野鳥

9/11(金)、ほぼ3週間ぶりに氷上姉子神社へ野鳥生息調査に行きました。

午前7時半から約2時間調査して11種類を確認しました。

朝は幾分涼しくなりましたが、それでも歩いて調査するので汗だくです。

森の中は涼しいと思いきや、雨が止んだ後で湿度が高く最悪でした。

今回も野鳥の種類と数が少なく、メジロを確認できませんでした。

その代わり、コムクドリの群れを初めて確認しました。

初めはムクドリの鳴き声に似ているが少し小さいなと思い、後で図鑑で

確認したらコムクドリでした。

大高斎田の稲がすくすく育ち、稲穂が垂れてきました。

また、森の中のセミの鳴き声がツクツクボウシ一色に変わりました。

コロナだ猛暑だ台風だと騒いでいるうちに、季節は確実に移り変わっています。

 

名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11名古屋市野鳥生息調査 30 2020.9.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/23(日)、曇り日、氷上姉子神社へ野鳥生息調査に行ってきました。

いつもより早めの午前7時から1時間半調査して9種類を確認しました。

平野池のカイツブリを観察しようと岸辺に近づいたら、目の前の草むらから

アオサギがふわりと飛び立ち、優雅に飛び去っていきました。

森の中ではクマゼミの鳴き声に加えてツクツクボウシの鳴き声が加わり、

雑草が刈り取られた畑ではあちらこちらからコオロギの鳴き声が聞こえて

きて、猛暑の中にも夏の終わりを感じるようになりました。

今回は9種類を確認できましたが、まだまだ種類も個体数も少ないです。

秋になって涼しくなれば、また野鳥たちが戻ってくるでしょう。

 

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/7(金)、名古屋市の野鳥生息調査のため氷上姉子神社へ行ってきました。

薄曇りの中、午前7時45分から約2時間調査して7種類を確認しました。

朝から蒸し暑く、汗だくでの調査になり、カイツブリが涼しそうに水中に潜って

餌をとっているのが羨ましく思えました。

野鳥たちはどこかに避暑に行っているらしく、鳥の鳴き声は聞こえずセミの大合唱

なので、森の周辺の畑で色々な昆虫を見つけては写真を撮って暇つぶし。

今回初めて森の中で絵を描いている人に会いました。立木を描いているとのこと

でしたが、虫除けのネットを頭からかぶり暑そうでした。

そういえば前々回紹介した畑の横のゴミがきれいに片付けられていました。

暑い中、ご苦労様でした。頭が下がります。

ゴミを不法投棄をした人は猛省し、2度としないで欲しい。

 

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

カイツブリ 平野池

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

片付けられたゴミ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

ハグロトンボ

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

シオカラトンボ オス

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

シオカラトンボ メス

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

ショウリョウバッタ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

森の中の画家

名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7名古屋市野鳥生息調査 28 2020.8.7

 

 

 

 

 

 

7/28(火)、氷上姉子神社へ野鳥生息調査に行ってきました。

夜半の雨が止んだ朝から蒸し暑い梅雨の曇り日、午前8時半から午前10時まで

調査して8種類を確認しました。

夏の時期としては調査開始が遅いのと梅雨の時期なのとで、過去最低の種類数に

なりました。

メジロが確認できずヒヨドリも2羽が確認できただけで、あたりはセミの声が

騒がしく聞こえるのみでした。

森の中は枯れ木が倒れて道を塞いで危険な場所があり、また湿度が100%近くあり、

枯れ木や倒木、地面から色々なキノコが生えていました。

 

名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28名古屋市野鳥生息調査 27 2020.7.28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7/16(木)、梅雨の晴れ間に名古屋市野鳥生息調査のため、氷上姉子神社へ

行ってきました。

午前8時から約2時間調査して11種類を確認しました。

カイツブリとツバメの若鳥は親の特訓の甲斐あり、自分で餌を獲れるように

なっていました。

キビタキが鳴かなくなったので確認できず、その代わりクマゼミの鳴き声が

騒がしく響いています。

森や畑の緑が濃くなり本格的な夏の季節になるにつれ観察される野鳥の種類と

数が減ってきています。

涼しい高原や山の森や林へ移動したのでしょうか。

 

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16

ツユクサ

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16

ムラサキカタバミ

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.16

 

 

 

 

 

 

7/5(日)、朝起きたら雨が止んでいたので、これ幸いと氷上姉子神社へ野鳥

生息調査に行ってきました。

朝から蒸し暑い中を、午前8時前から約2時間半調査して13種を確認しました。

カイツブリ の幼鳥が潜って小魚を捕らえる練習をしていたり、ツバメの若鳥が

自由自在に飛翔して空中の虫を獲ったりしていました。

今回、神社の森に隣接する畑の横に捨てられたゴミを掘り出して片付けている人に

会いました。

訳を尋ねると、名古屋市に相談したら、私有地に不法投棄されたゴミは管轄外で

撤去してくれないので、仕方なく自分でやっているとのことでした。

この畑は家庭菜園として持ち主から借りている畑だそうです。

また、前にも書きましたが、森の中の参拝路の整備はされているようですが、

それから外れた狭い散歩道は未整備のままになっていて、立ち枯れの木が倒れたり、

今にも倒れそうになったりしていて危険な状態です。

野鳥を保護するには生息環境を保護する必要があります。

名古屋市には、野鳥が生息する森や畑、川、池、干潟などに目を向けて、環境保護、

整備にも積極的に取り組んで欲しいものです。

 

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

カイツブリ の親子 平野池

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

不法投棄されたゴミ

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

不法投棄されたゴミ

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

不法投棄されたゴミ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

カボチャ畑

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

カボチャの実

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

枯れ木と倒木

名古屋市野鳥生息調査 26 2020.7.5

大高斎田

 

 

 

 

 

 

6/26(金)、名古屋市の野鳥生息調査のため氷上姉子神社へ行ってきました。

出遅れて神社に着いたのが午前8時過ぎ、既に蒸し暑くなった中、2時間調査して

13種類を確認しました。

この時間になると野鳥の活動が鈍くなり、種類も数も少なめになりました。

それでも今回、カワラヒワを初観察しました。

カイツブリ の幼鳥は今日も親から餌をねだっていました。

また、10羽ほどのツバメの幼鳥が電線に止まっていました。中には親鳥から

餌をもらっている個体もいました。

仲間同士で、素早く飛翔したり飛びながら虫をキッチしたりするための練習を

しているようです。

野鳥の世界も厳しいです。

 

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26

ツバメ 幼鳥

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26

ツバメ 幼鳥

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.26

大高斎田

 

 

 

 

 

 

6/17(水)、梅雨の晴れ間に氷上姉子神社へ野鳥生息調査に行ってきました。

午前6時50分から2時間調査して16種類を確認しました。

ムクドリが、平野池に架かる高速道路に作った巣のヒナにせっせと餌を運ぶ

その下で、カイツブリ のヒナがまだ親に餌をねだっていました。

大高斎田の稲の苗も日毎にすくすくと育ち、時の流れを身近に感じます。

 

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

ムクドリ

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

カイツブリの親子

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

カラスウリの花

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

大高斎田の稲

名古屋市野鳥生息調査 25 2020.6.17

 

 

 

 

 

 

6/12(金)、夜の雨が止んでいたので氷上姉子神社へ野鳥生息調査に行きました。

曇天の下、午前7時から2時間調査して14種類を確認しました。

平野池では、カイツブリ のヒナがしきりと鳴きながら餌をねだり、岸の近くでは

アオコが発生していて水面が緑色になっていました。

神社の森は日に日に緑の濃さを増し、森の中が薄暗くなってきました。

今日のような曇りの日は特に感じます。

帰り際に、ヤマガラがシイシイと鳴きながら飛んできて近くの枝に止まったので、

急いで写真を撮りましたが逆光気味で真っ暗になってしまいました。

キビタキがまだ囀っていたので繁殖すると思います。

 

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

アオコ 平野池

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

カイツブリ の親子           平野池

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

ホオジロ

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

ヤマガラ

名古屋市野鳥生息調査 24 2020.6.12

 

 

 

 

 

 

6/5(金)、名古屋市の野鳥生息調査のため氷上姉子神社へ行ってきました。

朝の7時45分から2時間調査して13種類を観察しました。

キビタキがまだ囀っているので繁殖するかも知れません。

また、田植えの終わった大高斎田では、数羽のツバメが舞い降りて泥を咥えて

どこかに運んでいくことを繰り返していたので、巣作りをしているようです。

今回は確認できた種類も数も少なってしまったので、調査開始時間を少なくとも

1時間は早める必要がありそうです。

野鳥は早起きだし、早朝のほうが涼しいから。

 

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

ハシブトガラス

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

ツバメ

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

ムクドリ

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

スズメ

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

ビワの実

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

タケノコ

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

名古屋市野鳥生息調査 23 2020.6.5

大高斎田

 

 

 

 

 

 

5/29(金)、気候が急に暑くなり寝苦しさで早朝に目が覚めてしまったので、

この機会に早朝の野鳥生息調査に出かけることにしました。

午前6時50分から午前9時まで調査して17種を観察しました。

竹藪の向こうで囀っているキビタキの姿を写真に撮ろうと粘りましたが、とうとう

囀りを録音しただけに終わりました。

今回初めて観察したのはコアジサシとゴイサギです。

コアジサシが平野池の上空を旋回しながら、時々、水中へダイビングして小魚を獲って

いる様子や、カイツブリ の幼鳥が親鳥の後にくっいて泳ぎ、時々小魚をもらう様子が

観察できました。しかし幼鳥が一羽では少なすぎるので何か異変があったのかも。

 

日の出が早くなったので、そろそろ早朝の生息調査に切り替えなければ、、、。

 

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.29

平野池

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.29

カイツブリ の親子

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.29

カイツブリ の親子

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.29

アオサギ

名古屋市野鳥生息調査 22 2020.5.29

名古屋市野鳥生息調査 22 2020.5.29

チズモンアオシャク

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 22 2020.5.29名古屋市野鳥生息調査 22 2020.5.29名古屋市野鳥生息調査 22 2020.5.29

 

 

 

 

 

 

5/26(火)、氷上姉子神社へ野鳥生息調査に行ってきました。

午前8時10分から2時間半調査して15種を確認しました。

今回はオオタカには会えませんでしたが、ツバメやヒヨドリの巣立ちビナが

親鳥から餌をもらっているところを観察できました。

親から餌をねだる時のしぐさが何と可愛いことか。

キビタキも3羽がまだ囀っていたので繁殖するかもしれません。

氷上姉子神社周辺の森や畑は野鳥の子育て真っ最中です。

森の中のいつもの観察路を進んでいくと、黙々と小路を塞いでいる倒木を

片付けている人に出会いました。

声をかけると、ボランティアで自主的にやっているとのことでした。

人知れずに奉仕をしている人に出会ってちょっと心が温まりました。

 

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26

ツバメの巣立ちビナ

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26

エサをくわえたヒヨドリ

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26

倒木を片付ける人

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26

男性の相棒

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26

名古屋市野鳥生息調査 21 2020.5.26

大高斎田

 

 

 

 

 

 

5/20(水)、名古屋市野鳥生息調査のため氷上姉子神社に行ってきました。

午前8時半から約2時間調査して16種観察できました。

今回2羽のキビタキがまだ囀っていたので、山に行かずに神社の森で繁殖を

するかもしれません。

さらに今回は何と、いつもは鳴き声だけだったオオタカの写真が撮れました。

声はすれども姿は見れず、毎回もどかしい思いをしていましたが、今回は

何としても姿を見てやろうと粘って、樹幹の間から一瞬の間だけ見通せて

何とか写真を3枚撮ることができました。まだ若い個体のようです。

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20

ヒヨドリ

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20

オオタカ

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20

オオタカ

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.20

 

 

 

 

 

 

5/12(火)、名古屋市の野鳥生息調査のため氷上姉子神社へ行ってきました。

朝から少し暑い日の午前8時半から2時間調査して、17種を確認しました。

今回初めて夏羽のハクセレイを観察しました。それも境内の駐車場に止めてすぐ

でした。

そして、オオタカは確認できませんでしたがキビタキの囀りが聞け、数匹の

クロアゲハとアオスジアゲハが明るい林間を飛んでいるのも見かけました。

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.12

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.12

ハクセキレイ(夏羽)

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.12

カイツブリ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.12

ムクドリ

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.12名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.12

 

 

 

 

 

 

5/6(水)、5日に行きそびれてしまった氷上姉子神社の野鳥生息調査に行って

きました。

調査直前に小雨がぱらつき始めたので、本降りになったら調査を中止しようと

考えていましたが、午前中は曇りで持ち応えてくれたので無事終了できました。

午前7時45分から2時間調査して16種類を確認しました。

冬鳥のツグミはいませんでしたが、同じ冬鳥のシロハラがまだいました。

今回は、珍しい野鳥としてはキビタキ2羽とオオタカを確認できました。

キビタキは前回観察した付近にいましたが、オオタカは前回とはかなり離れた

場所で鳴いていました。広い縄張りを巡回しているようです。

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6

カワウとカイツブリ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6名古屋市野鳥生息調査 19 2020.5.6

 

 

 

 

4/25(土)、気になる鳴き声の正体をどうしても知りたくて、昨日に引き続いて

氷上姉子神社へ野鳥生息調査に行ってきました。

午前9時から午前11時半まで調査して19種類を確認しました。

囀りが聞こえる木の下で目を凝らすと、葉影から青い鳥が見えたのでオオルリと

分かり、急いで写真を撮りました。

またすぐ後に同じ木に飛んできた鳥は見るも鮮やかなキビタキでしたが、一瞬の

ことで写真は撮れませんでした。

そしてさらに今日のハイライトは、オオタカがすぐ近くの上空を5羽のムクドリに

追われながら、南へ飛んで行くのが観られましたことです。

数秒のことで双眼鏡で観たり写真を撮ったりする暇もなく、目で追うしかありません

でした。

遠くでキョロンキョロンキョローンと鳴いているのはクロツグミだろうか、、、。

この春の渡りの時期は調査回数を増やすと思いがけない野鳥に出会えます。

 

今日は、いつもはほとんど人に合わないような森の中の観察路で、小さな子供連れの

2組の家族に出会いました。

外出自粛が続く中、感染リスクの少ない神社の森での散歩を楽しんでいるようでした。

コロナ感染が収束して、マスクなしで自由に外出できるのはいつの日か、、、。

今は我慢のしどころですね。

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.4.25

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.4.25

オオルリ

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.4.25

オオルリ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.4.25

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.4.25

平野池

名古屋市野鳥生息調査 19 2020.4.25

カイツブリ 平野池

 

 

 

 

 

 

名古屋市の野鳥生息調査のため、氷上姉子神社に行ってきました。

午前8時20分から11時まで調査して、19種の野鳥を観察しました。

今回はオオタカの鳴き声と珍しいコマドリの囀りを聞きました。

オオタカの姿を何とか見ようと粘ったのですが、木の枝や葉が邪魔して見られません

でした。

オオタカは鳴き声ですぐ分かったのですが、コマドリの方は自信がなかったので囀りを

録音して帰り、YouTubeで鳴き声を確認して分かりました。

おそらく渡ってきたばかりで、山に移動する前に神社の森に立ち寄ったものと思われます。

もう一種類の鳴き声を聞いたのですが、録音がうまくできなかったので確認できず。

春の渡りの時期は思いがけない野鳥に出会うので、これからの調査が楽しみです。

 

名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24

名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24

シジュウカラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24名古屋市野鳥生息調査 18 2020.4.24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4/16(木)、名古屋市の野鳥生息調査のため氷上姉子神社行ってきました。

朝の午前8時ごろから2時間調査して、20種類を観察しました。

よく晴れた暖かいい日になり、ウイルス感染を心配することなく、マスクを

外して郊外の空気を思い切り吸ってきました。

今回、珍しくダイサギとアオサギを同時に観察し、またシメの群れ・7羽も

初観察しました。そして、そろそろシベリヤへ帰るはずの冬鳥のツグミと

シロハラもまだ観察されました。

タンポポの花は綿毛になり桜は散ってしまいましたが、ヤマブキやシャガが

咲いてきました。

観察される花や野鳥の種類の変化によって、季節が少しずつですが確実に

移ろっているのを実感します。

 

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

カワウ 平野池

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

カワウ 平野池

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

ダイサギ 平野池

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

ヤマブキ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

タンポポの綿毛

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

シャガ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16名古屋市野鳥生息調査 17 2020.4.16

 

 

 

 

 

4/6(月)、名古屋市野鳥生息調査に行ってきました。

天気は快晴、午前9時から11時まで観察して15種を確認しました。

風が強かったせいかカワウが低空を風に煽られながら編隊で飛んで行く姿や、

シロハラとムクドリが地上で餌を探す姿、上空のオオタカの声に驚いて地上の

ムクドリの群れが慌てて一斉に飛び立つ姿、モズが枝に止まってじっと獲物を

狙っている姿、メジロが桜の花の蜜を吸っている姿などの、自然の中の野鳥の

生態を観察することができました。

コロナ感染の心配から解放された癒しの2時間になりました。

 

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

シロハラ

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

ムクドリ

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

モズ

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

メジロ

名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6名古屋市野鳥生息調査 16 2020.4.6

 

 

 

 

 

 

3/30(月)、名古屋市野鳥生息状況調査のため、氷上姉子神社へ行ってきました。

午前8時40分から約2時間調査して17種を観察しました。

開始時は曇りで途中から小雨がぱらつく天気になりましたが、思ったより多くの野鳥を

観察でき、ツバメを初めて観察したり、ウグイスのさえずりのホー・ホケキョを聞いたり

できました。

さらに、カワウが編隊を組んで比較的低空を飛行していく様子を観察し、数羽から

20羽、30羽の編隊が何組もあり、観察総数446羽になりました。

朝一で飛び立ち、近くの河口で魚をたらふく食べた後の帰宅飛行だと思います。

 

コロナ感染拡大が報道される中、テレビで活躍中だった志村けんさんが新型肺炎で

亡くなってしまった。それも発症してからたった2週間で、、、。

年齢が近いので、コロナ感染がとても心配で死を身近に感じるようになりました。

そんな中、野鳥生息調査の観察順路では桜や菜の花などの春の花が咲いていて、

新型コロナウイルスに対する不安感をいっとき忘れ、新鮮な空気を思いっきり吸って

きました。

 

名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30

名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30

カイツブリ

名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30

カワウの編隊飛行

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30

名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30

キジバト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30名古屋市野鳥生息調査 14 2020.3.30

 

 

 

 

 

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930