勾玉、大珠

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

投稿作品と平行に少しづつ製作したものなので、製作工程の画像はありません。

入りコン沢の青、横川の青、青海川のラベンダーと緑、小滝川の白緑翡翠など、形や色の

バラエティーに富んでいます。

大きさは画像一枚目の上段左より、26mm、36mm、28mm、27mm、

下段左より、32mm、26mm、25mm、28mmです。

 

垂飾 糸魚川翡翠垂飾 糸魚川翡翠

 

垂飾 糸魚川翡翠垂飾 糸魚川翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/18(日)、市振の翡翠市に出店して春翠コレクションを販売します。

勾玉や大珠、垂飾、翡翠の原石などに興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨

しました。

全体が薄い青色で透明感があり清楚で上品です。

大きさは画像一枚目の左より、29.5×18.5×4.5mm ,

27.5×16.5×7mm、31×16.5×9.5mm、26.5×20×9.5mm、21.5×23×4mmです。

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

翡翠加工・垂飾 405-3 開眼

(2018.11.14 5:00 PM)

眼が開き、キリッと引き締まった感じがします。

勾玉と同じように、眼が開くと命を宿したように感じます。

不思議です。

気になる石目を削り取ったため、右上の円形垂飾の形が予定より

少し変わりました。

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

翡翠加工・垂飾 405-2 成形

(2018.11.13 9:40 PM)

グラインダーで成形しました。

石目はできるだけ切削しましたが、まだ少し残っています。

これ以上切削すると形が崩れてしまうので、後の研磨工程でできるだけ

取り除きます。

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

かなり以前に2回加工したことのある薄い青色の翡翠を加工して垂れ飾りを

製作します。産地は購入時に聞き忘れてしまったので不明です。

石目で板を小さく割ったブロックの中から4個を選び出し、これらから垂飾の

原型を5個切り抜きました。

 

薄青翡翠薄青翡翠

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・フォッサマグナミュージアム特別展

フォッサマグナミュージアム特別展

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨

しました。

独特の模様で派手そうな感じですが、深緑と黒の模様なので落ち着いた雰囲気を

もっています。透過光はもちろん綺麗なエメラルドグリーンです。

石目が多いですが、それほど気になりません。

大きさは画像一枚目の左より、28×28×7.5mm、28×17×5.5mm、15×15×5mm、

31×21×8mm、15.5×7×5mmです。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

ルーターで眼を開けました。

小さな孔は問題なく開きましたが、孔を拡げるときに右下2個が割れて

しまいました。

仕方なく再成形して眼を開けたので、かなり小さくなりました。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

グラインダーにダイヤモンドディスクを装着して成形しました。

エメラルドも硬いはずですがダイヤモンド工具には歯も立つはずがなく、問題なく

切削できました。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

エメラルドの原石の板を石目で割ってから、垂飾の原型を切り抜きましたが、

ものになりそうな大きさのものが5個しか取れませんでした。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

ブラジル産のエメラルド原石を加工して垂飾を製作します。

この原石は京都の鉱物展で購入したもので、エメラルドの大小の結晶が

黒い母岩の中に寄り集まっているものです。

切断面を見ると石目が網の目のように入っていて、どこか圧砕翡翠の模様に

似ています。

まず、原石を小割切断機で板状に切断しました。

 

エメラルド原石 ブラジル産エメラルド原石 ブラジル産

 

エメラルド原石 ブラジル産エメラルド原石 ブラジル産

 

2日目(11/4)は早朝の午前6時半から宮崎海岸で翡翠探し。

50人ほどの釣り人の間を縫って歩きながら、3時間ほど翡翠を探しましたが、

結果は小さな翡翠2個とメノウ1個でした。なかなか厳しいです。

新しく建ったヒスイテラスに寄る元気もなく、すぐに親不知ピヤパークへ

行き、休憩を兼ねて翡翠を販売している顔見知りの露店で翡翠談義。

ここのピアパークで食べたカニ汁とホタテの串焼きが美味しかったです。

次に姫川沿いのTさんの翡翠販売店へ行き、小滝の圧砕翡翠を中国で加工して

製作した勾玉を見せてもらいましたが、なかなかの出来で侮れません。

次に小滝のポポさんで翡翠談義をした後、ヒスイ王国館の翡翠・ミネラルフェア

を見に行き3,000番の研磨ディスクを購入。

最後は、ヒスイ原石館へ行き翡翠談義をした後、午後6時に帰路に着きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翡翠の産地偽装はネット販売ではよくあることですが、糸魚川の翡翠業界でも

あるという噂を耳にして、もし事実なら残念でなりません。

糸魚川翡翠とすれば高く売れる、入りコン沢の青翡翠とすればもっと高く売れる

と考えてのことだと思いますが、お客さんの信用を大事にして誠実に販売して

ほしいものです。

 

早朝の宮崎海岸

早朝の宮崎海岸

宮崎海岸の成果

宮崎海岸の成果

ヒスイテラス 宮崎海岸

ヒスイテラス 宮崎海岸

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

姫川 大野付近

姫川 大野付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧砕翡翠の緑勾玉 Tさん

圧砕翡翠の緑勾玉 Tさん

小滝川の紅葉

小滝川の紅葉

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

 

 

 

 

 

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

 

 

 

 

 

 

11/3(土)、11/4(日)に糸魚川翡翠・ミネラルフェアに行ってきました。

まずは1日目。

土曜日の午前9時半に出発したので、高速道路の渋滞に巻き込まれて、会場のヒスイ王国館へ

着いたのが、午後3時半になってしまいました。6時間の運転でクタクタです。

会場に入ると午後のせいか程よい混み具合で、顔見知りの方と挨拶を交わしながらストレスなし

に各店を見て回れました。しかし、朝一番は混雑して客が群がった店があったとか聞きました。

加工に向いた翡翠の原石がなかなか見当たらず、最後に、みどり店さんで透明感のある白翡翠を

購入しただけで終わりました。

入りコン沢の青翡翠はあるにはあったのですが、加工向きではなく、しかも高価でした。

午後5時少し前に会場を出てヒスイ原石館へ。

ここで、閉館過ぎまで常連さん達と翡翠談義をして、心身ともにリフレッシュしました。

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1

 

 

 

 

 

 

 

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その1

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

作品が小さくて複雑な形なので研磨に手間取りましたが、なんとか完成しました。

それぞれ少しずつ形が異なり個性的で、可愛くておしゃれな垂飾たちです。

大きさは画像一枚目の左より、30.5×16.5×6mm、26×18×6mm、27××17.56mm、

27×18×6.5mmです。

 

垂飾 薄緑翡翠垂飾 薄緑翡翠

 

垂飾 薄緑翡翠垂飾 薄緑翡翠

 

ルーターで眼を開けた後、首にひねりを加え全体の形を整えました。

この形は勾玉よりも複雑な形なので成形に手間がかかります。

また、首のところが細いので、折れないように衝撃を加えない繊細な

加工が必要です。

 

ひねり垂飾 薄緑翡翠ひねり垂飾 薄緑翡翠

 

輪郭を正確に切削して、真ん中に孔を開けました。

次は、眼を開けた後に、全体に丸みを付けながら首にひねりを加えます。

 

ひねり垂飾 薄緑翡翠ひねり垂飾 薄緑翡翠

 

翡翠加工402で使った翡翠と同じ翡翠でひねり垂飾を製作します。

まず、翡翠板から原型を大まかに切り抜きました。

 

翡翠板 薄緑翡翠板 薄緑

 

ひねり垂飾 薄緑勾玉ひねり垂飾 薄緑勾玉

 

石フリマ・なごや 2018秋

(2018.10.28 11:00 PM)

石フリマ・なごや 2018秋、無事に終了しました。

春と同じぐらい盛況で、多くのお客さんが春翠ブースへ来店されました。

開催時間が4時間半という短さでしたが、翡翠談義をしながらの充実した

楽しい時間を過ごさせていただきました。誠にありがとうございました。

次回もご贔屓、よろしくお願いします。

 

石フリマ・なごや 2018秋石フリマ・なごや 2018秋

 

石フリマ・なごや 2018秋石フリマ・なごや 2018秋

 

石フリマ・なごや 2018秋

春翠ブース

石フリマ・なごや 2018秋

春翠ブース

石フリマ・なごや 2018秋

春翠ブース

石フリマ・なごや 2018秋

春翠ブース

小滝の圧砕翡翠を加工して、丸形垂飾、玉斧、さる玉を製作しました。

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番まで

研磨しました。

他の投稿作品と並行に製作していたので、製作工程の画像はありません。

どれも鮮緑や深緑がまだら模様をなしていて、生命力にあふれた力強い

作品になりました。

このような色合いやまだら模様の作品は数が少なく、希少なものになって

いくと思います。

大きさは画像一枚目の左より、24.5×20×8.5mm、27×27×5mm、

27×27×4.5mm、30.5×21.5×6.5mmです。

 

垂飾など 圧砕翡翠垂飾など 圧砕翡翠

 

垂飾など 圧砕翡翠垂飾など 圧砕翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/28(日)に開催される石フリマ・なごやに出店して、勾玉や大珠などを

販売します。場所は東別院ホール・3F 午前11時から午後3時半までです。

春翠コレクションをお買い上げの方にはプレゼントを用意しています。

お楽しみに。

 

石フリマ なごや 2018秋

 

 

 

 

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

うっすらと緑がかって清楚で上品、表情豊かでそれぞれが個性的な勾玉です。

大きさは画像一枚目の左より、28.5×19×10mm、29×18×10mm、29×20×9.5mm、

29×18.5×10mmです。

 

丁子頭勾玉 薄緑翡翠丁子頭勾玉 薄緑翡翠

 

丁子頭勾玉 薄緑翡翠丁子頭勾玉 薄緑翡翠

 

ルーターで眼の周りに線刻しました。

勾玉一つ一つに異なる表情がつき、より生きているように感じます。

 

丁子頭勾玉 薄緑翡翠丁子頭勾玉 薄緑翡翠

 

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930