自然石

2日目は晴天、二ヶ月ぶりに宮崎海岸へ行ってみると台風22号の影響で堤防下の砂が

大きく抉られ、下に降りられなくなっているところがありました。

午前7時から探し始めて、途中に観光客や翡翠ハンターさんとの翡翠談義をして、気が

付いたら午前11時になっていました。

4時間の翡翠拾いの成果は翡翠が2個と大きなメノウでした。

この後、市振の翡翠販売店へ行き翡翠談義。

飼い犬が騒ぐので裏に出てみると、木の実を食べている野生のサルの群れを発見。

近づいても逃げないので写真を撮りましたが、人間を恐れていないようで、農作物への

被害が心配になりました。

次に親不知ピアパークへ寄ってからヒスイ王国館へ行きました。

ミネラルフェア終了の午後4時まで見物してから、帰り道の途中にある大野の翡翠販売店

で休憩して、午後6時に帰路につきました。

今回、勾玉の材料として黒やラベンダー、緑の翡翠を仕入れましたので、近々勾玉を製作

する予定です。

 

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸の成果 翡翠2

野生のサル

野生のサル 市振

親不知ピアパーク

親不知ピアパーク

親不知ピアパーク

親不知ピアパーク

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11/4(土)、5(日)と翡翠採取を兼ねて糸魚川へ翡翠・ミネラルフェアへ行って

きました。

まずは1日目。

朝から雨だったので早朝の翡翠探しを諦めて、午前8時過ぎに小滝のポポさん、次に

大野の翡翠販売店へ行き翡翠談義。

小滝川、姫川とも流れが濁っていたので川での翡翠探しは難しそうでした。

昼頃に翡翠・ミネラルフェアの会場であるヒスイ王国館へ行きました。

雨の昼過ぎなので多少空いているだろうと思つていましたが、駐車場は満車、会場内は

結構お客さんが多く通路のすれ違いがしにくいほど賑わっていました。

さすが糸魚川翡翠の地元だけあって、翡翠の原石や勾玉などの加工品の品揃えも充実して

いて、見ていて楽しかったです。

特に興味を引いたのは、青海ピアタウンのみどり店さんが上質の黒翡翠をたくさん販売

されていたことです。黒といっても灰色がかったものが多いのですが、これはかなり黒くて、

真っ黒な部分もある希少な黒翡翠でした。

会場で待ち合わせた方と無事会えて、製作依頼されていた勾玉を渡すことができて一安心

、、、と思いきや、別の方に入りコン沢の青翡翠の勾玉を製作依頼されてしまいました。

しかも原石持ち込みなので、責任重大です。

午後3時頃まで見物をしたり、翡翠の石臼で挽いたコーヒーを飲みながら翡翠談義をしたり

して、最後はヒスイ原石館へ行って閉館まで翡翠談義で本日終了。

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

小滝川

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

 

 

 

 

 

 

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大須骨董市 2017.10.18

(2017.10.19 1:00 AM)

10/18(水)、大須観音の骨董市へ行きました。

前日の雨も止んで、久々の青空の下、少し肌寒い陽気の骨董市でしたが、出店数も多くて

多くのお客さんで賑わっていました。

いろいろの店を回って、今回は腕時計とラジオカセットテープレコーダー、ポータプルDVD

プレーヤー、ブルーアンバーを買いました。

ブルーアンバーは紫外線を当てると青く光る琥珀のことです。

これを加工して垂飾にしたら面白い物ができそうです。

ポータプルDVDプレーヤーはAC アダプターが付いていないので正常に動くかどうかは不明

ですが、腕時計とラジオカセットテープレコーダーはすこし手入れしたら正常に動きました。

腕時計の中にはチタン製のものや文字盤にオパール?が使われているものがあるので掘り出し物

かもしれません。

 

大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18

大須骨董市 2017.10.18

購入した腕時計とブルーアンバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 100-11日目

(2017.09.18 1:00 AM)

9/16(土)、9/17(日)と糸魚川へ翡翠探しに行ってきました。

台風の影響が心配でしたが、糸魚川にいる間はほとんど影響がなく、翡翠市も無事

終了することができました。

まずは1日目(9/16)

前日の夜の11時頃に出発したのですが、途中の仮眠を二回も取ってしまい糸魚川に

到着するのが午前9時過ぎになりそうだったので、途中の大所川で翡翠を探すことに

しました。

2時間ほど探すも翡翠は見つからず、代わりに青黒い色をしたネフライトに似た石を

拾いました。(後で角閃石ではないかと指摘を受けました。)

次に小滝のポポさんへ行き翡翠談義。

入りコン沢の青翡翠の板や緑、白、黒が層をなしている大き目の翡翠原石を見せて

もらいました。この三色の原石は飾り石にはもってこいの形をしています。

昼頃に姫川沿い大野の翡翠販売店へ行き、またしても翡翠談義。

かなり色の濃い上質翡翠製のペンダントトップを特別に見せてもらいましたが、透過光が

綺麗で、なかなかお目にかからないものでした。

前の姫川では三人の翡翠ハンターが翡翠を探しているのが遠望できました。

最後はいつものように翡翠原石館へ行き、暗くなるまで翡翠談義で1日終了でした。

 

大所川

大所川

ネフライト?  大所川

ネフライト?  大所川

 

 

 

 

 

 

 

三色上質翡翠 ポポさん

三色上質翡翠 ポポさん

姫川 大野付近

姫川 大野付近

 

 

 

 

 

 

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

荒々しい流水文様と晶洞をもつ個性的な垂飾になりました。

大きさは画像一枚目の左より、34.5×14.5×6mm、37×16.5×6mm、39×18×6mm、

33×17×5.5mmです。

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

グラインダーで成形後にルーターで開眼もしました。

晶洞の周りが細いので割れるかと心配しましたが、石目が無かったので

なんとか持ちこたえました。

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

名古屋ミネラルショーで購入した、中に水晶の晶洞がある球果状のメノウを加工して

垂飾を製作します。

半分に切断済みのものをさらに板状に切断しました。

 

メノウ垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

 

 

 

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

翡翠より柔らかいので、研磨中でも削られて形が崩れてしまい苦労しましたが、何とか

艶を出すことができました。

自然光ではオレンジ色ですが、紫外線を当てると暗闇の中でも鮮やかなオレンジ色の

蛍光色になります。

大きさは画像一枚目の左より、20.5×13.5×8mm、24.5×15.5×3.5mm、

29.51×4.5×6.5mmです。

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

ルーターで眼を開けました。

真ん中の勾玉が穿孔中に割れてしまったので、急遽、残りの薄い端材を使って

石斧型の垂飾を作りました。

脆い石質で石目で割れやすいので、力の加減が難しいです。

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

グラインダーで成形しました。

翡翠に比べて柔らかくて脆く、層になったところが剥がれやすいので思ったように

切削できません。

なんとか形になりましたが表面がギザギザです、

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

北海道産蛍光オパールを加工して勾玉と垂飾を製作します。

この原石は先日開催された名古屋ミネラルショーで購入したもので、紫外線ライトを

当てると蛍光を発するので物珍しく面白いので、これで勾玉を作ってみようと思いました。

まず、大まかに原型を切り抜きました。

 

蛍光オパール蛍光オパール蛍光オパール蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜のYさんの岩石・鉱物コレクションを拝見しに行ってきました。

冬以外は一ヶ月に3/4は岩石や鉱物採取に飛び回っている猛者だけに、家の周りや屋内の一階、

二階がほとんど土岐石や菊花石、翡翠、水晶、メノウなどの岩石や鉱物で一杯でした。

しかも、展示してあるものはコレクションの一部で、ほとんどがダンボール箱に詰め込んで

あるという。驚きの情熱です。

このコレクションの中で目に付いたのが秋田の翠水晶でした。あまり知られていない珍しい

水晶だそうです。

これ以外にも、マニアが見ればどれも喉から手が出るほどのものが溢れているようですが、

残念ながら、翡翠以外の岩石や鉱物には詳しくない自分にはその価値がよくわかりません。

帰りがけに、大きなネフライトやラベンダー翡翠を分けていただき、お礼に青海川の

ラベンダー翡翠から作った勾玉を差し上げました。

許可を得て多くの写真を撮ってきましたので、驚きのコレクションをご覧ください。

 

鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取
鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取鉱物コレクション Yさん採取

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/27(日)も、待ち合わせがあったので名古屋ミネラルショーへ行ってきました。

午前10時過ぎにに会場へ行きましたが初日ほどではないにしても入場者は多かった

です。

会場では顔なじみの人から声をかけられたり、こちらから声をかけたりして、多くの

人と翡翠談義ができ、鉱物や翡翠のおかげで楽しい時間を過ごすことができました。

今回購入したものはバチカンとメノウ(水晶の晶洞入り)を買いました。

メノウで何かおしゃれなペンダントができないものかと思案中です。

 

名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2名古屋ミネラルショー 2017.8 その2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/26(土)、吹上ホールで開催されている名古屋ミネラルショーへ見学に行きました。

10時過ぎに会場に入ると、すでに来場者で混雑し、すれ違いもしにくいほどでした。

会場では顔見知りの人たちに会い、一緒に見学して回ったり、春翠コレクションを見て

もらつたりして鉱物・翡翠談義を楽しみ、午後3時半頃に退場しました。

今回はルーター用のダイヤモンドビットや革紐、銀製のバチカン、蛍光オパール、

紫外線LEDライトなどを買いました。

蛍光オパールは北海道産で紫外線に反応して怪しく光るもので、そのうち勾玉や大珠に

加工する予定です。

 

名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8名古屋ミネラルショー 2017.8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛石展示会 2017.5.4

(2017.05.05 1:00 AM)

5/4(木)、藤岡愛石会主催の愛石展示会に行きました。

緑に囲まれフジが満開の猿投グリーンロードを通って、展示会場の全トヨタ労働組合

連合会研修センター・つどいの丘に着くと、駐車場のキリシマツツジが満開でしばらく

見とれました。

展示会場に入ると台付きの小ぶりの銘石が小品盆栽と一緒に整然と並べられていて、

去年と展示の仕方が変わったように感じました。

うっかりカメラのバッテリー充電をし忘れて、バッテリーの容量が無くなりかけて

いたので、展示品全てを撮影できませんでした。

その代わり、天然石だいすきのMさんと石談義をして楽しく三時間を過ごし、行楽帰り

の車の渋滞を避けて午後4時に帰路につきました。

 

愛石展示会 2017.5.4

愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4愛石展示会 2017.5.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペーパーの800番まで研磨して完成です。

艶消し状態ですが光をよく通します。メノウ独特の縞がないので作品的にどうなるのかなと

思っていましたが、完成してみると白地のロウカン質翡翠のような雰囲気があり、幻想的で

魅力的な勾玉になりました。

大きさは、小さい方が19.5×10.5×7mm、大きい方が27×17.5×10mmです。

 

勾玉 メノウ勾玉 メノウ

 

勾玉 メノウ勾玉 メノウ

 

ルーターで目を開けました。

残念なことに、右側の勾玉の眼が開いた瞬間に、衝撃で眼のところで割れてしまいました。

もったいないので眼の下の部分で小さな縄文勾玉に成形し直しましたが、これはこれで一つ

の作品となりそうです。

 

勾玉 メノウ勾玉 メノウ

 

グラインダーで成形しました。

翡翠よりは柔らかいですが、加工するには適度な硬さです。

いまは乳白色で濁って見えますが、研磨して表面の光の乱反射がなくなれば

透明度が増すはずです。

 

勾玉 メノウ勾玉 メノウ

 

頂き物のメノウを加工して勾玉を製作します。

虫川産だそうです。切断されてからかなり時間が経っているのか、切断面が茶色に

変色しています。石目を避けて勾玉の原型を2個切り抜いたところ、中にサビはなく

半透明で乳白色でした。

 

勾玉 メノウ勾玉 メノウ

 

勾玉 メノウ勾玉 メノウ

 

ペーパーの2,000番まで研磨しました。

11/20(日)の翡翠市に間に合わせるように加工を急ぎました。

ほんのりとビンク色をした心和ませる可愛い垂飾たちに仕上がりました。

大きさは17mmから24mmです。

 

垂飾 桃簾石垂飾 桃簾石垂飾 桃簾石

 

 

2 / 41234

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930