勾玉、大珠

今年の6月に小滝川で採取した、うっすらと緑がかった上質の翡翠を加工して勾玉を

製作します。4センチ角ほどの大きさですが、石目が少なく透明感があります。

拾った時は上質のアルビタイトかもしれないと思っていましたが、ヒスイ原石館で

常連さん達に見てもらって、上質の翡翠だと判明した次第です。

まだまだ修行が足りません。

この小さな原石を、まず板状に切断しました。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

 

 

 

 

研磨に手間取り、やっと完成です。

ペーパーの15,00番まで研磨した時、磨き残しを見つけて再度中研磨まで戻して

再研磨し、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

形や色合い、艶も申し分なく、生命力溢れる勾玉たちになりました。

透過光が綺麗な鮮緑で、石目のない萌え勾玉は希少だと思います。

大きさは画像一枚目の左より、24×16×8mm、30×21×10mm、30.5×14.5×7mm、

37.5×18×8.5mmです。

 

勾玉 上質緑翡翠勾玉 上質緑翡翠

 

勾玉 上質緑翡翠勾玉 上質緑翡翠

 

翡翠加工・勾玉 350-3 開眼

(2017.09.24 1:00 AM)

ルーターで眼を開けました。

よく見える眼で、誕生した世界を興味深げに見回しているようです。

 

勾玉 上質緑翡翠勾玉 上質緑翡翠

 

翡翠加工・勾玉 350-2 成形

(2017.09.23 1:00 AM)

グラインダーとルーターで成形しました。

なんとか、石目を避けたり、削り取ったりして成形できました。

 

勾玉 上質緑翡翠勾玉 上質緑翡翠

 

以前に加工したことのある大所川の上質緑翡翠を加工して、勾玉を製作します。

まず、大まかに原型を切り抜きましたが、石目が少ないので石取りが効率的に

できました。

 

勾玉 上質緑翡翠勾玉 上質緑翡翠

 

勾玉 上質緑翡翠勾玉 上質緑翡翠

 

大須骨董市 2017.9.18

(2017.09.20 1:00 AM)

9/18(月)、台風一過の秋晴れのもと、大須の骨董市へ行きました。

午前10時前に着いたときには、台風の影響もなく境内は大勢の見物客で賑わっていました。

少し暑い感じでしたが蒸し暑さがなくて、どことなく秋の気配がしました。

祝日の日に自家用車で出かけてきたので、駐車代が高くつかないように各露店を足早に回り、

25mmのファインダー付きカメラと腕時計、飲むヨーグルトを買いました。

カメラは生産中止になったASPフィルム仕様なので撮影できませんが、ファインダーは二眼レフ

カメラに付ければ問題なく使えます。

腕時計は電池を入れ替えたら健気に動き出しました。嬉しい瞬間です。

今回珍しく翡翠の勾玉が売られていましたが、見た感じでは翡翠ではない石を染めてあるよう

でした。毎回、糸魚川翡翠の原石を探していますが、なかなか出てきません。

 

大須骨董市 2017.9.18大須骨董市 2017.9.18大須骨董市 2017.9.18大須骨董市 2017.9.18大須骨董市 2017.9.18大須骨董市 2017.9.18大須骨董市 2017.9.18大須骨董市 2017.9.18

大須骨董市 2017.9.18

購入したカメラ、時計、 ヨーグルト

 

 

 

 

 

端材を活用して小さな勾玉と垂飾を少しづつ製作し、やっと全部を完成させました。

勾玉は翡翠、垂れ飾りはメノウです。

ペーパーの15,00番まで研磨したので光沢がありますが、白メノウの垂飾だけは

海岸で採取したままの未研磨です。

大きさは真ん中の緑の勾玉で12mmです。

これらは17(日)の翡翠市で販売します。

台風が心配です。強風が吹いたり大雨が降ったりしないことを願っています。

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

 

 

 

 

ペーパーの800番まで研磨して完成です。

しっとりとした控えめな艶が出たところで研磨を終了しました。

上品で優しい色合いの勾玉ですが、眼の周りの石目がアクセントになって、

内に秘めた生命力の強さを感じさせます。

大きさは画像一枚目の左より、30.5×20×10.5mm、26×17.5×10mm、

29×14×8.5mm、42×19×11.5mmです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/16(土)、9/17(日)に糸魚川へ翡翠拾いに行ってきます。

9/17(日)には市振の翡翠市で勾玉を販売しますので、春翠コレクションに

興味のある方は是非ご来店ください。

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

ルーターで眼を開けました。

眼の付近に石目が走っているので慎重に開けました。

眼がぱっちりとした八頭身美人の誕生です。

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

グラインダーで成形しました。

隠れていた石目で割れたり、目立ってきた石目を削り取ったりして、勾玉の成形に

時間がかかりました。

勾玉の形を腰の線が緩やかなカーブを描いたものにしました。

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー

 

昨日作った翡翠板の中から二枚を選び出し、風化していない中心部分のラベンダー色が

綺麗なところから勾玉と大珠の原型を切り抜きました。

 

翡翠板 ラベンダー翡翠板 ラベンダー

 

翡翠板 ラベンダー翡翠板 ラベンダー

 

昨日打ち割った原石の一方を半分に切断し、さらにその一方を板状に切断しました。

嬉しいことにラベンダー色の濃い部分が入った翡翠板が得られました。

元の原石の約1/4を板状に切断しましたが、打ち割り、切断と続き、大きな原石からの

加工は手間がかかります。

 

ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠

 

翡翠板 ラベンダー翡翠板 ラベンダー

 

ラベンダー翡翠を加工して勾玉と大珠を製作します。

表面の風化が激しくて一見ロディン岩のように見える原石で、目利きの翡翠ハンター・

岐阜の友人が青海川で採取したものです。

小割切断機で切れ目を入れてからハンマーで半分に叩き割りました。

中心部分までは風化が進んでいなくて、中は上質な翡翠で、一部ラベンダー色の濃い部分

がありました。

 

ラベンダー翡翠 青海川ラベンダー翡翠 青海川

 

ラベンダー翡翠 青海川ラベンダー翡翠 青海川

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

荒々しい流水文様と晶洞をもつ個性的な垂飾になりました。

大きさは画像一枚目の左より、34.5×14.5×6mm、37×16.5×6mm、39×18×6mm、

33×17×5.5mmです。

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

グラインダーで成形後にルーターで開眼もしました。

晶洞の周りが細いので割れるかと心配しましたが、石目が無かったので

なんとか持ちこたえました。

 

垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

名古屋ミネラルショーで購入した、中に水晶の晶洞がある球果状のメノウを加工して

垂飾を製作します。

半分に切断済みのものをさらに板状に切断しました。

 

メノウ垂飾 メノウ垂飾 メノウ

 

 

 

 

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

翡翠より柔らかいので、研磨中でも削られて形が崩れてしまい苦労しましたが、何とか

艶を出すことができました。

自然光ではオレンジ色ですが、紫外線を当てると暗闇の中でも鮮やかなオレンジ色の

蛍光色になります。

大きさは画像一枚目の左より、20.5×13.5×8mm、24.5×15.5×3.5mm、

29.51×4.5×6.5mmです。

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

ルーターで眼を開けました。

真ん中の勾玉が穿孔中に割れてしまったので、急遽、残りの薄い端材を使って

石斧型の垂飾を作りました。

脆い石質で石目で割れやすいので、力の加減が難しいです。

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

グラインダーで成形しました。

翡翠に比べて柔らかくて脆く、層になったところが剥がれやすいので思ったように

切削できません。

なんとか形になりましたが表面がギザギザです、

 

勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

北海道産蛍光オパールを加工して勾玉と垂飾を製作します。

この原石は先日開催された名古屋ミネラルショーで購入したもので、紫外線ライトを

当てると蛍光を発するので物珍しく面白いので、これで勾玉を作ってみようと思いました。

まず、大まかに原型を切り抜きました。

 

蛍光オパール蛍光オパール蛍光オパール蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール勾玉 垂飾 蛍光オパール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031