自然石

グラインダーで成形中に石目で次々と割れていき、最後の一個がなんとか開眼まで

たどり着きました。

しかしこれも、開眼後の整形中に尾の先が欠けて再成形したので、尾の短い頭の大きい

タイプの勾玉になつてしまいました。

これはこれで個性的な勾玉になったのですが、ほとんどが成形中に割れてしまって

思い通りに加工できず、かなり気落ちしています。

この勾玉にも目の周りに石目が入っているので、この次の研磨作業中に割れるかも

しれませんが、なんとか仕上げたいです。

 

勾玉 ネフライ勾玉 ネフライ

 

昨日切り出した板を石目で割ったところ、ジグソーパズルのピースのようにバラバラに

なってしまいました。

その中から比較的石目が少なく透過光が綺麗なものを2個選びだし、それぞから勾玉の

原型を切り抜きました。

石目が入っているので成形時に割れる心配があります。

 

ネフライトの板ネフライトの板

ネフライトの板

残りのピース

 

 

 

 

 

 

勾玉 ネフライト勾玉 ネフライト

 

ネフライトを加工して勾玉を製作します。

原石の真ん中から3枚の板を切り出しましたが、厚いので一度で切断できず

回しながらの切断だったので、うまく板状に切り出せませんでした。

思ったより深い石目が入っているので、まず叩いて石目で割ってから加工して

いきます。

 

自然石 ネフライト自然石 ネフライト

 

自然石 ネフライト自然石 ネフライト

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨

しました。ピカピカではなく控えめな品のある艶が出ています。

ブルーレースアゲートと名前に青の文字がありますが、実際の見た目では薄い

ラベンダー色に見えます。

縞模様がアクセントになっている洒落た勾玉と垂飾たちです。

大きさは、勾玉が34×23×11mm、垂飾が25.5mmから30.5mmまでと色々です。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

ルーターで眼を開けました。

穿孔中に右下の円形垂れ飾りが2度も割れてしまったので、勾玉の形に

成形し直しました。

厚さが薄くて強度が足りなかったようで、力加減に注意です。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

昨日成形した垂飾の中に取りきれていない石目があったので、胴体に切れ目を

入れたりして取り除きました。

また勾玉の形をさらに細身にし、優美な曲線をもたせました。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

グラインダーで成形しました。

翡翠に比べて柔らかいので、翡翠の成形時と同じ力加減で回転砥石に押し付けたら

削れ過ぎてしまい、慣れるまで形がなかなか整いませんでした。

 

勾玉 垂飾 青翡翠勾玉 垂飾 青翡翠

 

昨日切り出した青メノウの板から、勾玉や垂飾の原型を切り抜きました。

一度に5個の加工ですが、翡翠より削りやすいので成形を集中して頑張ります。

 

青メノウの板勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

 

 

 

 

今年の京都の鉱物展で購入した青メノウ(ブルーレースアゲート)を加工して、

勾玉と垂飾を製作します。

まず大きい方の原石を板状に切断してから、大きな石目で割りました。

綺麗なレース状の模様を生かした作品を作ります。

 

勾玉 垂飾 青メノウ勾玉 垂飾 青メノウ

 

青メノウ青メノウ

 

今回はダイヤセラミカだけで研磨して、最終研磨は10,000倍で完成です。

エメラルド原石は質があまり良くなくて細かな石目がたくさん入っていたので、

いくら研磨してもなめらかな表面にはなりませんでした。

すこし青みがかった緑と黒の模様が人目を引く、野生的で魅力的な垂飾たちです。

大きさは画像一枚目の左より、27.5×14×7.5mm、26.5×15.5×5.5mm 、

30×12×8mm、32.5×14.5×7mmです。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/18(土)、19(日)に糸魚川へ翡翠探しに行きます。

また、11/19(日)には市振の翡翠市に出店して勾玉や大珠を販売します。

( 12月は名古屋のミネラルフェスタに出展するので市振の翡翠市には参加できません。

春翠今年最後の出展となりますので、春翠コレクションに興味のある方は、ぜひ

お立ち寄りください。)

 

自然石加工・垂飾 10-4 開眼

(2017.11.16 11:00 AM)

ルーターで眼を開けました。

衝撃に弱いので、貫通直前に押す力を弱めて注意深く穿孔しました。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

グラインダーで成形しました。

翡翠の加工時のように力を入れたら削り過ぎてしまい、力の加減に気をつけながら

切削しました。

あまり削れすぎて思ったように成形できなくて、成形のやり直しが続いて時間が

かかってしまいました。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

昨日の板のうちの4枚から、垂れ飾りの原型をそれぞれ切り抜きました。

全く抵抗感なく切り抜けました。

モース硬度10のダイヤモンドを使った工具の前では硬度7.5〜8のエメラルドでも

全く抵抗できません。むしろ硬度6.5〜7の翡翠の方が抵抗感があります。

緑と黒の織りなす模様が面白いです。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

 

 

 

 

自然石加工・垂飾 10-1 切断

(2017.11.13 12:20 PM)

京都の鉱物展で購入した母岩付きエメラルドを加工して垂飾を製作します。

京都の石ふしぎ大発見展のあるブースの特売品の中にあったもので、店主にエメラルドと

聞いて駄目元で購入したものです。うっかりして、産地は聞き忘れました。

2個のうち平らな方を輪切りに切断しました。

意外に柔らかく、抵抗なくスイスイと切断できました。特に黒い母岩は柔らかいです。

板の表面に現れた緑と黒の縞模様を生かすつもりです。

 

母岩付きエメラルド

母岩付きエメラルド

 

母岩付きエメラルド母岩付きエメラルド

 

 

2日目は晴天、二ヶ月ぶりに宮崎海岸へ行ってみると台風22号の影響で堤防下の砂が

大きく抉られ、下に降りられなくなっているところがありました。

午前7時から探し始めて、途中に観光客や翡翠ハンターさんとの翡翠談義をして、気が

付いたら午前11時になっていました。

4時間の翡翠拾いの成果は翡翠が2個と大きなメノウでした。

この後、市振の翡翠販売店へ行き翡翠談義。

飼い犬が騒ぐので裏に出てみると、木の実を食べている野生のサルの群れを発見。

近づいても逃げないので写真を撮りましたが、人間を恐れていないようで、農作物への

被害が心配になりました。

次に親不知ピアパークへ寄ってからヒスイ王国館へ行きました。

ミネラルフェア終了の午後4時まで見物してから、帰り道の途中にある大野の翡翠販売店

で休憩して、午後6時に帰路につきました。

今回、勾玉の材料として黒やラベンダー、緑の翡翠を仕入れましたので、近々勾玉を製作

する予定です。

 

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸の成果 翡翠2

野生のサル

野生のサル 市振

親不知ピアパーク

親不知ピアパーク

親不知ピアパーク

親不知ピアパーク

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

糸魚川翡翠・ミネラルフェア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11/4(土)、5(日)と翡翠採取を兼ねて糸魚川へ翡翠・ミネラルフェアへ行って

きました。

まずは1日目。

朝から雨だったので早朝の翡翠探しを諦めて、午前8時過ぎに小滝のポポさん、次に

大野の翡翠販売店へ行き翡翠談義。

小滝川、姫川とも流れが濁っていたので川での翡翠探しは難しそうでした。

昼頃に翡翠・ミネラルフェアの会場であるヒスイ王国館へ行きました。

雨の昼過ぎなので多少空いているだろうと思つていましたが、駐車場は満車、会場内は

結構お客さんが多く通路のすれ違いがしにくいほど賑わっていました。

さすが糸魚川翡翠の地元だけあって、翡翠の原石や勾玉などの加工品の品揃えも充実して

いて、見ていて楽しかったです。

特に興味を引いたのは、青海ピアタウンのみどり店さんが上質の黒翡翠をたくさん販売

されていたことです。黒といっても灰色がかったものが多いのですが、これはかなり黒くて、

真っ黒な部分もある希少な黒翡翠でした。

会場で待ち合わせた方と無事会えて、製作依頼されていた勾玉を渡すことができて一安心

、、、と思いきや、別の方に入りコン沢の青翡翠の勾玉を製作依頼されてしまいました。

しかも原石持ち込みなので、責任重大です。

午後3時頃まで見物をしたり、翡翠の石臼で挽いたコーヒーを飲みながら翡翠談義をしたり

して、最後はヒスイ原石館へ行って閉館まで翡翠談義で本日終了。

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

小滝川

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

 

 

 

 

 

 

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2017.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大須骨董市 2017.10.18

(2017.10.19 1:00 AM)

10/18(水)、大須観音の骨董市へ行きました。

前日の雨も止んで、久々の青空の下、少し肌寒い陽気の骨董市でしたが、出店数も多くて

多くのお客さんで賑わっていました。

いろいろの店を回って、今回は腕時計とラジオカセットテープレコーダー、ポータプルDVD

プレーヤー、ブルーアンバーを買いました。

ブルーアンバーは紫外線を当てると青く光る琥珀のことです。

これを加工して垂飾にしたら面白い物ができそうです。

ポータプルDVDプレーヤーはAC アダプターが付いていないので正常に動くかどうかは不明

ですが、腕時計とラジオカセットテープレコーダーはすこし手入れしたら正常に動きました。

腕時計の中にはチタン製のものや文字盤にオパール?が使われているものがあるので掘り出し物

かもしれません。

 

大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18大須骨董市 2017.10.18

大須骨董市 2017.10.18

購入した腕時計とブルーアンバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 100-11日目

(2017.09.18 1:00 AM)

9/16(土)、9/17(日)と糸魚川へ翡翠探しに行ってきました。

台風の影響が心配でしたが、糸魚川にいる間はほとんど影響がなく、翡翠市も無事

終了することができました。

まずは1日目(9/16)

前日の夜の11時頃に出発したのですが、途中の仮眠を二回も取ってしまい糸魚川に

到着するのが午前9時過ぎになりそうだったので、途中の大所川で翡翠を探すことに

しました。

2時間ほど探すも翡翠は見つからず、代わりに青黒い色をしたネフライトに似た石を

拾いました。(後で角閃石ではないかと指摘を受けました。)

次に小滝のポポさんへ行き翡翠談義。

入りコン沢の青翡翠の板や緑、白、黒が層をなしている大き目の翡翠原石を見せて

もらいました。この三色の原石は飾り石にはもってこいの形をしています。

昼頃に姫川沿い大野の翡翠販売店へ行き、またしても翡翠談義。

かなり色の濃い上質翡翠製のペンダントトップを特別に見せてもらいましたが、透過光が

綺麗で、なかなかお目にかからないものでした。

前の姫川では三人の翡翠ハンターが翡翠を探しているのが遠望できました。

最後はいつものように翡翠原石館へ行き、暗くなるまで翡翠談義で1日終了でした。

 

大所川

大所川

ネフライト?  大所川

ネフライト?  大所川

 

 

 

 

 

 

 

三色上質翡翠 ポポさん

三色上質翡翠 ポポさん

姫川 大野付近

姫川 大野付近

 

 

 

 

 

 

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

荒々しい流水文様と晶洞をもつ個性的な垂飾になりました。

大きさは画像一枚目の左より、34.5×14.5×6mm、37×16.5×6mm、39×18×6mm、

33×17×5.5mmです。

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

グラインダーで成形後にルーターで開眼もしました。

晶洞の周りが細いので割れるかと心配しましたが、石目が無かったので

なんとか持ちこたえました。

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031