持っています。

大きさは画像1枚目の左より、36×11.5×10mm、30×16×7mm、40×17×7mm、

33×19.5×8mm、40×16.5×10mm、31×17×10mmです。

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

白地にほんのりと緑がのって、上品で凛とした美しさとふっくらとした優しい雰囲気を

併せ持ち、じっと見ていると心が癒されます。

白地の部分は少し大きめの結晶ですが、緑がのった所は小さな結晶になっていて、透過光

でもわかる通り、石目はほとんどありません。

希少な一品です。

大きさは画像一枚目の左より、28×20×12.5mm、30.5×22×12.5mm、27×20×12mm

です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日(9/20)、市振の翡翠市で勾玉(春翠コレクション)を販売します。

下記の勾玉も販売しますので、興味のある方はお立ち寄りください。

 

勾玉 上質翡翠勾玉 上質翡翠

 

勾玉 上質翡翠

勾玉 上質翡翠

 

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30