野鳥

9/27(土)の午前9時から11時まで、氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 を行いました。

調査開始時間が遅れたためか12寿類を確認しただけでしたが、今回初めてエゾビタキと

コサメビタキを観察しました。

早いもので、もう旅鳥や夏鳥が南に渡っていく時期になりました。

牧野池の周りにススキが茂り、大高斎田の稲穂は垂れ下がり、近くの畑の柿の実が赤く

色づき、氷上の森ではドングリガ落ち、、、、季節はすっかり秋になりました。

 

エゾビタキ 氷上姉子神社

エゾビタキ 氷上姉子神社

平野池

平野池

大高斎田

大高斎田

近くの畑

近くの畑

近くの畑

近くの畑

ドングリ(クヌギの実)

ドングリ(クヌギの実)

ジョロウグモ

ジョロウグモ

ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタ

イボバッタ

イボバッタ

 

 

 

 

 

7/12(金)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

午前7時40分より9時まで調査して13種類を確認しました。

森は相変わらず鳥の鳴き声はほとんど聞こえなくて、コオロギなどの秋の虫の音が

よく聞こえ、時々ツクツクボウシの鳴き声も聞こえてきました。

今回のハイライトは何と言ってもミサゴが足で魚を捕まえて飛んでいるのを見た

ことです。(7月には1羽が北東へ飛んでいくのを見ています。)

秋晴れの頭上を滑空して南の方へ飛んでいくと、鉄塔に止まっていたらしい

もう1羽が寄ってきて、2匹で遠くの森の枝に止まりました。

この2羽は、おそらく番だと思います。

カラスが嫌がらせに集まってきたので、2羽でさらに南へ飛んでいってしまいました。

北東方向には藤前干潟や名古屋港があるので、そこで魚を捕ったかもしれません。

3分ほどの出来事でしたが、滅多に見られないショーでした。

大高斎田のイネは順調に生育して一斉に実をつけていました。

周りの土手にはヒガンバナが咲き始めていました。

秋分の日の前後一週間を秋の彼岸といい、ちょうどそのころに咲くのでヒガンバナとは

上手く名付けたものです。ちなみに今年の秋分の日は9月23日です。

 

平野池

平野池

近くの畑

近くの畑

近くの畑

近くの畑

ミサゴとカラス

ミサゴとカラス

大高斎田

大高斎田

ヒガンバナ

ヒガンバナ

9/4(木)、氷上姉子神社の野鳥生息状況調査に行ってきました。

小雨が降っていましたが傘をさすほどで無かったので、午前8時半から9時半まで

調査して、9種類の野鳥を確認しました。

野鳥の種類も数も少なかったですが、このところの雨で氷上の森には様々のキノコが

生えていて眼を楽しませてくれました。

食用になるものもあるのでしょうが、知識が無いのでキノコ狩りはやめておきました。

また、大高斎田は手入れがされていて、イネも花を咲かせていました。

季節が確実に移り変わっているのを感じます。

 

キノコ 氷上姉子神社キノコ 氷上姉子神社キノコ 氷上姉子神社キノコ 氷上姉子神社キノコ 氷上姉子神社ツユクサ 氷上姉子神社大高斎田 氷上姉子神社大高斎田 氷上姉子神社ツユクサ 氷上姉子神社

 

 

8/29(金)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 を行いました。

曇り空の下、午前8時10分から9時40分まで調査して11種類を確認しました。

平野池の水量がほとんど回復して、カイツブリとダイサギがエサを獲っていました。

カイツブリは若鳥なので近くの大きな池で繁殖したのかもしれません。

氷上の森では鳥の鳴き声がほとんどしなくて、クマゼミに代わってツクツクボウシが

鳴くばかり。そして、朽ちた木には色々なキノコが生えていました。

御斎田のイネもすくすくと成長して、もう少しで花が咲きそうでした。

あぜ道で三毛猫がくつろぎ、周りではツクツクボウシがのんびりと鳴き交わし、周りの

時間がゆったりと流れていました。

暑かった夏もしだいに終わりに近づいているようです。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池

カイツブリ 平野池

カイツブリ 平野池

ダイサギ 平野池

ダイサギ 平野池

御斎田 氷上姉子神社

御斎田 氷上姉子神社

ミケネコ 御斎田

ミケネコ 御斎田

キノコ 氷上の森

キノコ 氷上の森

 

 

 

 

 

 

 

8/21(木)、台風やらお盆やらで延び延びになっていた野鳥生息調査に行ってきました。

出発が遅れて、現地に8時半に到着して10時まで調査を行いました。

曇り日でしたが既に蒸し暑く、クマゼミとツクツクボウシが喧しく鳴き交わして野鳥の

声が聞き取り難いほどの中、何とか9種類を確認しました。

今までの確認数の半分ほどに減りました。

野鳥も木陰で休憩しているのか、もっと涼しい山林へ移動したのでしょうか。

平野池の水かさが少し増えていましたが、アオコが発生して一面緑色になっているなか、

コサギが小魚を獲っていました。

また、氷上の森では甲虫の仲間やタテハチョウの仲間が樹液を吸いに集まっていて、

子供の頃の昆虫採集を懐かしく思いだしました。

 

平野池 

平野池

コサギ

コサギ

近くの畑

近くの畑

御斎田

御斎田

カブトムシ ♀

カブトムシ ♀

カナブン

カナブン

コクワガタ メス

コクワガタ メス

サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲ

ルリタテハ

ルリタテハ

 

 

 

 

木曜日(7/24)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査に行ってきました。

朝から大変蒸し暑い日で、午前7時20分から8時40分まで調査して

14種類を確認しました。

全身汗びっしょりになり蚊除けの防虫スプレーが途中で効かなくなり、

何度もスプレーをしながらの調査でした。

平野池の水がまだ抜かれていて、そこにアオサギ、ダイサギ、コチドリが

エサを獲りにきていました。

神社近くの畑ではショウリョウバッタ(コメツキバッタ)を見つけ、さらに

境内ではカマキリとカブトムシも見つけました。

梅雨も開け、氷上姉子神社も夏真っ盛りです。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池 氷上姉子神社

アオサギ 平野池

アオサギ 平野池

ダイサギ 平野池

ダイサギ 平野池

ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタ

カマキリ

カマキリ

カブトムシ ♀

カブトムシ ♀

 

翡翠探し 56-3 2日目

(2014.07.24 1:00 AM)

2日目は、前夜からの豪雨もすっかりやんで清々しい朝でしたが、昼には

かなり暑くなってきました。

午前8時に市振の土日工房へ行き、出店の準備をしました。

9時前からお客さんの来店があり、連休の影響かいつもより盛況の翡翠市でした。

遠くからわざわざ翡翠市に来て頂いた方も多く、楽しく翡翠談義ができました。

同郷の名古屋から来られた方は、翡翠を身に着けていたらいいものが拾えるかも

しれないと言って圧砕翡翠の大珠を買われました。

実際、この後で鮮緑が入った圧砕翡翠を拾われたそうです。

翡翠は翡翠を呼ぶ、単なる偶然とは思えない出来事でした。

午後4時半に片付けを終わり、市振のTさんの翡翠販売店へ行き翡翠談義。

最後は、根知の古吹さん宅へ行き、夜遅くまで翡翠談義でした。

古吹さんは、翡翠を使って仏像彫刻を始められていました。

 

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

ホオジロ 市振

ホオジロ 市振

 

 

 

農道で  昨日(7/17)、氷上姉子神社の野鳥生息状況調査に行ってきました。

午前7時20分より9時まで調査して18種類を確認しました。

良く晴れて調査を始める頃には30℃ぐらいになっていて、汗だくの調査になりました。

平野池の水が抜かれていて、干潟のようになった所でアオサギやコサギ、コチドリ、

ハクセキレイがしきりにエサを探していました。

斎田のイネが成長して青々としてきました。定点観測をしていると成長の様子が

よく分かります。後3ヶ月もすれば黄金色の穂が実り収穫の時期を迎えます。

羽化に失敗して翅が歪んでしまったタマムシを見つけました。

どうやら氷上の森で繁殖している様です。

この前まで元気よく泣いていたキビタキの声が聞こえませんでした。

ここでの繁殖を諦めて、もっと山奥の涼しい森へ移動したのかもしれません。

 

平野池

平野池

平野池

平野池

左 ・アオサギ 右 ・コサギ 平野池

左アオサギ 右コサギ 平野池

 

 

氷上姉子神社

氷上姉子神社

斎田 氷上姉子神社

斎田 氷上姉子神社

タマムシ 氷上姉子神社

タマムシ

 

しばらく雨が続き生息調査が延び延びになっていたので、朝方晴れていた昨日、

調査に行ってきました。

午前6時50分から9時まで調査して、17種類を確認しました。

今回初めて猛禽類を見ました。遠くの上空を待っていたのではっきりと見えません

でしたがオオタカの様です。

キビタキは番がまだいるので繁殖するかも、、、、楽しみです。

残念ながら、カイツブリの番を最近見かけなくなり心配です。

                                    ・

氷上姉子神社

氷上姉子神社

カメ 平野池 氷上姉子神社

カメ 平野池

カンナ 氷上姉子神社

カンナ

エノコログサ 氷上姉子神社

エノコログサ

クロアゲハ 氷上姉子神社

クロアゲハ

ツユクサ 氷上姉子神社

ツユクサ

ヤブミョウガ 氷上姉子神社

ヤブミョウガ

シオカラトンボ 氷上姉子神社

シオカラトンボ

 

6月はまだ2回しか調査していないので、最終日の昨日行ってきました。

午前7時15分から9時まで調査して17種を確認しました。

メジロとシジュウカラ、エナガ、コゲラの混群に出会って、しばらく

あちらこちらと飛び移ってエサを探している様子を眺めていました。

鳴き交わす声に混じってコゲラが木をつつく音が聞こえてきます。

キビタキのペアがまだいるので、ここで繁殖しないかと期待しています。

朝の調査でもかなり暑かったので、7、8月の調査が思いやられます。

 

氷上姉子神社

氷上姉子神社

コゲラ 氷上姉子神社

コゲラ

コゲラ 氷上姉子神社

コゲラ

近くの畑 氷上姉子神社

近くの畑

カワラヒワ 氷上姉子神社

カワラヒワ

カワラヒワ 氷上姉子神社

カワラヒワ

アオスジアゲハ 氷上姉子神社

アオスジアゲハ

大高斎田 氷上姉子神社

大高斎田

ハクセキレイ 氷上姉子神社

ハクセキレイ

月曜日(6/23)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 を行いました。

午前7時20分より9時20分まで調査し、15種類を確認しました。

渡りの途中の夏鳥が奥山へ移動していき、観察される種類数が減ってきて

氷上の森も寂しくなります。

キビタキはまだ鳴いていましたが、サンコウチョウは観察されませんでした。

今回、コゲラの撮影に何とか成功しました。

日曜日にお田植え祭があったらしく、御神田(熱田神宮大高斎田)には苗が

植えられていました。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池

近くの畑

近くの畑

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン

護神田(大高斎田)

御神田(大高斎田)

護神田(大高斎田)

御神田(大高斎田)

ホタルガ

ホタルガ

コゲラ

コゲラ

ハシブトガラス

ハシブトガラス

ハクセキレイ

ハクセキレイ

 

昨日(6?8)、8回目の氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行きました。

久しぶりの晴の日の午前6時50分から7時40分まで調査して、19種を確認しました。

今回やっと疑問が1つ解決しました。

それは、ヒィーヒィーヒィーと鳴いていた鳥を視認してキビタキのメスだと判明した

ことです。

幸運にも、メスがオスから求愛給餌を受けた瞬間を観察しました。

さらに、今まで撮れなかったオスの写真も撮れました。

意外にも、胸と腹の派手なオレンジ色は森の中の暗い場所では全く目立ちません。

サンコウチョウが近くで鳴いていましたが、枝から枝へ移動する姿がらっと見えた

だけてした。

山の森に行ってしまう前に、何とか写真を撮りたいと思っています。

 

牧野池

牧野池

カイツブリ 牧野池

カイツブリ 牧野池

ハクセキレイの親子 御神田

ハクセキレイの親子   御神田

キビタキ 氷上姉子神社

キビタキ 氷上姉子神社

キビタキ 氷上姉子神社

キビタキ 氷上姉子神社

タマムシ 氷上姉子神社

タマムシ 氷上姉子神社

 

 

翡翠探し 54-2 1日目

(2014.06.03 1:05 AM)

1日目(5/30)は途中の仮眠が長くなり、糸魚川に着いたのが午前10時頃に

なってしまいました。

既に気温が上がっているので海岸は諦めて青海川へ行きました。

その途中、目の前をイノシシの親子が急に横断してびっくりしました。

縞々模様のウリボウが4匹いました。

青海川で午前10時半から午後1時まで翡翠を探して、何とか黒翡翠を3個拾い

ました。残念ながら、奇麗なものでありません。

しかし、ホトトギスやウグイス、カジカガエルの鳴き声を聞きながらの翡翠探しは

結構楽しいものです。

後は2時半にヒスイ原石館へ行って、いつものように閉館まで翡翠談義でした。

久しぶりにミエスケさんに会って、採れたての大小10個ほどの翡翠原石を見せて

もらいました。

 

イノシシの親子 青海町

イノシシの親子 青海町

イノシシの親子 青海町

イノシシの親子 青海町

青海川

青海川

青海川

青海川

青海川の成果

青海川の成果

ヤブテマリ 青海川

ヤブテマリ 青海川

ミヤマカラスアゲハ 青海川

ミヤマカラスアゲハ            青海川

キセキレイ 青海川

キセキレイ 青海川

上質白翡翠 ヒスイ原石館

上質白翡翠 ヒスイ原石館

 

5/29(木)の午前7時15分から10時半まで5月最後の野鳥生息調査に行ってきました。

今回は19種を観察し、その中で初めてエナガとヤマガラ、サンコウチョウを確認しました。

聞き慣れぬ鳴き声を聞いたので、鳴き声を何度も聞いたり録音して後で調べたりして

サンコウチョウと同定しました。

サンコウチョウはかなり以前の調査でも視認したことがあります。

これら以外にもう一種類、聞き慣れない鳴き声で種類を特定できない個体がいたので

鳴き声を録音しておきました。

なんとか種類を調べたいと思っています。

平野池ではアオコが発生して水面が緑色に変わっていました。

こんな状態でカイツブリやカワセミは上手く魚が捕れるのでしょうか、、、。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5/30(金)から6/!(日)の予定で、糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

報告は帰ってからしますのでお楽しみに。

 

案内板 氷上姉子神社

案内板 氷上姉子神社

お地蔵さん 平野池

お地蔵さん 平野池

アオコが発生した平野池

アオコが発生した平野池

氷上山南の畑

氷上山南の畑

カワラヒワ 氷上山南の畑

カワラヒワ 氷上山南の畑

 

 

 

 

 

 

 

 

5/22(木)、氷上姉子神社へ野鳥生息状況調査 に行ってきました。

少し出遅れて開始が午前8時20分、終了が9時50分です。

合計16種を観察しましたが、少しずつ種類数が減ってきています。

この森で群れで冬を過ごした野鳥たちが北へ渡っていったり、もっと山奥へ移動したり

しているのでしょうか。

今回、新しくメボソムシクイを観察。「ゼニトリ、ゼニトリ」と鳴いていました。

近くの平野池ではいつもの番のカイツブリが仲良く泳いだり潜ったりしている姿が観察

されました。

産卵行動でしょうか、何百匹ものヘラブナが群がって泳いでいました。

 

氷上姉子神社

氷上姉子神社

御神田 氷上姉子神社

御神田 氷上姉子神社

カイツブリ 平野池

カイツブリ 平野池

ヘラブナの群れ 平野池

ヘラブナの群れ 平野池

ハクセキレイ

ハクセキレイ

ヒメアカタテハ

ヒメアカタテハ

シオカラトンボ ♀

シオカラトンボ ♀

タケノコ

タケノコ

ビワの実

ビワの実

 

 

5/16(金)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

午前6時50分より開始して約1時間半の間に19種を観察しました。

今回はカメラを忘れて写真が撮れませんでしたので、観察した野鳥の種類を

観察数の多い順に紹介します。

ヒヨドリ  スズメ  カワウ   ムクドリ  メジロ  ツバメ カワラヒワ

ドバト  キジバト  カイツブリ ハクセキレイ  ハシブトガラス

ハシボソガラス  コゲラ  キビタキ  ホオジロ  シジュウカラ

コサギ  コアジサシ

冬鳥のツグミ、シロハラは北へ旅立って行き観察されませんでした。

野鳥は繁殖活動に入っているらしく、ムクドリが巣材をくわえて飛んでいました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

勾玉 大珠 翡翠5/17(土)から5/19(月)まで糸魚川へ

翡翠探しに行ってきます。

5/18(日)は市振の翡翠市で勾玉や大珠

を販売します。

今回は入りコン沢の青翡翠の作品を多数

販売しますので、興味のある方はぜひ

お立ち寄りください。

 

 

 

翡翠探し 52-2 3日目

(2014.05.14 1:00 AM)

3日目(5/11)は午前6時に市振海岸へ。

良く晴れて海風が心地良い中を、釣り人の間を縫って翡翠を探したが見つからず、薬石や

メノウを拾いました。

帰りぎわに人慣れした2匹のネコが餌をねだってきたので、パンとチーズタラをちぎって

やったら、けんかもせず仲良く食べていました。

ここで2時間ほど翡翠を探して宮﨑海岸へ移動し、翡翠は拾わず駅前の翡翠販売店で翡翠談義。

長野の翡翠ハンターさんと会いましたが、成果はないとのことでした。

この後、糸魚川へ移動して10時半頃に王国館の翡翠の即売会場へ行き、昨日見落としていた

上質翡翠を見ました。

姫川で採取されたもので、透明度が高く透過光が明るい緑色のすばらしい翡翠でした。

最近は翡翠が拾えないとは言うけれど、これを見るとまた姫川に通いたくなりますね。

翡翠を十分堪能して、午後1時半には帰路に就きました。

今回は翡翠拾いの成果は散々でしたが、翡翠の即売会場で沢山の翡翠を見たので満足できる

翡翠紀行になりました。

 

早朝の市振海岸

早朝の市振海岸

市振海岸の成果

市振海岸の成果

ウミネコ 市振海岸

ウミネコ 市振海岸

ネコ 市振海岸

ネコ 市振海岸

翡翠即売会場

翡翠即売会場

上質翡翠の透過光

上質翡翠の透過光

 

 

 

5/4(日)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

今回は少し早めの午前7時から初めて9時20分まで調査して、合計23種類の野鳥を

確認しました。

4月、5月は夏鳥が渡ってくる季節で、今回は新しくコアジサシとエゾムシクイを

観察しました。

クロツグミがさえずっていたような気がしましたが、シロハラも渡り前にさえずる

そうなので確認しなければなりません。

平野池に番のカイツブリが居着いているので、これまで通り繁殖してほしいです。

 

桐の花 氷上姉子神社の野鳥生息状況調査

桐の花

ハシボソガラス 氷上姉子神社の野鳥生息状況調査

ハシボソガラス

ホオジロ 氷上姉子神社の野鳥生息状況調査

ホオジロ

カイツブリ 氷上姉子神社の野鳥生息状況調査

カイツブリ

ナミアゲハ 氷上姉子神社の野鳥生息状況調査

ナミアゲハ

ナナホシテントウ 氷上姉子神社の野鳥生息状況調査

ナナホシテントウ

 

 

 

 

 

4/23(水)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査 に行ってきました。

午前8時半から2時間の間に25種を確認しました。

春は南から夏鳥が渡ってくる時期で、今回の調査でキビタキが観察されました。

さえずっている姿を木の葉の隙間からなんとか確認できましたが、写真に撮ることは

できませんでした。黄色とオレンジ、黒の小さくて奇麗な野鳥です。

ケリが繁殖活動に入っているらしく、4羽がけたたましく鳴きながらカラスを

追いかけて上空を舞っていました。

平野池では番と思われる2羽のカイツブリを観察しました。

 

氷上姉子神社 野鳥生息状況調査

氷上姉子神社

平野池 氷上姉子神社 野鳥生息状況調査

平野池

カイツブリ 平野池 氷上姉子神社野鳥生息状況調査

カイツブリ

サンショウクイ 氷上姉子神社野鳥生息状況調査

サンショウクイ

アオサギ 氷上姉子神社野鳥生息状況調査

アオサギ

ヤグルマソウ 氷上姉子神社野鳥生息状況調査

ヤグルマギク

 

4/16(水)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査を行いました。

午前8時25分から2時間の間に20種を確認。

開始時間が前回より1時間遅かったので、ヒヨドリの数と神社の上空を通過する

カワウの数が減りました。

やっぱり早朝に調査をすべきかな、、、。

森の中では、メジロの群れが枝から枝へと虫を食べながら移動していました。

平野池では一羽カワセミが飛ぶのを見ました。住み着いているかもしれません。

冬鳥のツグミとシロハラがまだ観察されましたが、何時北へ旅立つのでしょうか。

畑では強面のオスの野良猫を見つけて呼んでみましたが完全に無視されました。

 

氷上姉子神社 野鳥生息状況調査氷上姉子神社 野鳥生息状況調査氷上姉子神社 野鳥生息状況調査氷上姉子神社 野鳥生息状況調査氷上姉子神社 野鳥生息状況調査氷上姉子神社 野鳥生息状況調査

ツグミ 氷上姉子神社 野鳥生息状況調査

ツグミ

ハクセキレイ 氷上姉子神社 野鳥生息状況調査

ハクセキレイ

野良猫♂ 氷上姉子神社 野鳥生息状況調査

野良猫♂

 

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930