野鳥

翡翠探し 65-4 3日目

(2015.04.10 1:00 AM)

3日目(4/6)も雨。

朝の8時半に市振海岸東に入り10時まで翡翠を探しましたが見つからず、代わり

にネフライトを拾いました。

次に須沢海岸へ行き2時間ほど翡翠を探したけれど、桃簾石を拾っただけでした。

その後、小滝のポポさんへ行き翡翠談義をしてから、午後2時に帰路につきました。

今回の翡翠紀行は風と雨にたたられたものになり、上質の翡翠の原石を拾うことも

購入することもできず、代わりに薄いピンクの桃簾石を買っただけに終わりました。

翡翠を取り巻く環境がだんだん厳しくなっているのを感じます。

 

市振海岸 東

市振海岸 東

ウミネコ 姫川河口

ウミネコ 姫川河口

ネフライトと桃簾石

ネフライトと桃簾石

姫川と小滝川の合流地点

姫川と小滝川の合流地点

小滝川 ポポさん前

小滝川 ポポさん前

小滝のポポさん

小滝のポポさん

 

 

 

 

3/30(月)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

午前8時半から10時半まで調査して20種を確認しました。

今回初めてウソの口笛を吹いているような鳴き声を聞きました。

ずっと以前の調査の時に元宮の桜の新芽を食べに来ているのを観察した

ことがありましたがそれ以来のことです。

クスノキの木に掛けた大きな巣でカラスが抱卵しているのを観察しました

が尾しか見えません。すぐ近くでハシボソガラスを見ているのでおそらく

ハシボソガラスでしょう。

周りの畑ではタンポポやオオイヌノフグリなどの野草が咲き、元宮の桜や

大高斎田の桜も咲き誇り、ツバメも飛び始めて春一色になりました。

去年の4月から名古屋市の依頼を受けて始めた調査も今回で終わりです。

この調査を通して1年間の野鳥の生息状態が分かっただけでなく、季節の

移り変わりを肌で感じられたことはとても貴重で得難い体験でした。

今までは野鳥の数も調査しなければならない緊張を要する調査でしたが、

これからは気が向いたときに来て、散歩しながら気楽に野鳥観察をしたい

と思います。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池

平野池地蔵菩薩

平野池地蔵菩薩

ハシボソガラス 氷上の森

ハシボソガラス

ハシボソガラスの巣 抱卵中

カラスの巣 抱卵中

ジョウビタキ 近くの畑

ジョウビタキ オス

近くの畑

近くの畑

ネコ 近くの畑

ネコ 近くの畑

野草の花 近くの畑

野草の花 近くの畑

本宮の桜 氷上の森

元宮の桜 氷上の森

大高斎田の桜

大高斎田の桜

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

ツバキの花 氷上姉子神社

ツバキの花 氷上姉子神社

 

3/26(木)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

午前8時半過ぎから10時半過ぎまで調査して18種類を確認しました。

調査終わりがけに森の中で見慣れぬ野鳥を一瞬見かけてたので、辛抱強く待って

再び現れた姿を確認したらアトリと判明しました。

ここの調査では初確認になります。

氷上姉子神社を含む周りは森も畑もすっかり春です。

名残り惜しいですが、去年の4月から始めたこの調査も3月いっぱいで終了します。

できたら月末に最後の調査をしたいと思っています。

 

氷上姉子神社氷上の森 氷上姉子神社近くの畑 氷上姉子神社近くの畑 氷上姉子神社近くの畑 氷上姉子神社大高斎田 氷上姉子神社

 

3/20(金)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

午前8時過ぎから10時過ぎまで、約2時間調査して22種類を確認しました。

すっかり春の陽気で、あちらこちらで梅や菜の花が咲き、畑のあぜにはツクシが

芽を出し、ウグイスののどかな鳴き声も聞こえてきます。

冬鳥はもういないと思っていましたが、少数のシロハラとツグミを観察しました。

彼らはいつ北国へ帰るのでしょうか。

氷上の森で猛禽類の食痕を見つけました。おそらくオオタカかノスリがヒヨドリ

を食べた後だと思います。

この森にも厳しい生存競争があり、猛禽類を頂点とした食物連鎖が成り立っている

ことの証です。

この辺りも大型のスーパーマーケットが次々とでき森や田畑が減っている中で、

この氷上姉子神社や氷上の森、近くの池や田畑を含む自然がこれ以上壊されない

ようにしたいものです。

 

カイツブリ 平野池

カイツブリ 平野池

菜の花 近くの畑

菜の花 近くの畑

桃の花 近くの畑

梅の花 近くの畑

ツクシ 近くの畑

ツクシ 近くの畑

梅の花 大高斎田

梅の花 大高斎田

アケビの花 氷上の森

アケビの花 氷上の森

シジュウカラ 近くの畑

シジュウカラ 近くの畑

ヤマガラ 氷上の森

ヤマガラ 氷上の森

猛禽類の食痕 氷上の森

猛禽類の食痕 氷上の森

 

 

 

 

3/7(土)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

曇りで時々小雨が降る中、午前8時過ぎから10時過ぎまで調査して

16種類を確認しました。

あいにくの曇りでも寒くはなく、すっかり春の陽気です。

畑の梅の花が満開で、メジロやヒヨドリの群れが花の蜜を吸いに集まり、

ウグイスも春の陽気に浮かれて、ホーホケキョと囀っていました。

その代わり、冬鳥のシロハラの姿を見かけませんでした。

北国のシベリヤに旅立ったのでしょうか。

 

満開の梅 近くの畑

満開の梅 近くの畑

ヒヨドリの群れ 近くの畑

ヒヨドリの群れ

芽吹き 近くの畑

芽吹き

コゲラ 氷上の森

コゲラ

新しくなった参道 氷上姉子神社

新しくなった参道    氷上姉子神社

平野池 氷上姉御神社

平野池

慣れてきたメジロ

(2015.03.07 1:00 AM)

最近、近寄ってもロジロが逃げなくなってきました。

特に朝一番のエサやりの時は、近くにいてもすぐに飛んできて夢中でみかんを

食べ出します。

おかげで、メジロのアップの写真が撮れるようになりました。

可愛い仕草に思わず笑みがこぼれ、心が癒されます。

 

メジロ 我が庭メジロ 我が庭メジロ 我が庭メジロ 我が庭メジロ 我が庭メジロ 我が庭

 

我が家にやってきているウグイスの姿をやっと写真に撮りました。

非常に警戒心が強いので、人の気配に敏感で滅多に姿が見られません。

ミカンにつられてやってきたところをなんとか写真に撮りましたが、下枝に隠れて

全体像は撮れませんでした。

いつかはミカンを食べるところを撮りたいです。

今はチャッチャッという地鳴きですが。もう少し温かくなったらホーホケキョと

囀るようになるでしょう。

 

ウグイス 我が家

ウグイス 我が家

ウグイス 我が家

ウグイス 我が家

メジロ 我が家

メジロ 我が家

2/23(月)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

夜来の雨も上がり、曇り空の温かい天気の中、午前8時半から10時半まで

調査して18種類を確認しました。

平野池では久しぶりにカワセミ(翡翠)の青い姿を見つけて写真を撮りました。

また、畑では梅が咲き、メジロやヒヨドリが蜜を吸いにやってきていました。

その他、羽繕いするヒヨドリと巣材を咥えたハシボソガラス、藪の中のシロハラ

の写真も撮ることができました。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池 氷上姉子神社

カワセミ 平野池

カワセミ 平野池

カワセミ 平野池

カワセミ 平野池

収穫後の白菜畑

収穫後の白菜畑

梅の花 近くの畑

梅の花 近くの畑

スイセンの花 近くの畑

スイセンの花 近くの畑

ヒヨドリ 氷上姉子神社

ヒヨドリ 氷上姉子神社

ハシボソガラス 近くの畑

ハシボソガラス 近くの畑

シロハラ 氷上の森

シロハラ 氷上の森

 

 

 

 

2/14(土)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

午前8時半から2時間調査して21種類を確認しました。

寒い朝で時々小雪がちらつく中を調査したので、双眼鏡と筆記用具を持つ手が

かじかんで感覚がなくなるほどでした。

80羽ほどのヒヨドリが集まって盛んに鳴き交わしていたので、ひょっとして猛禽類が

近くにいるのではないかと周りを探してみると、近くの枝にノスリが止まっていました。

ノスリを警戒して集団で防衛していたとわかりました。

また。平野池ではカルガモとカイツブリを、また近くの畑ではキジのオスを、氷上の森

ではアカゲラを観察することができました。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池

カルガモ 平野池

カルガモ 平野池

ジョウビタキ 近くの畑

ジョウビタキ 近くの畑

ノスリ 近くの畑

ノスリ 近くの畑

元宮 氷上の森

元宮 氷上の森

石碑 宮簀姫命宅跡 

石碑 宮簀姫命宅跡

 

 

 

メジロの夫婦

(2015.02.14 1:00 AM)

寒くて加工作業もままならず単調な日々が続く中、メジロが給仕したミカンを食べに

やってきて目を楽しませてくれます。

その中で夫婦でやってくるメジロがいて、仲良くミカンを食べる姿が微笑ましくて

なんとか写真を撮ろうと思っていましたが、やっと運良く撮れたので紹介します。

この冬を元気に乗り切って、春には繁殖してほしいものです。

 

メジロの夫婦 我が庭メジロの夫婦 我が庭

 

メジロの夫婦 我が庭メジロの夫婦 我が庭

冬の訪問者

(2015.02.08 1:00 AM)

寒さが厳しい冬は野鳥にとってはエサを見つけるのが大変らしく、庭木に

カキやミカンなどの果物を刺してやると。メジロやヒヨドリがすぐに見つけて

飛んできます。

食べるのに夢中なメジロは近寄っても逃げず、デジタルコンパクトカメラでも

なんとか大きく写せます。

厳しい自然の中で健気に生きる野鳥たちに、春までは果物をプレゼントして

やろうと思っています。

 

メジロ 我が家の庭メジロ 我が家の庭

 

メジロ 我が家の庭メジロ 我が家の庭

 

2/6(金)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

午前9時過ぎから10時過ぎまで、1時間調査して14種の野鳥を確認しました。

今回は種類も数も少なく猛禽類も観察できませんでした。

日の出がだんだんと早くなってきているので、調査開始の時間を早める必要が

ありそうです。しかし、寒いのでなかなか早く起きれません、、、、。

近くの畑では白菜が半分ほど収穫されていました。

そして、日当たりの良い場所にホトケノザが赤紫の花を咲かせていました。

立春を過ぎ、春は確実に近付いています。

 

近くの畑 氷上姉子神社

近くの畑

ホトケノザ 近くの畑 

ホトケノザ 近くの畑

白菜畑

白菜畑

ハシボソガラス 近くの畑

ハシボソガラス 近くの畑

大高斎田

大高斎田

元宮への入り口

元宮への入り口

 

 

 

1/25(日)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 を行いました。

午前9時過ぎから11時まで調査して17種を確認しました。

今回もオオタカのが氷上の森の上空を飛翔しているのを見つけ、その勇姿が

南へ遠ざかるのを双眼鏡で追い続けました。至福なひと時でした。

近くの畑では、キウイの果実がたわわに実っているのを見つけました。

果実の色が保護色になっていて遠くから見ると分かり難くなっています。

また、今まで成長を楽しみにしていた白菜がようやく収穫時期を迎え、丁寧に

摘み取られていました。

調査を終わって駐車場に戻ると、氷上姉子神社では左義長(どんどやき)の

跡片付けが行われていました。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池 釣り人

ジョウビタキ 雄 氷上姉御神社

ジョウビタキ 雄

近くの畑 白菜の収穫

近くの畑 白菜の収穫

キウイの果実 近くの畑

キウイの果実 近くの畑

キウイの果実 近くの畑

キウイの果実 近くの畑

氷上姉子神社

氷上姉子神社

 

 

 

 

 

1/16(金)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

午前9時半から約2時間調査して17種の野鳥を確認しました。

今回のハイライトはミサゴが4、5羽のカラスに追いかけられて北へ遁走していくところを

観察したことと、初めてオオタカを見たことです。

カラスが妙に鳴き交わしていると思っていたら、こちらに向かって1羽のオオタカが飛んで

きて氷上の森へ消えて行きました。

やっぱりこの辺りにやってきて狩りをしているようです。

なんとかしてオオタカの雄姿を写真に撮りたいものです。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池 氷上姉子神社

カワラヒワ 氷上の森

カワラヒワ 氷上の森

シジュウカラ 氷上の森

シジュウカラ 氷上の森

シロハラ 氷上の森

シロハラ 氷上の森

ハシボソガラス 近くの畑

ハシボソガラス 近くの畑

大高斎田 氷上姉子神社

大高斎田 氷上姉子神社

 

1/9(金)に今年初めての氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

午前9時過ぎから11時過ぎまで調査して、17種類を確認しました。

今回は平野池の上空を舞っているミサゴを見つけて写真を撮りました。

脚には大きな魚(フナかコイ)を掴んでいて東の方へ飛んで行きました。

多分この平野池で魚を獲ったと思われるので、もう少し早ければ魚を掴むところが

観察できたかも。

また近くの畑の上空ではノスリが舞っているのを見つけました。

「一富士二鷹三なすび」のタカを見たのだから、今年は良いことがありそうです。

帰りに氷上姉子神社に初詣をしてお守りを買ってきました。

 

平野池 氷上姉御神社

平野池

カワウ 平野池

カワウ 平野池

ミサゴ 平野池

ミサゴ 平野池

サシバ 近くの畑 氷上姉子神社

ノスリ 近くの畑

トラ猫 近くの畑

トラ猫 近くの畑

氷上姉子神社

氷上姉子神社

 

 

12/27(土)に今年最後の氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

風もない小春日和の天気で、午前8時半過ぎから10時過ぎまで気持ち良く

調査ができました。

今回は18種類を確認しましたが、タカの仲間のノスリを始めて観察しました。

前回見つけた猛禽類の食痕はノスリのものかもしれません。

珍しく、ミサゴが上空を河口の方へ飛んで行くのも見られました。

オオタカもやってきているはずなので凛とした雄姿を見たいものです。

ちなみに、氷上姉御神社にはオオタカの絵馬がたくさん奉納されているそう

なので、昔からこのあたりに棲み着いていたのかもしれません。

平野池ではカイツブリ、近くの畑ではジョウビタキの雄と雌を、氷上の森では

ルリビタキの雄とネズミモチの実を食べに来ているヒヨドリの大群を観察する

ことができました。

 

平野池 氷上姉御神社

平野池

柿の木 近くの畑 氷上姉御神社

柿の木 近くの畑

白菜 近くの畑

白菜 近くの畑

ルリビタキ 雄

ジョウビタキ 雄

ルリビタキ 雌

ジョウビタキ 雌

ネズミモチの実 氷上の森

ネズミモチの実 氷上の森

 

 

 

12/15(月)氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

小春日和のなか午前9時から11時まで調査して19種類を確認しました。

今まで鳴き声だけだったルリビタキを今回初めて視認しました。

ちらっと姿を見せただけで、すぐに藪の中に隠れてしまいました。

どうも用心深い個体のようです。

その代わり、ジョウビタキの写真が撮れました。ちょっと遠いですが

オレンジと黒がよく目立つオスです。

氷上の森では猛禽類の白い糞が落ちていたり、食べられたばかりの

ヒヨドリの羽が落ちていました。

過去の調査で確認しているオオタカやノスリが今年も来ているかもしれません。

 

平野池

平野池

お地蔵さんと猫

お地蔵さんと猫

ジョウビタキ

ジョウビタキ

ホオジロ

ホオジロ

食痕 ヒヨドリの羽

食痕 ヒヨドリの羽

ナンテンの赤い実

ナンテンの赤い実

 

 

 

 

12/7(日)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行き、午前9時20分から

11時まで調査して19種類を確認しました。

このところの寒波の影響で手帳とボールペンを持つ手が冷たくて、手袋が

必要になってきました。

釣り人のいない大野池には3羽のカイツブリがのんびりと泳いでいました。

ここで越冬するかもしれません。

ルリビタキの鳴き声をすぐ近くで聞きましたが、残念なから姿はあと一歩で

見逃しました。

今回イカルの鳴き声を聞きましたが、近くでカケスの声も聞いたので、カケスの

鳴きまねかも、、、。

駐車場に戻ったら、何かの団体さんが氷上姉子神社に来ていました。

この近くには織田軍と今川軍が戦った時の大高城や丸根砦、鷲津砦などが

あるので、史跡巡りの人たちかもしれません。

 

大野池

大野池

ハゼの実

ハゼの実

落ち葉

落ち葉

ハクセキレイ

ハクセキレイ

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

氷上姉子神社

 

天気の悪い日が続いて氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 ができませんでしたが、

11/30(日)の朝は天気が良かったので、11月最後の調査に出かけました。

開始が遅れましたが、午前10時半から2時間かけて調査し20種を確認しました。

今回初めてルリビタキの声を聞きましたが、残念ながら青色の可愛らしい姿は

見られませんでした。

嬉しいことに、平野池にはカイツブリが3羽戻っていました。

氷上の森の地面には落ち葉がいっぱい敷き詰められ、その中から一際鮮やかに

紅葉した幼木と青々とした葉を持つ幼木が並んで生えていました。

畑の白菜が青々と大きく成長して、もうすぐ収穫でしょうか。

 

カイツブリ 平野池

カイツブリ 平野池

落ち葉 氷上の森

落ち葉 氷上の森

幼木 氷上の森

幼木 氷上の森

近くの畑の紅葉

近くの畑の紅葉

青々とした白菜

青々とした白菜

大高斎田の紅葉

大高斎田の紅葉

 

 

11/20(木)の午前8時50分から2時間かけて、氷上姉子神社の

野鳥生息状況調査 を行い、19樹を確認しました。

今回初めて冬鳥のツグミとコガモを観察し、冬の到来を感じます。

近くの畑はほとんどが枯れた草で茶色くなっていましたが、白菜だけは

青々とした葉を元気に広げていました。

柿の実を食べにメジロやツグミが集まって熟れた実をつついていたり、

モズがけたたましく高鳴きしていたり、森の中ではヒヨドリやメジロが

騒がしく鳴き交わしていたり、晩秋の氷上姉御神社は思いの外賑やかです。

 

コガモ 平野池

コガモ 平野池

近くの畑

近くの畑

白菜畑

白菜畑

柿の実

柿の実

メジロ

メジロ

モズ

モズ

 

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031