春蘭展始まる

(2011.03.04 2:00 AM)

3日(木)に名城愛蘭会の中国・日本春蘭展に行って来た。

場所は、名古屋城北の名城公園内・フラワープラザ。

中国と日本の春蘭が奇麗に展示してあった。

総合優勝は熊野路、準優勝は熊野白蘭。

会場の外は、八重咲きの白梅、紅梅が満開であった。

その後、一宮の蘭花園で蘭談義。

ここでは、中国奥地の蘭の豆弁蘭、蓮弁蘭や朶々香、春剣蘭、糸欄、

台湾の雪蘭が満開であった。

名古屋城 金の鯱

名古屋城 金の鯱

八重咲き紅梅

満開の八重咲き紅梅

名城公園フラワープラザ

名城公園フラワープラザ

名城愛蘭会・展示会場

名城愛蘭会・展示会場

名城愛蘭会

総合優勝花 熊野路

日本春蘭 幽玄

日本春蘭 幽玄

日本春蘭 国華

日本春蘭 国華

日本春蘭 春華

日本春蘭 春華

日本春蘭 無銘奇花

日本春蘭 無銘奇花

中国春蘭 翠蓋

中国春蘭 翠蓋

中国春蘭 緑雲

中国春蘭 緑雲

 

 

 

中国春蘭 珍蝶

中国春蘭 珍蝶

蘭花園 朶々香桃花

蘭花園 朶々香桃花

朶々香

蘭花園 朶々香黄花

蘭花園 朶々香桃花

蘭花園 朶々香桃花

やっと咲いた中国蘭

(2011.02.27 2:00 AM)

つぼみの状態が長く続いた中国蘭がやっと咲いた。

このところの春の陽気に浮かれ出したのだろう。

蓮弁蘭の剣陽蝶の花はかわいくて愛嬌のある花だ。

蓮弁蘭の白花素心は、ふっくらとした白弁に濁りのない緑のスジが入り、

舌も白一色でとても清楚な花だ。

もう一方の蓮弁蘭は、緑のスジが入った白弁に舌の紅点が 映えて、色気のある花だ。

最後の豆弁蘭は、花弁や舌に入った緑のスジが目立つ素心で、葉にも黄覆輪が入る二芸品である。

蓮弁蘭 剣陽蝶

蓮弁蘭 剣陽蝶

蓮弁蘭

蓮弁蘭 白花素心

蓮弁蘭

蓮弁蘭 白花素心アップ

蓮弁蘭

蓮弁蘭 

豆弁蘭 

豆弁蘭 素心

豆弁蘭 

豆弁蘭 素心アップ

 

一足早い春

(2011.02.04 2:00 AM)

2月は中国奥地の蘭の季節。

日本の春蘭より約1ヶ月早く咲く。

我が家では、金荷鼎に似た黄花の豆弁蘭が咲いた。

連弁蘭の剣陽蝶はもう少しあとになる。

本格的に蘭が咲きだす春が来るのが楽しみだ。

豆弁蘭

金荷鼎に似た豆弁蘭

豆弁蘭

背面

豆弁蘭

豆弁蘭

蓮弁花

蓮弁蘭・剣陽蝶

蓮弁花

蓮弁蘭

蓮弁花

蓮弁蘭

百花繚乱 ! その3

(2011.01.11 2:00 AM)

 新春洋蘭展の紹介も今日が最後です。

洋蘭の奥深さを味わっていただけましたか?

私もかっては洋蘭の豪華さに魅かれて栽培したことがありましたが 、

温室が無くて温度管理がうまくできず枯らしてしまったので、

今はシンビジュウムとカトレアの数鉢しか栽培していません。

、、、と言う訳で、現在は東洋蘭にしぼって栽培しています。

新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館

百花繚乱 ! その2

(2011.01.10 2:00 AM)

 百花繚乱の再開です。

ウィキペディアによると洋ラン(ようラン)は、鑑賞目的で栽培される、

主として熱帯起源のラン科植物及びその交配品種のこと。

その趣味が欧米経由で日本に入ったことから、この名がある。

おおむね、大輪で派手な花をもってよしとする。」

また、「カトレヤ・パフィオペディルム・デンドロビウム・シンビディウムの四属が有名で、

これらを四大洋ランと言うこともある。近年はコチョウランとバンダも普及が進んでいる。」

とあります。

まあ難しいことはさておいて、色とりどりの花をご覧ください。

今回の画像はあまり接写していないものです。

新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館 新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館

新春杭州寒蘭展in浜松

(2011.01.09 2:00 AM)

土曜日に浜松で開催されている新春杭州寒蘭展に行ってきました。

東名高速を東に走るのは久しぶりだ。太陽がまぶしい。

浜松と言えば「うなぎパイ」と言うことでさっそく浜名湖SAで購入。

去年行っただけなので迷ってしまったが、何とか会場の「あい川」に到着。

今年は全般に遅咲きなのでまだ多くの杭州寒蘭が展示されていた。

展示即売品もあったが、良いなと思った物は高い。

せっかく見に来たので、つぼみが開きかけの安い蘭を購入したら、

名古屋に向かっている途中につぼみが2つ開花した。悪い花ではない。

洋蘭に比べて派手さは無りませんが、凛として落ち着いた雰囲気がありますね。

百花繚乱は明日から再投稿。お楽しみに。

新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松 新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松

百花繚乱 ! その1 

(2011.01.08 2:00 AM)

 昨日金曜日、名古屋古書会館の古書即売会に行ってから新春洋蘭展に行ってきました。

場所は大須の北東にあるランの館。

入場料は700円とちょっと高め。そのかわり、入場券が館内の飲食店で500円として使えます。

館内は名古屋愛蘭会の人たちが育成した洋蘭が所狭しと展示してあり、展示即売もやっていました。

色々な種類があり、色も形もそれぞれに違って百花繚乱、豪華絢爛 !

リコーのデジタルカメラで超接写 !      3回に分けてお楽しみください。

新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館


春を待つ蘭たち

(2011.01.02 2:00 AM)

春蘭に花芽が付いているのは前から解っていましたが、先日蘭舍の蘭を見たら

中国蘭に花芽が出ているのに気がつき、さつそく玄関脇に移動しました。

最近人気が出てきた蓮弁蘭と豆弁蘭です。

まだ日本に来たばかりなのと木が小さいので、花芽は無理かと思っていたので喜んでいます。

杭州寒蘭もまだまだ元気に咲いています。

また、カトレアのブルーリボンのつぼみも少し大きくなってきました。

蘭たちはしっかりと準備をして、来る春を待ち望んでいるようです。

豆弁蘭

蓮弁蘭 剣陽蝶の花芽

豆弁蘭

蓮弁蘭 無名 

豆弁蘭

豆弁蘭 無名

豆弁蘭

豆弁蘭 無名

杭州寒蘭

杭州寒蘭 独特の赤色

杭州寒蘭

杭州寒蘭 赤紫色のスジが鮮やか

我が家の杭州寒蘭

(2010.12.30 1:00 AM)

我が家には杭州寒蘭が15鉢ほどありますが、我が家で今年咲くのは

2鉢しかありません。購入した蘭には花が咲いているのですが、、、。

まだ木ができていないのと、名古屋の猛暑と寒さに慣れていないからかな。

せめて3條ないと咲かないのでしょう。あせらない、あせらない。

1鉢はまだつぼみですが、もう1鉢は花茎が3本でようやく咲き始めています。

うっすらとした赤色を中に見せる、翠色のつぼみの何とかわいいことか。

白い舌の赤い斑点が鮮やかで 、愛らしい花です。

堅いつぼみの花が咲く来年が楽しみです。

花が少ない冬に咲いてくれるのでうれしいなぁ。

杭州寒蘭

まだ堅いつぼみ

杭州寒蘭

後少しで咲くつぼみ

杭州寒蘭

赤色がのぞく

杭州寒蘭

赤色がのぞく

杭州寒蘭

咲きほこる

杭州寒蘭

赤い斑点がきれい

遅咲き寒蘭

(2010.12.27 12:05 AM)

先日午後より、一宮にある蘭専門店・蘭花園に行ってきました。

ここは展示販売場と蘭舍が2棟あり、日本や中国の春蘭、寒蘭などが栽培されています。

今流行の中国蘭の蓮弁蘭や豆弁蘭などもあります。

今は、日本寒蘭と中国の杭州寒蘭が仲良く咲いています。

2月になれば、春剣蘭や 蓮弁蘭、豆弁蘭が咲き出します。

寒蘭の緑花を見ると翡翠を連想して、糸魚川に翡翠を探しにいきたくなる。

蘭でも翡翠でも、春が待ち遠しい。

蘭舍

店主。古川さん

蘭舍

蘭舍の杭州寒蘭

寒蘭

展示販売場

日本寒蘭 

日本寒蘭  

日本寒蘭 

日本寒蘭 

日本寒蘭

日本寒蘭

日本寒蘭

日本寒蘭

日本寒蘭

日本寒蘭

日本寒蘭

日本寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭たちの顔 3

(2010.12.09 12:05 AM)

またまた杭州寒蘭です。またかと言わずに見てやってください。

はるばる中国からやって来たのですから。

なんと言っても翡翠色が鮮やかで、日本寒蘭には無い色ですね。

杭州寒蘭の魅力を少しでも解ってもらえましたでしょうか。

杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭

杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭

杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭

杭州寒蘭杭州寒蘭

杭州寒蘭

ちょっと変わり者

杭州寒蘭たちの顔 2

(2010.12.08 12:05 AM)

今日もまた杭州寒蘭たちの顔です。精一杯すましています。

よく見てやってください。

お気に入りはありませんか。

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭

杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭

杭州寒蘭杭州寒蘭

杭州寒蘭たちの顔 1

(2010.12.07 12:05 AM)

杭州寒蘭には日本寒蘭にはない特徴があります。

舌(ぜつ)が白くて舌の斑点の赤色が鮮明、花弁に緑色や紫色、茶色の 筋が入る、

緑が鮮やかで翡翠色、花弁のふちが白く透ける(白覆輪)、、、、などです。

桃色や黄色、白色の花がきわめて少ないそうです。

じっくり見てやってください。前の、寒蘭たちの顔と比較するとおもしろいかも。

画像をクリックすると大きくなりますよ。

杭州寒蘭 杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭


杭州寒蘭

杭州寒蘭杭州寒蘭

中国からのお客さん

(2010.12.06 12:05 AM)

4日(土)に杭州寒蘭展に行ってきました。会場は三重県津市のウィングメッセ・みえ

中国から日本に輸入されたばかりの杭州寒蘭が多く展示されていました。

杭州寒蘭は中国の寒蘭で、日本寒蘭にはない特徴があります。

最近、趣味家の間で人気沸騰。そうゆうことで、私も一鉢購入。

午後は、京都府宇治田原町の京都蘭センターで土佐寒蘭を一鉢と植え替えのための土を購入して、

混雑を避けるため早めに帰宅しました。土、日の東名阪はいつも渋滞で困る。

次回より、杭州寒蘭の顔の特集を掲載します。

杭州寒蘭展会場

杭州寒蘭展会場

杭州寒蘭展会場

杭州寒蘭展会場

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭

杭州寒蘭


展示即売

展示即売

展示即売

展示即売

京都蘭センター展示場

京都蘭センター展示場

京都蘭センター展示場

京都蘭センター展示場

日中友好

(2010.12.05 12:05 AM)

蘭の世界は日中友好だ。

白の寒蘭は土佐寒蘭の「豊雪」で、花弁も舌も白くて清楚な花です。

紅更紗の寒蘭は中国の杭州寒蘭で、花弁に筋が入り赤く染まっています。

この花は先週中国から日本にやってきたばかりですが、元気に咲いています。

人間の世界も、日中友好といかないものですかね。

土佐寒蘭・豊雪

土佐寒蘭・豊雪

土佐寒蘭と杭州寒蘭

日中友好

杭州寒蘭杭州寒蘭杭州寒蘭


寒蘭たちの顔 2

(2010.11.25 12:05 AM)

またまた寒蘭たちの顔です。

すました顔、笑った顔、おどけた顔、おこった顔、、、、、

いろんな顔に見えませんか?

寒蘭の顔寒蘭の顔寒蘭の顔

寒蘭の顔寒蘭の顔寒蘭の顔

寒蘭の顔寒蘭の顔寒蘭の顔

寒蘭の顔寒蘭の顔寒蘭の顔

寒蘭たちの顔 1

(2010.11.24 12:05 AM)

20日の土曜日に、知多野生蘭愛好会の寒らん展に行ってきました。

場所は知多半島の武豊町中央公民館。

寒蘭は武士が愛したと言われるように、凛とした気品のある姿が好まれます。

しかし、近寄ってよく見ると愛嬌のある顔が見えてくる。

こんなところにも寒蘭の楽しみ方があると思う。

寒蘭の顔 寒蘭の顔寒蘭の顔

寒蘭の顔寒蘭の顔寒蘭の顔

寒蘭の顔

寒蘭の顔寒蘭の顔

寒蘭の顔寒蘭の顔寒蘭の顔

夏の忘れ物

(2010.11.22 12:05 AM)

寒蘭の花が咲いたので玄関に移動しようとしたら

小さな夏の忘れ物を見つけた。

アブラゼミの幼虫の抜け殻です。

6年も地中で暮らして、やっと成虫になると

数週間の命。はかないものですね。

だからこそ、騒がしいほどに鳴き交わし子孫を残す。

精一杯の一生。

それにしても、あの暑い夏が恋しくなるような気温になりました。

アブラゼミの抜け殻

寒蘭まっさかり 3

(2010.11.21 12:05 AM)

更紗の寒蘭が咲きました。無銘です。

逆光で見た時の、様々の色の中に筋がある花は

すっきりしていて粋ですね。

寒蘭・更紗

寒蘭・更紗

寒蘭 更紗花

寒蘭まっさかり 2

(2010.11.20 12:05 AM)

つぼみもふくらみ、どんな素顔を見せてくれるのかな。

筋が透けて見えるので、更紗花のようです。

自分としては、更紗花の微妙な色合いが好きです。

赤花は土佐寒蘭の室戸錦。

寒蘭

更紗花のつぼみ

寒蘭

室戸錦

 

 

 

 

 


カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930