2011年 1月

百花繚乱 ! その3

(2011.01.11 2:00 AM)

 新春洋蘭展の紹介も今日が最後です。

洋蘭の奥深さを味わっていただけましたか?

私もかっては洋蘭の豪華さに魅かれて栽培したことがありましたが 、

温室が無くて温度管理がうまくできず枯らしてしまったので、

今はシンビジュウムとカトレアの数鉢しか栽培していません。

、、、と言う訳で、現在は東洋蘭にしぼって栽培しています。

新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館

百花繚乱 ! その2

(2011.01.10 2:00 AM)

 百花繚乱の再開です。

ウィキペディアによると洋ラン(ようラン)は、鑑賞目的で栽培される、

主として熱帯起源のラン科植物及びその交配品種のこと。

その趣味が欧米経由で日本に入ったことから、この名がある。

おおむね、大輪で派手な花をもってよしとする。」

また、「カトレヤ・パフィオペディルム・デンドロビウム・シンビディウムの四属が有名で、

これらを四大洋ランと言うこともある。近年はコチョウランとバンダも普及が進んでいる。」

とあります。

まあ難しいことはさておいて、色とりどりの花をご覧ください。

今回の画像はあまり接写していないものです。

新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館 新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館

新春杭州寒蘭展in浜松

(2011.01.09 2:00 AM)

土曜日に浜松で開催されている新春杭州寒蘭展に行ってきました。

東名高速を東に走るのは久しぶりだ。太陽がまぶしい。

浜松と言えば「うなぎパイ」と言うことでさっそく浜名湖SAで購入。

去年行っただけなので迷ってしまったが、何とか会場の「あい川」に到着。

今年は全般に遅咲きなのでまだ多くの杭州寒蘭が展示されていた。

展示即売品もあったが、良いなと思った物は高い。

せっかく見に来たので、つぼみが開きかけの安い蘭を購入したら、

名古屋に向かっている途中につぼみが2つ開花した。悪い花ではない。

洋蘭に比べて派手さは無りませんが、凛として落ち着いた雰囲気がありますね。

百花繚乱は明日から再投稿。お楽しみに。

新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松 新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松新春杭州寒蘭展 浜松

百花繚乱 ! その1 

(2011.01.08 2:00 AM)

 昨日金曜日、名古屋古書会館の古書即売会に行ってから新春洋蘭展に行ってきました。

場所は大須の北東にあるランの館。

入場料は700円とちょっと高め。そのかわり、入場券が館内の飲食店で500円として使えます。

館内は名古屋愛蘭会の人たちが育成した洋蘭が所狭しと展示してあり、展示即売もやっていました。

色々な種類があり、色も形もそれぞれに違って百花繚乱、豪華絢爛 !

リコーのデジタルカメラで超接写 !      3回に分けてお楽しみください。

新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館新春洋蘭展 ランの館


翡翠で紙を切る ?

(2011.01.07 2:00 AM)

翡翠加工をした時に出た薄い端材を見て考えた。

もっと薄くしたら紙が切れるかも。

そうしたらペーパーナイフができると。

さっそく形を作って刃をできるだけ薄くした。

あまり薄いと刃が折れたり欠けたりするので、ある程度の薄さの刃に波形の切れ込みを入れた。

いわゆるセレーション・波刃だ。

封筒の折れ目を切ってみたら難なく切れる。

幸いヒビが少ないので、これなら開封用のペーパーナイフになりそうである。

全長  :  77mm           刃長  :   約30mm

翡翠のペーパーナイフ

野性的で切れそう

翡翠のペーパーナイフ

裏側 凄みがある 

翡翠のペーパーナイフ

セレーション・波刃

翡翠のペーパーナイフ

封筒もごらんのとおり

翡翠のペーパーナイフ

ベーパーナイフ完成

翡翠のペーパーナイフ

加工を待つ翡翠たちと

5日の夜にようやく完成 !

今回は、荒磨きの400番の研磨を丁寧にやった結果、その後の中磨き、

仕上げ磨きが順調に行った。

磨き残しや小さなキズが順調に消えて、磨き戻しがほとんどなし。

ラベンダー翡翠は透明感がありませんが、良い艶が出ました。

緑の翡翠は透明感もあり、艶もよく出ました。

勾玉は色はいまいちですが、艶は一番良く出ています。

今年こそは、色も石質も最高の原石・ロウカン翡翠で勾玉を作ってみたい 。

*  今日の昼に野外で撮影した画像を追加しました。

糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉糸魚川翡翠 勾玉

4日より仕事始めのつもりで翡翠加工を始めました。

形の修正をしてからルーターで穴を開けました。

やっぱり、眼が開くと引き締まると同時に、かわいく愛らしくなります。

この後は、さらに形を整えつつ研磨していきます。

どうなっていくか、お楽しみに。

勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠勾玉 大珠






冬の鮮紅

(2011.01.04 12:00 AM)

花の少ない冬の庭に驚きの鮮やかな赤。

ムサシアブミの実とサザンカの花です。

自然の色はすばらしい !

元気を分けてもらいましょう。

ムサシアブミ

ムサシアブミの実

ムサシアブミ

ムサシアブミの実

ムサシアブミ

ムサシアブミの実

サザンカ

サザンカの花

サザンカ

サザンカの花

サザンカ

サザンカの花

ミカンに穴が !

(2011.01.03 1:00 AM)

我が家のミカンの木にミカンがまだ五個ほどついています。

最近そのミカンに穴があき始めました。

犯人はメジロです。

柿の実を食べ尽くして無くなったので、ミカンを食べだしたという訳です。

メジロも生きるために必死なのだ。

なかなか近づけないですが、なんとか写真を撮りたいと思っています。

ミカン

穴の開いたミカン

ミカン

穴の開いたミカン

カキ

カキをつつくメジロ

春を待つ蘭たち

(2011.01.02 2:00 AM)

春蘭に花芽が付いているのは前から解っていましたが、先日蘭舍の蘭を見たら

中国蘭に花芽が出ているのに気がつき、さつそく玄関脇に移動しました。

最近人気が出てきた蓮弁蘭と豆弁蘭です。

まだ日本に来たばかりなのと木が小さいので、花芽は無理かと思っていたので喜んでいます。

杭州寒蘭もまだまだ元気に咲いています。

また、カトレアのブルーリボンのつぼみも少し大きくなってきました。

蘭たちはしっかりと準備をして、来る春を待ち望んでいるようです。

豆弁蘭

蓮弁蘭 剣陽蝶の花芽

豆弁蘭

蓮弁蘭 無名 

豆弁蘭

豆弁蘭 無名

豆弁蘭

豆弁蘭 無名

杭州寒蘭

杭州寒蘭 独特の赤色

杭州寒蘭

杭州寒蘭 赤紫色のスジが鮮やか

新年、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

今年も健康であり、安全に翡翠探しができることを願っています。

名古屋の一日は、晴天で穏やかな日になりました。

新年の勾玉たちも喜び輝いているようです。

翡翠の勾玉翡翠の勾玉翡翠の勾玉翡翠の勾玉翡翠の勾玉

カレンダー

2011年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031