勾玉、大珠

グラインダーで成形しました。

翡翠と比べれば軟らかいので短時間で削れますが、逆に削れ過ぎてしまって

形がなかなか決まりません。

それと、ビンクの所より灰色の所の方が軟らかいことも関係しています。

ピンク一色ではないので、面白い模様が浮き出そうで楽しみです。

勾玉 大珠 桃簾石勾玉 大珠 桃簾石

ピンクの翡翠と言っても、鉱物的には桃簾石(とうれんせき)です。

地元ではピンク翡翠と言われている石です。

中には本当に奇麗なピンク色をしていて、結晶が見えるようなものがあります。

今回は以前にも加工したことのある、ビンクと白、灰色が斑模様になっている

桃簾石を加工します。

この原石は翡翠より軟らかいので、久々にダイヤモンド・バンドソーを使って

切り抜きました。調子が悪いのですがなんとかできました。

切れ端がほとんど出ないので、原石が無駄無く加工できてありがたい存在です。

桃簾石桃簾石桃簾石

勾玉の研磨が終わりました。

今回は大きいので、600番までの研磨で終了しました。

ここまででも海岸で磨かれたような、しっとりとした艶が出ています。

薄い灰色の地に青色部分が散らばって良い感じの勾玉になりました。

大きさは、大きい方の勾玉で40×30×13mm、小さい方で36×25×13mmです。

この大きな勾玉を首に掛けると、ちょっと重いかな ?

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

翡翠加工・青 54-3 開眼

(2012.02.15 1:00 AM)

ルーターで眼を開けました。

ちょっと大きめで、二重まぶたのぱっちりとした眼ですかね。

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

翡翠加工・青 54-2 成形

(2012.02.14 1:00 AM)

グラインダーで削って、だいたいの形にしました。

大きいので持ちやすいのですが、削る量が多いので結構時間がかかります。

形を修正する余裕があるので、ゆったりと気持ちに余裕を持って削れます。

反対に小さいと削る量が少ないけれども持ちにくく、ちょっと削りすぎると

形の修正が難しくなってしまう心配があります。

大、小それぞれに難しさがありますね。

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

去年の12月に加工したことのある青翡翠で勾玉を製作します。

この翡翠には薄い灰色の地に青色が斑状に入っています。

今回はいつもより大きいものを作りたいと思っています。

実際の大きさは完成したらお知らせしますので、お楽しみに。

青翡翠原石勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

前回と同じラベンダー原石を加工したので、やっぱり同じように落ち着いた勾玉と

大珠になりました。

最初の予定では、紐を通す穴意外にも装飾用の穴を開けようと思っていましたが、

今回は思い直してやめて、古代風の大珠にしました。

左の勾玉で22×15×7mm、大きい大珠で47×16×8mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

ルーターで眼を開けました。大珠の石目は削り取ってあります。

これで石目はほとんど無くなりました。

どの形もいびつなので整形してから研磨に入ります。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

**今日(2/9)の昼ごろの宮﨑と須沢の海岸の様子です。

明日から、日本海側では雪になるそうです。

雪の宮﨑海岸雪の須沢海岸

グラインダーで大体の形を作りました。

よく見ると、大珠の右上の石目が気になります。

石目を削って短くしてから開眼です。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

残りのラベンダー翡翠の板を加工して勾玉と大珠を作ります。

石目の関係で勾玉は小さくなります。

ラベンダー翡翠原石勾玉 大珠

 

今日の午前9時ごろの宮﨑海岸と姫川の様子です。

海岸の雪が大雪のときよりは少なくなっているようです。

雪の宮﨑海岸雪の姫川河口雪の姫川

やっと研磨が終了しました。2000番まで磨きました。

薄いラベンダーの地に青緑の筋が入った落ち着いた大珠になりました。

地味さをカバーして少しでも目立つようにするために、大きめの穴を開けたり

穴の数を増やしたりして変化をつけたつもりですが、どうでしょうか、、、。

大きさは、一枚目の真中の大珠で26×17×8mmです。

大珠 翡翠大珠 翡翠大珠 翡翠

大珠の研磨がまだ完了しません。

今回の大珠の穴が大きいので、穴の中とその周りも研磨しないといけないのです。

粒度の違う砥石をダイヤモンドビットの先端に接着して、これをルーターにはめて

研磨しました。

この研磨が、時間がかかってなかなか面倒です。

糸魚川は大雪で海岸も川も真っ白です。

雪の下にはロウカン翡翠が眠っているかも、、、、。

大珠 翡翠雪の宮﨑海岸雪の姫川

 

昨日(木)はとうとう名古屋にも雪が降り、我が家には10センチ以上積りました。

愛知県全域に大雪警報が出て, 積雪で交通機関が混乱しました。

大雪で庭の木もすっかり雪化粧です。雪の中でミカンのオレンジ色や

サザンカの花やナンテンの実の赤い色が鮮やかです。

降り積もった雪の上で穴を開けた大珠の写真を撮りました。

大珠 翡翠雪をかぶった庭木雪が積ったミカン雪が積もったサザンカ雪が積もったナンテン雪が積もった春蘭

グラインダーで粗削りをしました。後は穴を開けます。

あまりに寒いので大珠を濡らして削っていると、手の感覚が無くなってきます。

ライブカメラによれば、宮﨑海岸も須沢海岸も雪がかなり積もっています。

今週の糸魚川は雪模様のようです。

大波には十分に気を付けて、安全に翡翠拾いをしてください。

大珠 翡翠須沢海岸宮﨑海岸

 

 

原石から切り出した翡翠板のうちの一枚を使って大珠を3個作ります。

ダイヤモンド・バンドソーが調子が悪いので、小割り切断機を使って

切り抜きました。

これだと直線でしか切断できず、無駄になる翡翠が多く出るので

本当は感心しません。

最近はほとんどダイヤモンド・バンドソーを使っていないので、

細かな切りくずが一杯溜まってきました。

近頃特に寒いので、作業時間が短くて加工がなかなか進捗しません。

翡翠原石 ラベンダー大珠 ラベンダー

去年購入しておいたラベンダー翡翠を加工します。

色は薄くて透明度はほとんど無いが、結晶が小さくて石目が少ない翡翠です。

よく見ると緑色の部分も所々にあります。

この原石を小割り切断機で切断して2枚の板を切り出しました。

さて、何を作ろうか ?

翡翠原石 ラベンダー翡翠原石 ラベンダー

 

翡翠加工 51 作りだめ色々

(2012.01.29 1:00 AM)

翡翠の端材でこつこつと作ってきた作品を紹介します。

端材と言っても透明感のあるものや奇麗な色のものもあります。

この端材を何とか生かそうと思い、少しずつ小さい作品を作ってきました。

ある程度の作品がたまったので、今回まとめて紹介します。

大きなものは無く、大きい方の勾玉で19×13×6mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

やっと研磨完了しました。

大珠は600番,勾玉は2000番まで磨きました。

今回の大珠と勾玉には緑の部分が少ないけれども、どちらも清々しい作品に

なりました。

大きさは、大珠で55×13×10mm、写真1枚目の左の勾玉で25×18×8mmです。

ところで、ライブカメラによると糸魚川は大雪のようですね。

翡翠探しをされる方は、行き帰りも含めて雪や波にはくれぐれも注意して、

事故に遭わないようにしてください。

大珠 勾玉勾玉 大珠 翡翠大珠 勾玉大珠 勾玉姫川河口 ライブカメラ宮崎海岸 ライブカメラ

 

 


翡翠加工・白 50-3 開眼

(2012.01.26 1:00 AM)

穴を開けた後、整形しました。

この時に、左端の勾玉の下の部分を削りすぎてしまいました。

もう一度、 整形し直してから研磨に入ります。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

翡翠加工・白 50-2 成形

(2012.01.24 1:00 AM)

グラインダーで粗削りをして勾玉の形を削りだしました。

今回は、どれも腰の曲がりがいつもより強くなっています。

さらに、いつものように3個の勾玉の形状が微妙に違っています。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

 

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031