勾玉、大珠

先回購入のラベンダー翡翠を加工します。

この翡翠は、翡翠のランプシェードを作るために切り抜かれたものらしく、

断面が三日月状の柱になって、勾玉を作るのに都合の良い形をしています。

今回は久しぶりに、50mmぐらいの大きな勾玉を作ってみようと思います。

ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠

翡翠加工 20-3 研磨終了

(2011.06.23 1:00 AM)

あんまりピカピカにしたくなかったので、サンドペーパー1500番までの研磨で

終了しました。ちょっと艶が出過ぎたかも、、、、。

灰色と黒色、緑色が斑模様になっている渋い作品になりました。

黒色は良く研磨しないと色が浮かび上がってこないので

2000番まで研磨すれば良いのですが、そうすると艶が出過ぎて

素朴さとか野性味が無くなってしまうので悩むところです。

大きめの作品はつや消しの方が雰囲気があるように感じていますが、

どうでしょうか、、、。

翡翠 勾玉 大珠翡翠 勾玉 大珠翡翠 勾玉 大珠

 

 

翡翠加工 20-2 成形・開眼

(2011.06.22 1:00 AM)

グラインダーで粗削りをして形を作りました。

内包する不純物のせいか、いつもの翡翠より軟らかくて成形が楽でした。

時間があったので眼もあけました。

翡翠 勾玉 大珠翡翠 勾玉 大珠翡翠 勾玉 大珠

 

 

 

翡翠加工 20-1 切り抜き

(2011.06.21 1:00 AM)

続いて、先回切断しておいた灰色翡翠を加工します。

全体的に地味ですが所々に緑が入って、灰色と黒色、緑色がまだら模様を

作っている翡翠です。

ダイヤモンド・バンドソーが調子悪くて、うまく曲線で切り抜けず苦労する。

翡翠板

右下 灰色翡翠

翡翠板

 

翡翠加工 19-4 研磨完了

(2011.06.20 1:00 AM)

今回は1500番で研磨を終了しました。

それでも艶が良く出ています。

奇麗なラベンダー色ではないが渋い色で素朴な作品になりました。

奇麗な勾玉や大珠は作られるが、今回のような渋い色の作品は

作られることが少ないので、かえってめずらしいかも、、、、。

ラベンダー翡翠 大珠ラベンダー翡翠 大珠ラベンダー翡翠 大珠

翡翠加工 19-3 開眼

(2011.06.18 1:00 AM)

苦労して穴を開けました。

というのは、またダイヤモンドビットの先端がはがれて

穴の中に残ってしまい、それ以上穿孔できなくなったからです。

反対側から開けたり、いろいろ工夫したりしてダイヤモンドビット2本を

駄目にしてしまいました。

丈夫ではがれにくいダイヤモンドビットがあれば助かるのだが、、、、。

翡翠 大珠翡翠 大珠

翡翠加工 19-2 成形

(2011.06.17 1:00 AM)

グラインダーで粗削りしました。

色が薄いので分かりにくいですが、勾玉と大珠は異なるラベンダー翡翠から

成形しています。

研磨してどれだけ色が浮いてくるか、、、、。

ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠


 

翡翠加工 19-1 切り抜き

(2011.06.16 1:00 AM)

以前切断しておいたラベンダー翡翠と灰色翡翠の板があったので、

まずラベンダー翡翠から加工することにしました。

勾玉と大珠の原石は違うものです。

2つとも奇麗な色ではなく、渋い色ですが何とか作品にしたいです。

翡翠探しから帰ってすぐに作り始めています。

翡翠原石

左 ラベンダー翡翠

翡翠原石翡翠原石

 

翡翠加工 18-3 研磨完了

(2011.06.09 1:00 AM)

磨き終わりました。艶は良く出ています。

ジャモン岩の所の艶がいまいちだったので、仕上げ研磨は青棒を使ったバフ研磨です。

白地の中の緑と黒の部分が面白い模様を作っている大珠になりました。

翡翠 大珠翡翠 大珠翡翠 大珠

 

翡翠加工 18-2 開眼

(2011.06.08 1:00 AM)

どちらを上にしようかと迷ったものもあったけど、思いきって開けました。

ビットの先端がはがれて穴に詰まって取り除くのに苦労しました。

研磨に時間がかかるのですぐに磨き始めます。

仕上がりをお楽しみに。

翡翠 大珠翡翠 大珠

続いて大珠を作ります。

今回は先回加工したことがある不純物が混じった白翡翠で、艶がよく出る白翡翠です。

ジャモン岩が入り込んでいてそこから緑がしみ出しておもしろい模様を作っています。

翡翠の板からバンドソーで切り抜いて、グラインダーで粗削りしました。

透明度は無いけれど個性的な大珠になりそうですよ。

翡翠 大珠翡翠 大珠翡翠 大珠

 

 

翡翠加工 17-3 研磨完了

(2011.06.06 1:00 AM)


研磨完了しました。

今回は古代風にしたかったこともあり、1000番までしか研磨しませんでした。

大珠が大きい(一番大きいもので47mmです)のであまりピカピカにしなくても

存在感があると考えたのですが、ちょっと艶が出過ぎました。

400番か600番くらいの艶消し状態でも良かったかもしれません。

不純物の独特の模様が浮き出ているものがあり、上質翡翠でなくても良い作品に

なったと思います。

一枚目の画像の左端は暗黒の宇宙に浮かぶ銀河団のように見えてお気に入りです。

それぞれの翡翠が持つ特徴を生かした作品作りが大切だと言うことですね。

翡翠 大珠翡翠 大珠翡翠 大珠

 

ひもを通す穴をあけ、一部は400番まで磨きました。

縄文時代のものは穴がかなり中心よりに開いていますが、今回は少し上の位置に開けました。

この方がひもを取り付けやすいからです。

遊び心で、右端のラベンダー翡翠の大珠に7つの穴をあけました。

北斗七星のつもりですが分かるでしょうか ?

翡翠 大珠翡翠 大珠


今回は古代風の大珠を作ります。

今まで小さな作品が多かったので、少し大型の作品を作ってみようと思ったからです。

不純物が混じってあまり上質とは言えないけれど、石目の少ない翡翠を選びました。

かえって独特の模様がでて面白いものが出来そうです。

翡翠 大珠翡翠 大珠翡翠 大珠

 

何とか磨き終わりました。

艶があり、全体に緑が入った奇麗な勾玉と大珠になりました。

透明度もあり、ライトに透かすと全体が深みのある緑色に染まります。

透過光の画像に細かい石目が浮かんで見えています。

この石目が無くて、もっと透明度があり緑色が濃ければ

ロウカン翡翠と言えるのでしょう。

いつかはロウカン翡翠で勾玉を作ってみたいものです。

勾玉 大珠勾玉 大珠

 

勾玉 大珠

LED透過光

勾玉 大珠

上質緑翡翠をグラインダーで成形した後、ひもを通す穴をあけました。

磨く前でも、上質緑翡翠の上品な色合いと透明感があります。

勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠

台風2号の影響で雨が続いています。

ブログを見ると新潟や富山の翡翠海岸では上質な翡翠が拾われているようですが、

名古屋からではなかなか翡翠拾いに行けません。

天気が悪いと外出する気になれなくて気分も落ち込んできます。

そんな訳で、翡翠拾いのかわりに翡翠の加工をして気分を晴らすことにしました。

前に小割りして加工したことのある小滝産の上質な緑翡翠の1つを切断し、切り抜きました。

小さな原石なので、切断箇所を間違えると石目がでて勾玉が作れなくなってしまう。

何とか石目を避けて切断できました。

今回は前回より少し大きな作品になりそうです。

勾玉 大珠

 

 

翡翠加工 15-3 研磨完了

(2011.05.28 1:00 AM)

やっと研磨が完了しました。

ピカピカにはなっていませんが、いい雰囲気があります。

白い勾玉や大珠は光を通して優しく輝きます。

ラベンダーの方は光を通しませんが、色が濃くてきれいです。

真ん中の大きな大珠の模様が面白いです。

勾玉 大珠勾玉 大珠

勾玉 大珠

LED透過光

勾玉 大珠

翡翠加工 15-2 成形・開眼

(2011.05.27 1:00 AM)

グラインダーで粗削りしました。

石目が少ないので早く形が決まった。

時間があったので続いて穴もあけました。

勾玉 大珠

勾玉 大珠勾玉 大珠

 

翡翠加工 15-1 切り抜き

(2011.05.26 1:00 AM)

なかなか糸魚川に行けないので翡翠加工を続けることにしました。

この翡翠は以前に加工したことがあるものです。

濃いめのラベンダー翡翠と透明度があり薄緑が入る白翡翠。

石目を避けようとしていろいろ形を迷った末に切り抜く。

1つを牙形の勾玉にするつもりです。

勾玉 大珠勾玉 大珠

 

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930