2012年

ペーパーで2000番までと、ダイヤセラミカ3000番で研磨完了です。

灰色とピンクが斑模様になっていて、女性的な色気を感じさせる

しゃれた感じの丸形大珠になりました。

眼の周りは時間をかけて滑らかな曲面に仕上げてあります。

大きさは、大きい方で25×25×6.5mm、小さい方で23×23×6mmです。

 

大珠 桃簾石大珠 桃簾石大珠 桃簾石

ペーパーで2000番まで磨いて、最後はダイヤセラミカ3000番で研磨完了です。

しっとりとした深みのある白色の勾玉と獣形勾玉に仕上がりました。

緑のスポットも何とか残って、良いアクセントになっています。

大きさは、緑のスポットの入った獣形勾玉で32×20×10mm、

大きい方の勾玉で31×20×9mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

いつものようにペーパーで2000番まで、ダイヤセラミカで3000番で

研磨終了です。

艶出しが難しい翡翠だったので、ダイヤセラミカでの研磨に時間をかけました。

石目がほとんど無くなるまで削ったので、大きさや厚さがまちまちになって

しまい、一番薄い大珠は厚さ4mmしかありません。

全体に薄い緑色ですが、透過光は奇麗な緑色に見えます。

翡翠の魅力の1つがここにあります。

大きさは、大きい方で25×25×7mmです。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

いつものようにペーパーで2000番までと、ダイヤセラミカの3000番で研磨しました。

所々に石目が入っていますが、ほとんど気にならないぐらいです。

何と言っても、白と黒、深緑の3色が織りなす流水模様がダイナミックで,

躍動感と力強さが伝わってきます。

気のせいか、獣形勾玉がパンダに見えてきました。

大きさは、獣形勾玉で30×18×10mm、一枚目写真の右方の大珠で57×18×8.5mmです。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

 

2000番までペーパーで磨いて、ダイヤセラミカ3000番で完了です。

思った通り、きめが細かい上質翡翠独特の良い艶が出ました。

白翡翠ですが真っ白ではなく、透明度があり透過した光が中から軟らかく

反射しているようです。

白地に緑が入った、清楚で上品な作品になりました。

大きさは、獣形勾玉で30×18×10mm、大珠で53×18×10mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

ペーパーで2000番まで磨いた後、ダイヤセラミカの3000番で磨きました。

良い艶が出ましたが、それ以上に流水模様がきれいに浮き出て、今までにない

珍しくて力強い勾玉になりました。

小さな石目が残っていますが、あまり気にはなりません。

白と黒、深緑の3色がつくり出す流水模様をじっくり見てやってください。

大きさは、獣形勾玉で31×18×10mm、大きい方の大珠で55×19×8mmです。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

丸形大珠の眼の中と眼の周りの研磨に手間取り、やっと磨き終わりました。

ペーパーで2000番まで磨き、仕上げはダイヤセラミカの3000番です。

始めの計画ではモザイク紋様を生かそうとしましたが、上手くいかず

斑模様になってしまいました。

白色と黒色、緑色が複雑に入り交じって、これはこれで面白い勾玉になりました。

模様が勾玉を一周しているのがはっきりと分かります。

大きさは、本勾玉で30×21×10mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

へーパーで2000番まで研磨した後、3000番のダイヤセラミカで軽く磨きました。

どの石も良い艶が出ました。それぞれ特徴のある模様が浮き出ています。

孔雀石の小紋が勾玉や大珠には向いていると思いました。

大きさを測り忘れたままお嫁に行きましたので、詳しい大きさは分かりません。

だいたい3センチ前後だと思います。

勾玉 大珠 自然石勾玉 大珠 自然石勾玉 大珠 自然石

2000番までの研磨が完了しました。

ちっとオシャレな都会っ子たち、と言う感じがします。

ピンクが入ると華やいだ雰囲気で気持ちが明るくなりますね。

これだけ濃いピンク色の奇麗な桃簾石は滅多に手に入らないので、

貴重な勾玉と言えます。

大きさは、ピンクの勾玉で28×17×8mmです。

勾玉 翡翠 桃簾石勾玉 翡翠 桃簾石勾玉 翡翠 桃簾石

 

結局1,000番まで磨いてしまいました。400番ぐらいの方が似合うかもしれません。

気が変わったらそうしてやることにして、これで研磨は完了とします。

地味な色合いの勾玉に線刻したので、素朴で野性的な感じが出たように思います。

大きさは、2枚目の画像の真中の一番小さい勾玉で25×18×9mm、

同じく左下の大きい方の大珠で53×12×10mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

やっと磨き終わりました。

今回はペーパーで2000番まで研磨した後、さらにダイヤセラミカの

3000番で研磨しました。

ここまで磨くと、さすがに良い艶が出ます。

しかし、磨き過ぎの感がしないでもありませんが、、、、。

落ち着いた渋い色合いの、玄人好みの勾玉になりました。

サビが入った部分を汚れと感じるか、または味わいと感じるかによって

大きく評価が分かれますが、さて貴方はどちらでしょうか。

大きさは、一枚目の画像の左の勾玉で、28×20×10mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

やっと2000番までの研磨を完了しました。

良い艶が出ましたが、白の部分の質が均一ではないので、研磨面の光沢が一様になりません。

まあ、宝石ではないのでこれで良しとして、身に着けながら最終研磨をしてもらいましょう。

どの勾玉も透明度があり、透過光の色が非常に奇麗です。

これだけの上質翡翠の勾玉はなかなか作れません。

大きさは、一枚目の写真の左の勾玉で、30×20×9.5mmです。

* 後日、ダイヤセラミカの3000番で研磨し、磨き残しを無くしました。

すばらしい艶が出ています。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

透過光 1枚目左

透過光 1枚目左

透過光 1枚目中

透過光 1枚目中

透過光 1枚目右

透過光 1枚目右

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1500番まで磨いて、青棒でバフ研磨しました。

線刻したので、その中を滑らかにするのに手間取りました。

白地に鮮緑が入って若々しい勾玉になりました。

子供たちが犬と戯れ合っているようにも見えますが、

皆さんはいかがでしょうか。

大きさは、犬のように見える獣形勾玉で41×26×9mmです。

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

800番まで磨いたら艶が出ましたが、よく見るとあまり磨けてない所が

極小で点々とあって、ここはいくらペーパーで磨いても艶が出ませんでした。

そこで、青棒でバフをかけて何とか全体に艶を出しました。

三つ並べてみると、子供が集まってわいわい言いながら遊んでいるようで、

微笑ましくて心が癒されませんか。

大きさは、1枚目の画像の真中の勾玉で27×18×8mmです。

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

土岐石加工 1-4 研磨完了

(2012.03.27 1:00 AM)

1000番まで研磨しました。

400番ぐらいでも結構艶が出ましたが、初めての加工でもあり

1000番の艶を見るためにここまで磨きました。

遠目だと地味に見えますが、近くでよく見ると派手な斑模様の中にさらに模様が広がっている、

面白い勾玉になりました。

大きい方の勾玉で、30×20×10mmです。

勾玉 大珠 土岐石勾玉 大珠 土岐石

 

勾玉 大珠 土岐石勾玉 大珠 土岐石

 

 

今回は紙ヤスリの800番でやめて、その後にバフ磨きをしました。

ネフライト独特の艶が出ました。地元ではアブラ石と言われる意味が分かります。

地味な色合いの作品ですが、太陽光をうっすらと透過する姿はなかなか魅力的です。

大きさは、勾玉で20×13×6mm、釣り針形大珠で27×13×4mmです。

 

勾玉 大珠 ネフライト

勾玉 大珠 ネフライト

 

勾玉 大珠 ネフライト勾玉 大珠 ネフライト

研磨が完了しました。

今回は800番までで、獣形勾玉にふさわしい艶が出たので、

ここで終了にしました。

黒の獣形勾玉の緑帯が良いアクセントになっています。

撮影時は雨だったので、地の色が浮き出てきて

しっとりとした優しい勾玉に写っています。

ラベンダーの獣形勾玉で33×19×9mm、

大珠で50×15×9mmの大きさです。

獣形勾玉 大珠 翡翠獣形勾玉 大珠 翡翠獣形勾玉 大珠 翡翠

 

2000番まで磨きました。

どれもサビ以外の所は良い艶が出ました。

これほどサビがあると、かえって模様となり

面白い雰囲気の作品  ? になりました。

自己満足かも、、、、、、。

大きさは、勾玉で30×20×9mm、

大きい方の大珠で24×24×6mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

2000番まで研磨しました。もっと艶を出そうと思いバフ研磨をしましたが、

灰色の部分が削れてしまって凸凹になってしまいました。

仕方なく再度2000番で研磨し直しました。

均一な桃簾石ではないので、整形に苦労しました。

そのかわり、形はともかく面白い模様が浮き出ています。

大きい方の勾玉で28×18×7mm、丸形の大珠で24×24×7mmです。

勾玉 大珠 桃簾石勾玉 大珠 桃簾石

 

勾玉 大珠 桃簾石勾玉 大珠 桃簾石

勾玉の研磨が終わりました。

今回は大きいので、600番までの研磨で終了しました。

ここまででも海岸で磨かれたような、しっとりとした艶が出ています。

薄い灰色の地に青色部分が散らばって良い感じの勾玉になりました。

大きさは、大きい方の勾玉で40×30×13mm、小さい方で36×25×13mmです。

この大きな勾玉を首に掛けると、ちょっと重いかな ?

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031