その他

カモシカ?に出会った

(2011.02.13 2:00 AM)

翡翠探しの2日目・6日の日に小滝のお土産屋さんに行った時、

店の人が小滝川の対岸にカモシカ?がいると教えてくれた。

対岸を見ると、白い雪の中に黒い点が動いている。

さっそくリコーのコンパクトカメラを出して望遠撮影。これは手軽で便利だ。

大きな角があるカモシカ?だ。警戒してこちらを見た。

カモシカ?は木の枝をかみはじめた。木の皮や木の芽を食べているのだろう。

冬は、野生動物にとっては厳しい季節なのだ。

写真を撮った時はこのシカをカモシカと思い込んだが、

どうも角や毛並みがカモシカとは違うようだ。

ヒスイ786さんに指摘されて 詳しく調べたところ、ニホンジカのようです。訂正します。

雪の小滝川

雪の小滝川

カモシカ

対岸のカモシカ?

カモシカ

枝を食べるカモシカ?

カモシカ

カモシカカモシカカモシカカモシカカモシカ

雪が降った

(2011.02.12 2:00 AM)

金曜日、この冬2回目の大雪。外に出て見たら真っ白だ。

玄関先にキジバトが来ていた。エサを探しているようなので

パンを撒いてやったら、驚いて逃げてしまった。

メジロには八朔という大型のミカンを与えてやった。

八朔は初めてなので警戒するかと思ったが、そんなことも無くすぐに食べ始めた。

ナンテンやクロガネモチの実も食べ尽くされてしまった。

ヒヨドリはこれから何を食べるのかな。おそらく近所のピラカンサの実だろう。

ナンテン

実を食べられたナンテン

キジバト

エサを探すキジバト

サザンカ

元気なサザンカの花

メジロ

雪中のメジロ

メジロ

バナナを食べるメジロ

メジロ

八朔を食べるメジロ

メジロ

警戒するメジロ

ヒヨドリ

雪中のヒヨドリ

ツバキ

耐えるツバキのつぼみ

翡翠探し 1-3 2日目

(2011.02.10 2:00 AM)

朝一番に市振海岸に行く。天気は薄曇り、波は穏やかな方だ。

自分以外に誰もいない。波が穏やかなので他の人は拾わないのだろう。

やっぱり収穫なし。早々に場所替えをしようと、東の糸魚川方面にへ移動。

久しぶりにラベンダービーチに入る。小石の浜が長く広がる海岸だが収穫はなし。

ここでは、あまり拾ったことがない。自分だけか ?

次に須沢に移動して、やっと白い翡翠小1個を見つける。

昼過ぎにまちの駅・糸魚川ぷらっとに行き翡翠談義。

大糸線の写真展開催中だった。旧車両の懐古写真展だ。

糸魚川市街の雪はほとんど融けていた。

この様子なら小滝も行けると思って、小滝のお土産屋さん・ポポへ。

途中の道路脇の積雪は多かったが道路上の雪はなし。

到着したとき、店のひとが川の対岸にカモシカがいることを知らせてくれた。

さっそく望遠で撮影。コンパクトカメラもなかなか便利だ。

カモシカに満喫したあと翡翠談義をして、翡翠加工用の緑とラベンダーの翡翠を購入する。

**訂正** このシカはカモシカではなくニホンジカでした。

市振海岸

早朝の市振海岸

ラベンダービーチ

ラベンダービーチ

ラベンダービーチ

ビーチの奴奈川姫像

糸魚川市街

糸魚川市街・まちの駅

まちの駅・糸魚川ぷらっと

まちの駅・糸魚川ぷらっと

カモシカ

雪中のカモシカ?

糸魚川駅

夜の糸魚川駅

夜の駅前通り

夜の駅前通り

夜の駅前通り

夜の駅前通り

最後の1つ

(2011.01.18 2:00 AM)

月曜日の朝は、昨夜からの雪で真っ白でした。

そんななか、我が家のミカンの実も、とうとう最後の1つになりました。

メジロやウグイス、ヒヨドリなどの野鳥のためにミカンを給餌してやろうと考えています。

ミカンを半分に切って木の枝にさしておくだけです。さしずめタイガーマスクの伊達直人かな。

ヒヨドリは今のところ、庭のクロガネモチの赤い実を食べにやってきます。

そのうちに食べ尽くすでしょうが、その後は何を食べるのかな。

畑の野菜を食べるところを見たことがあるけど、、、、、、。

ミカンの実

雪の中のミカン

ミカンの実

最後の1つ

ヒヨドリ

警戒するヒヨドリ

ヒヨドリ

クロガネモチとヒヨドリ

ヒヨドリ

クロガネモチとヒヨドリ

サザンカの花

雪をまとうサザンカの花

冬の鮮紅 2

(2011.01.17 2:00 AM)

めっきり寒くなりました。

北陸は大雪のようですが、日曜日には名古屋でも珍しく雪が降りました。

雪景色の中、真っ赤な実を撮影しました。

ナンテンの実とマンリョウの実です。

ナンテンは、昔は難転、つまり難を転ずる魔除けの縁起木として庭に植えられました。

今はそんなことを信じる人も少なくなり、ほとんど見かけません。

小学生の頃、ナンテンの赤い実を松や菊、コケなどと組み合わせて

正月飾りを作った記憶があります。

ともあれ、雪景色の中の鮮紅はよく目立ちますね。

いずれ野鳥が食べにきて、赤い実は1日で無くなるでしょう。

ナンテンの実

ナンテンの実

ナンテンの実

ナンテンの実

ナンテンの実

雪中のナンテンの赤い実

マンリョウの実

マンリョウの実

マンリョウの実

マンリョウの実

サザンカの花

雪中のサザンカの赤い花


冬の鮮紅

(2011.01.04 12:00 AM)

花の少ない冬の庭に驚きの鮮やかな赤。

ムサシアブミの実とサザンカの花です。

自然の色はすばらしい !

元気を分けてもらいましょう。

ムサシアブミ

ムサシアブミの実

ムサシアブミ

ムサシアブミの実

ムサシアブミ

ムサシアブミの実

サザンカ

サザンカの花

サザンカ

サザンカの花

サザンカ

サザンカの花

骨董市の翡翠

(2010.12.29 7:40 AM)

昨日(28日)、久しぶりに大須観音で開かれる骨董市に行ってきた。

毎月18日と28日に開かれる市です。

中国の骨董品として翡翠製品があると思って行ったのですが。

あるにはあったけれど、どうも偽物のようでがっかりだ。掘り出し物なんて滅多に無いのだ。

帰りに、コメ兵に中古カメラを見に入ったら、ジッツオの三脚(雲台なし)の中古品があったので

思わず買ってしまった。

3時頃、お腹がすいたので八場とんでミソカツ定食を食べてから帰る。

ここのミソカツはよくテレビで紹介されている店で、昼頃は行列ができていました。

大須商店街

大須商店街 

大須商店街

大須観音 骨董市

大須観音 骨董市

大須観音 骨董市

大須観音 骨董市

大須観音 骨董品

大須観音 骨董市

大須観音 骨董品

矢場とん

矢場とん ミソカツ定食 

薬石たちの顔

(2010.12.25 12:05 AM)

この石は糸魚川に翡翠探しに行って、あまり収穫がない時に拾っている石で、

地元の人は薬石と言っています。今回の翡翠探しでも拾ってきました。

火山岩の一種の流紋岩で、火山ガスが抜けた小さな空洞がいっぱい開いています。

独特の模様があり、表情が豊かで面白い石です。濡らすと模様が浮き出ます。

この石の湯飲みでお茶を飲むとおいしくなるそうです。

また、風呂に入れると健康に良いと言われています。

やってみる価値はあるかも。

薬石

濡らす前

薬石

濡らした後

薬石

山々? 顔?

薬石

やっぱり顔?

薬石

これは何に見えるかな?

海岸の小石

薬石はどれだ

ピンクの翡翠 ?

(2010.11.03 8:49 AM)

残念ながら、翡翠ではありません。 桃れん石(桃簾石)です。

地元の人はピンク翡翠と言います。

やさしいピンク色というかトキ色で、 上品な色気がありますね。

最近は、なかなか拾えません。

2枚目の写真の上の石で握りこぶし大です。

桃簾石桃簾石

桃簾石

17 / 17« 先頭...10...1314151617

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30