自然石

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

黒と茶のまだら模様に所々に入った赤斑がアクセントになって、地味なようでも

華があり洒落た感じのする勾玉たちです。

大きさは画像一枚目の左より、27.5×17×9mm、28.5×19×10mm、30.5×20×10.5mmです。

 

勾玉 黒曜石 紅十勝勾玉 黒曜石 紅十勝

 

勾玉 黒曜石 紅十勝勾玉 黒曜石 紅十勝

 

ルーターで眼を開けました。

翡翠より短時間で穿孔できましたが、貫通時の衝撃で眼の周りが欠けてしまいました。

やはり、天然のガラスなのでもろい訳です。

整形してから研磨工程に入りますが、これからの研磨にも要注意です。

 

勾玉 黒曜石 紅十勝勾玉 黒曜石 紅十勝

 

グラインダーで成形しました。

翡翠の時の力加減で削っていたようで、削りすぎて形が定まらず、右端の勾玉は

修正に修正を重ねた結果、予定より小さく、細くなってしまいました。

 

勾玉 黒曜石 紅十勝勾玉 黒曜石 紅十勝

 

かなり以前に加工したことのある、北海道産の黒曜石・紅十勝を加工して、

勾玉を製作します。

黒と茶がまだら模様(所々に赤が入る)をなしている黒曜石なので、翡翠とは

一味違う勾玉になると思います。

まず2枚の板から3個の勾玉の原型を切り抜きましたが、翡翠と違ってスイスイ

と切断できました。

 

黒曜石 紅十勝黒曜石 紅十勝

 

勾玉 黒曜石 紅十勝勾玉 黒曜石 紅十勝

 

ペーパーの1,500番まで研磨したあと、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げました。

青メノウとはいえ少し紫がかった色合いが上品で、縞模様がおしゃれな勾玉と垂飾

たちです。

大きさは画像一枚目の左より、27×18×9mm、30×14×7mm、30×17×7.5mm、

31.5×17×7.5mm、32.5×17×8mm、23.5×23.5×9mmです。

 

勾玉 垂飾 青縞メノウ勾玉 垂飾 青縞メノウ

 

勾玉 垂飾 青縞メノウ勾玉 垂飾 青縞メノウ

 

グラインダーで成形しました。

成形中に思いつくまま自由に切削したものがあり、皆それぞれ個性的な形を

しています。

 

勾玉 垂飾 青縞メノウ勾玉 垂飾 青縞メノウ

 

ブルーレースアゲード(青縞メノウ)を加工して、小さめの勾玉や垂飾を製作します。

このメノウは京都のミネラルショーで昨年購入したもので、自然石加工11で加工した

ものと同じです。

まず、それぞれの板から勾玉と垂飾の原型を大まかに切り抜きました。

 

青縞メノウ 原石青縞メノウ 原石

 

勾玉 垂飾 青縞メノウ勾玉 垂飾 青縞メノウ

 

連休最後の日、近場で開催されている愛石展へ行ってきました。

豊田市の全トヨタ労連研修センター「つどいの丘」で藤岡愛石会が主催する

展示会です。

緑あふれる猿投グリーンロードを走って会場へ。

例年満開の駐車場のキリシマツツジを楽しむのですが、残念ながら今年はすでに

咲き終わっていました。

会場には70点ほどの自然石が展示してあり、自然の造形の妙を楽しみました。

帰り際にお土産用の石を2個頂きました。

写真を撮ってきましたので、画像でお楽しみください。

 

愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6愛石展・藤岡愛石会 2018.5.6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前ネフライトを加工して勾玉を製作した時、石目の所で次々と割れしまったので、

同じ原石でもう一度勾玉の製作に挑戦しました。

4個のうち1個が石目で割れてしまいましたが、3個はなんとか完成しました。

画像一枚目の左から2番目が割れた勾玉ですが、首の所をボンドで接着してあります。

ペーパーの1,200番まで研磨し、ネフライト独特のロウのような質感があります。

大きさは画像一枚目の左より、20×13×7.5mm、23×16×9mm、25.5×16×10mm、

25×16×7.5mmです。

 

勾玉 ネフライト勾玉 ネフライト

 

勾玉 ネフライト勾玉 ネフライト

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2/11(日)に開催される名古屋石フリマに出展します。

勾玉、大珠に興味のある方は、ぜひ、ご来場・ご来店ください。

名古屋石フリマ2018春    

開催日時=2018年2月11日(日)
開催時間=11:00~15:30
会場=東別院ホール 3F
入場料=500円(パンフレット/企画参加券つき)

 

ペーパーの600番まで研磨して完成です。

研磨中に割れたり剥がれたりする恐れがあるので、艶がでかかった時点で

研磨を終了しました。

身体中に石目が入り、野生的で古代の雰囲気を持った勾玉になりました。

透過光は綺麗な緑色になり、ネフライトの勾玉としては希少だと思います。

大きさは、23.5×17.5×9.5mmです。

今回のネフライトの加工では、石目に大いに悩ませられました。

ネフライトは強靭で割れにくいと言われていますが、石目では以外と脆いこと

がわかり、いい勉強になりました。

 

勾玉 ネフライト勾玉 ネフライト

 

勾玉 ネフライト勾玉 ネフライト

 

グラインダーで成形中に石目で次々と割れていき、最後の一個がなんとか開眼まで

たどり着きました。

しかしこれも、開眼後の整形中に尾の先が欠けて再成形したので、尾の短い頭の大きい

タイプの勾玉になつてしまいました。

これはこれで個性的な勾玉になったのですが、ほとんどが成形中に割れてしまって

思い通りに加工できず、かなり気落ちしています。

この勾玉にも目の周りに石目が入っているので、この次の研磨作業中に割れるかも

しれませんが、なんとか仕上げたいです。

 

勾玉 ネフライ勾玉 ネフライ

 

昨日切り出した板を石目で割ったところ、ジグソーパズルのピースのようにバラバラに

なってしまいました。

その中から比較的石目が少なく透過光が綺麗なものを2個選びだし、それぞから勾玉の

原型を切り抜きました。

石目が入っているので成形時に割れる心配があります。

 

ネフライトの板ネフライトの板

ネフライトの板

残りのピース

 

 

 

 

 

 

勾玉 ネフライト勾玉 ネフライト

 

ネフライトを加工して勾玉を製作します。

原石の真ん中から3枚の板を切り出しましたが、厚いので一度で切断できず

回しながらの切断だったので、うまく板状に切り出せませんでした。

思ったより深い石目が入っているので、まず叩いて石目で割ってから加工して

いきます。

 

自然石 ネフライト自然石 ネフライト

 

自然石 ネフライト自然石 ネフライト

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨

しました。ピカピカではなく控えめな品のある艶が出ています。

ブルーレースアゲードと名前に青の文字がありますが、実際の見た目では薄い

ラベンダー色に見えます。

縞模様がアクセントになっている洒落た勾玉と垂飾たちです。

大きさは、勾玉が34×23×11mm、垂飾が25.5mmから30.5mmまでと色々です。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

ルーターで眼を開けました。

穿孔中に右下の円形垂れ飾りが2度も割れてしまったので、勾玉の形に

成形し直しました。

厚さが薄くて強度が足りなかったようで、力加減に注意です。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

昨日成形した垂飾の中に取りきれていない石目があったので、胴体に切れ目を

入れたりして取り除きました。

また勾玉の形をさらに細身にし、優美な曲線をもたせました。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

グラインダーで成形しました。

翡翠に比べて柔らかいので、翡翠の成形時と同じ力加減で回転砥石に押し付けたら

削れ過ぎてしまい、慣れるまで形がなかなか整いませんでした。

 

勾玉 垂飾 青翡翠勾玉 垂飾 青翡翠

 

昨日切り出した青メノウの板から、勾玉や垂飾の原型を切り抜きました。

一度に5個の加工ですが、翡翠より削りやすいので成形を集中して頑張ります。

 

青メノウの板勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

 

 

 

 

今年の京都の鉱物展で購入した青メノウ(ブルーレースアゲート)を加工して、

勾玉と垂飾を製作します。

まず大きい方の原石を板状に切断してから、大きな石目で割りました。

綺麗なレース状の模様を生かした作品を作ります。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

青メノウ青メノウ

 

今回はダイヤセラミカだけで研磨して、最終研磨は10,000倍で完成です。

エメラルド原石は質があまり良くなくて細かな石目がたくさん入っていたので、

いくら研磨してもなめらかな表面にはなりませんでした。

すこし青みがかった緑と黒の模様が人目を引く、野生的で魅力的な垂飾たちです。

大きさは画像一枚目の左より、27.5×14×7.5mm、26.5×15.5×5.5mm 、

30×12×8mm、32.5×14.5×7mmです。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/18(土)、19(日)に糸魚川へ翡翠探しに行きます。

また、11/19(日)には市振の翡翠市に出店して勾玉や大珠を販売します。

( 12月は名古屋のミネラルフェスタに出展するので市振の翡翠市には参加できません。

春翠今年最後の出展となりますので、春翠コレクションに興味のある方は、ぜひ

お立ち寄りください。)

 

1 / 41234

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031