2011年 2月

翡翠加工 5-1 切り抜き

(2011.02.28 2:00 AM)

以前に切断したラベンダー翡翠を使って勾玉や大珠を製作していく。

このラベンダー翡翠は色が薄くて一見目立たないが、透過光が奇麗なものだ。

翡翠の板にマジックでだいたいの形を描き、バンドソーで切り抜いた。

厚さをできるだけ薄くして作品を作るつもりだが、よく見てみると石目や斑が入っているので、

これを避けて加工していくと描いた形よりもかなり小さな作品になるだろう。

ラベンダー翡翠

ラベンダー翡翠

ラベンダー翡翠

大珠と勾玉

ラベンダー翡翠

目立つ石目・さび入り

 

やっと咲いた中国蘭

(2011.02.27 2:00 AM)

つぼみの状態が長く続いた中国蘭がやっと咲いた。

このところの春の陽気に浮かれ出したのだろう。

蓮弁蘭の剣陽蝶の花はかわいくて愛嬌のある花だ。

蓮弁蘭の白花素心は、ふっくらとした白弁に濁りのない緑のスジが入り、

舌も白一色でとても清楚な花だ。

もう一方の蓮弁蘭は、緑のスジが入った白弁に舌の紅点が 映えて、色気のある花だ。

最後の豆弁蘭は、花弁や舌に入った緑のスジが目立つ素心で、葉にも黄覆輪が入る二芸品である。

蓮弁蘭 剣陽蝶

蓮弁蘭 剣陽蝶

蓮弁蘭

蓮弁蘭 白花素心

蓮弁蘭

蓮弁蘭 白花素心アップ

蓮弁蘭

蓮弁蘭 

豆弁蘭 

豆弁蘭 素心

豆弁蘭 

豆弁蘭 素心アップ

 

翡翠探し 2-4 3日目

(2011.02.26 2:00 AM)

火曜日も晴天。春のような陽気だった。

朝一番に市振海岸で小さな薄い緑の翡翠を拾う。

次に滅多に行かない天険の海岸へ。

ここで、上質の緑翡翠と鮮やかなピンク色の桃簾石を拾う。

最後の日にやっと運が回って来たようだ。

海岸のテトラに岩のりを見つけて、海水でさっそく食べてみた。

うまい !      歯ごたえがあり、かめばかむほどうまみが出てくる。

今度行くとき、採集道具を持っていって岩のりを採ってやろう。

購入した白翡翠を切断してもらうために、国道148号線沿いの

翡翠加工と販売の専門店・「翡翠の宿」へ。

中には糸魚川とミャンマーの翡翠原石や彫刻品が所狭しと展示・販売してある。

その中に、ひときわ大きな糸魚川翡翠の原石があった。

所々に濃い緑が入った、極めて上質な翡翠だ。

ここで、濃い青の翡翠を購入した後、小滝のポポさんで翡翠談義。

余裕を持って午後2時に小滝を出発し、白馬経由で国道19号線で帰る。

積もった雪が溶けたら糸魚川の春だ。

もうすぐ川でも翡翠探しができるようになるのだ。

 

緑翡翠と桃簾石

緑翡翠と桃簾石

岩のり

テトラに着いた岩のり

翡翠の彫刻品

翡翠の彫刻品

翡翠原石

大きな翡翠原石

翡翠原石

上質で緑が濃い部分

小滝

姫川と小滝川の合流地点

翡翠探し 2-3 2日目

(2011.02.25 2:00 AM)

月曜の朝一番に市振海岸へ。

今日も上天気だ。東の海岸に先客がいたので西の海岸へ行く。

収穫はなし。ここで、オオセグロカモメを撮影する。

その後、東の海岸に戻って探す。波がいい感じだったが収穫なし。

早々にあきらめて高速道路の高架下や須沢の海岸へ行く。

須沢でかろうじて小さな白翡翠と青翡翠を拾う。違うかも?自信なし。

途中、先客に朝一番に須沢の河口近くで拾った緑の翡翠を見せてもらう。

またもや、運がない自分を嘆くのみ。

風が冷たくて体が冷えたので、午後にまちの駅に行って翡翠談義。

ラベンダー翡翠の大珠が売れたとのこと。うれしい。

ショーウィンドウに本物そっくりの食品サンプルが展示してあった。

その後、翡翠加工の匠・古吹さんと落ち合って翡翠談義をした。

オオセグロカモメ

オオセグロカモメ

市振海岸

市振海岸

高架下

高架下

青と白の翡翠

須沢で拾った翡翠?

まちの駅

まちの駅の展示品

奴奈川姫

駅前の奴奈川姫像

翡翠探し 2-2 1日目

(2011.02.24 2:00 AM)

名古屋を真夜中に出発して、朝の7時ごろに糸魚川の須沢に着く。

快晴で気持ちがいい。先客多し。

河口付近に小石が固まって打ち上げられていたので、その辺りを中心に翡翠を探す。

大きいが不純物が多い地味なラベンダー翡翠と小さい青翡翠を拾う。

途中、波によって岸に打ち上げられていたスズキを見つけて海に帰してやった。

新潟の十日町の人に、今日の朝、市振で拾ったきれいな緑やラベンダー翡翠、

コランダムを見せてもらう。

自分になかなか運が回ってこない。何時ものことだ。

次に青海川の下流で翡翠探しをした。

川底石に水アカが付いていて探しにくかったが、薄い緑の翡翠を拾った。

その後、小さなヒスイ原石館に行って吉田さんと翡翠談義をし、

きわめて上質で緑が濃い翡翠を見せてもらう。

ため息が出るほどの緑翡翠の原石だった。

 

須沢の海岸

須沢の海岸

スズキ

岸に打ち上げられたスズキ

緑翡翠

青海川の緑翡翠

上質な緑翡翠

原石館の上質な緑翡翠

上質な緑翡翠

鮮やかな緑の透過光

上質な緑翡翠

原石館の上質な緑翡翠

20日(日)から22日(火)の昼まで翡翠探しに糸魚川に行ってきました。

3日とも晴天ですっかり春のような日でした。

今回は加工用の上質翡翠を購入するのが主な目的だったので、

翡翠を探してのんびりと海岸を歩いたような3日間でした。

最後の日に、緑が入った上質翡翠を拾うことができました。

また、値打ちな白翡翠と青翡翠を購入できたので、

いずれ加工しようと思っています。

翡翠探しの様子は次回より投稿します。

晴天の須沢海岸

晴天の須沢海岸

3日間の成果

3日間の成果

3日間の成果

きれいな緑翡翠と桃簾石

購入した翡翠

購入した翡翠

購入した翡翠

透明度のある白翡翠

購入した翡翠

色が濃い青翡翠

ラベンダー翡翠の不思議

(2011.02.20 2:00 AM)

先日、勾玉の加工用に買っておいたラベンダー翡翠を切断した。

一見、透明感の無い薄いラベンダー色が少し出ているような翡翠。

まず半分に切断したら、中は外よりは上質でちょっと濃いラベンダー色が見えた。

これなら何とか使えるだろうと思って、厚さ10㎜前後の板・6枚に切断した。

厚みの薄いところが何となく透けているので気になって、一番薄い翡翠板に

LEDライトを当ててびっくり。

透過光がきれいなラベンダー色と緑色に染まっていた。

ラベンダー翡翠は割ってみないと良いか悪いか分からないと言われるが、

ライトで透かして見ないと分からないこともあるのだ。

近々、この板を勾玉や大珠に加工しようと思う。

厚さの薄い勾玉や大珠にすれば、色は薄くなるかもしれないが

透過光がきれな作品になるだろう。

 

ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠ラベンダー翡翠

翡翠加工 4-4 研磨完了

(2011.02.19 2:00 AM)

やっと研磨が終わった。

少しずつ磨いて3日かかった。

石目を避けて切り抜いたり、石目を取り除くようにして削ったり磨いたりしてきた。

ラベンダー翡翠は石目がほとんど無くなったが、緑翡翠の方は取りきれなかった。

しかし、目立たないところに石目が出て良かった。

小さな石目が多いのは、圧砕翡翠の宿命かな。

翡翠の勾玉翡翠の勾玉翡翠の勾玉 翡翠の勾玉翡翠の勾玉翡翠の勾玉

野生の眼

(2011.02.18 2:00 AM)

小さな鳥・メジロの姿や仕草はかわいらしい。

バナナが好みのようで、ミカンよりよく食べる。

果糖だけでなくデンプンも含まれているので栄養があるのかな。

かわいいメジロも近づいてアップでよく見ると、意外に鋭い眼をしていることが分かる。

厳しい生存競争の世界で生き延びているのだから当たり前と言えば当たり前。

6500万年前の隕石衝突によって絶滅した恐竜の 子孫なのだ !

メジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロ

メジロ百態 3

(2011.02.17 2:00 AM)

朝、果物を枝に刺すと、メジロがすぐに食べにくる。

最近はゆっくり近づくと1.5mぐらいでも逃げなくなった。

複数で食べにくるといつも争いで、追いかけっこが始まる。

餌を2、3カ所に増やしても同じである。

仲良く食べれないものか。

給餌場所を十分に離してやれば良いのかもしれないが、、、。

野生の世界で生きることは厳しいのだ。

写真のメジロは同じ個体とは限らない。

メジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロ


翡翠加工 4-3 勾玉開眼

(2011.02.16 2:00 AM)

成形後の勾玉に穴をあけた。

その後、形のゆがみを丁寧に直して整形した。

今回は、石目の無い、色も形も良い勾玉になりそうだ。

あとはひたすら磨くのみだが、これが結構時間がかかるんだなぁ、、、、。

翡翠 勾玉翡翠 勾玉翡翠 勾玉

翡翠加工 4-2 成形

(2011.02.15 2:00 AM)

両頭グランダーで荒削りをして、勾玉の成形をした。

新しく買ったグラインダーは調子が良い。

やっぱり上質翡翠は加工をしていても楽しい。

良い勾玉ができそうだ。

勾玉勾玉勾玉勾玉勾玉

今回の翡翠探しの時に、翡翠原石を購入した。

小滝産の上質緑翡翠 ・圧砕タイプと板状に切断済みの明るいラベンダー翡翠だ。

さっそく緑翡翠を板状に切断した。

高速ダイヤモンド・バンドソーの調子が悪くうまく切り抜けない。

モーターの加熱で硬質プラスチックが変形してしまったようだ。

苦心しつつもとにかく切り抜くことができた。

次は、グラインダーで荒削りだ。

翡翠翡翠翡翠

カモシカ?に出会った

(2011.02.13 2:00 AM)

翡翠探しの2日目・6日の日に小滝のお土産屋さんに行った時、

店の人が小滝川の対岸にカモシカ?がいると教えてくれた。

対岸を見ると、白い雪の中に黒い点が動いている。

さっそくリコーのコンパクトカメラを出して望遠撮影。これは手軽で便利だ。

大きな角があるカモシカ?だ。警戒してこちらを見た。

カモシカ?は木の枝をかみはじめた。木の皮や木の芽を食べているのだろう。

冬は、野生動物にとっては厳しい季節なのだ。

写真を撮った時はこのシカをカモシカと思い込んだが、

どうも角や毛並みがカモシカとは違うようだ。

ヒスイ786さんに指摘されて 詳しく調べたところ、ニホンジカのようです。訂正します。

雪の小滝川

雪の小滝川

カモシカ

対岸のカモシカ?

カモシカ

枝を食べるカモシカ?

カモシカ

カモシカカモシカカモシカカモシカカモシカ

雪が降った

(2011.02.12 2:00 AM)

金曜日、この冬2回目の大雪。外に出て見たら真っ白だ。

玄関先にキジバトが来ていた。エサを探しているようなので

パンを撒いてやったら、驚いて逃げてしまった。

メジロには八朔という大型のミカンを与えてやった。

八朔は初めてなので警戒するかと思ったが、そんなことも無くすぐに食べ始めた。

ナンテンやクロガネモチの実も食べ尽くされてしまった。

ヒヨドリはこれから何を食べるのかな。おそらく近所のピラカンサの実だろう。

ナンテン

実を食べられたナンテン

キジバト

エサを探すキジバト

サザンカ

元気なサザンカの花

メジロ

雪中のメジロ

メジロ

バナナを食べるメジロ

メジロ

八朔を食べるメジロ

メジロ

警戒するメジロ

ヒヨドリ

雪中のヒヨドリ

ツバキ

耐えるツバキのつぼみ

翡翠探し 1-4 3日目

(2011.02.11 2:00 AM)

夜更けにかなり強い北西の季節風が吹いた。

石が動いたかもしれないと思って、雨の中、朝一番に市振海岸の東側に入る。

夜に海が荒れたのか大きなラベンダー翡翠を見つける。質は良くない。

その後、須沢の海岸に入り、小さなラベンダー翡翠を見つける。

雨と風で体が冷えて来たので無理をせずに、まちの駅・糸魚川ぷらっとに避難。

ここで暖をとり、12時に名古屋に向けて出発する。

途中、雨が雪になって心配したが、白馬までくると晴れて来た。

国道19号線をゆっくり走って、午後8時に帰宅する。

今回は雪が降らなくて良かったが、また寒波がやって来て大雪になるだろうから

しばらくの間は翡翠探しに行けないだろう。春が待ち遠しい。

市振海岸

朝の市振海岸

宮崎海岸

須沢の海岸

ラベンダー翡翠

市振・須沢のラベンダー翡翠

ラベンダー翡翠

翡翠の裏側

根知付近の道路状況

根知付近の道路状況

白馬手前の道路状況

白馬手前の道路状況

翡翠探し 1-3 2日目

(2011.02.10 2:00 AM)

朝一番に市振海岸に行く。天気は薄曇り、波は穏やかな方だ。

自分以外に誰もいない。波が穏やかなので他の人は拾わないのだろう。

やっぱり収穫なし。早々に場所替えをしようと、東の糸魚川方面にへ移動。

久しぶりにラベンダービーチに入る。小石の浜が長く広がる海岸だが収穫はなし。

ここでは、あまり拾ったことがない。自分だけか ?

次に須沢に移動して、やっと白い翡翠小1個を見つける。

昼過ぎにまちの駅・糸魚川ぷらっとに行き翡翠談義。

大糸線の写真展開催中だった。旧車両の懐古写真展だ。

糸魚川市街の雪はほとんど融けていた。

この様子なら小滝も行けると思って、小滝のお土産屋さん・ポポへ。

途中の道路脇の積雪は多かったが道路上の雪はなし。

到着したとき、店のひとが川の対岸にカモシカがいることを知らせてくれた。

さっそく望遠で撮影。コンパクトカメラもなかなか便利だ。

カモシカに満喫したあと翡翠談義をして、翡翠加工用の緑とラベンダーの翡翠を購入する。

**訂正** このシカはカモシカではなくニホンジカでした。

市振海岸

早朝の市振海岸

ラベンダービーチ

ラベンダービーチ

ラベンダービーチ

ビーチの奴奈川姫像

糸魚川市街

糸魚川市街・まちの駅

まちの駅・糸魚川ぷらっと

まちの駅・糸魚川ぷらっと

カモシカ

雪中のカモシカ?

糸魚川駅

夜の糸魚川駅

夜の駅前通り

夜の駅前通り

夜の駅前通り

夜の駅前通り

翡翠探し 1-2 1日目

(2011.02.09 2:00 AM)

午後2時過ぎに宮崎河岸に到着。小雨が降っていたがすぐに晴れる。

雪を心配していたが、波打ち際は雪が無く翡翠を探しやすかった。

波が穏やかで半分砂浜になっていてなかなか見つけられない。

波打ち際をあきらめ、少し離れて小石が堆積しているところを探したら、

小石に半分埋まっている翡翠を見つけた。

大きさは6×4×3センチぐらいで、光を少し通す薄緑の翡翠だ。

この後は見つからないので、いつものように土日工房へ行って、ヒスイ786さんとヒスイ談義。

最近は潜ってもなかなか拾えないそうだ。

道の駅・市振の関の食堂が改装中で、売店のみ営業していた。

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

宮崎海岸

海岸の翡翠

宮崎海岸で見つけた翡翠

海岸の翡翠

翡翠の拡大写真

市振の関

市振の関の駐車場

市振の関

市振の関の食堂

翡翠探し 1-1 今年初

(2011.02.08 10:48 AM)

5日から7日まで糸魚川に行ってきました。今年初の翡翠探しです。

週間天気予報と高速道路の積雪情報を見て、行くならこの時とばかりに

北陸自動車道を利用して出かけました。

凍結を心配して8時半に出発したので宮崎海岸に着いたのは午後2時過ぎでした。

1日目と2日目は良い天気で防寒して歩いていると汗をかくくらい、

そして3日目は寒くなり雨が降りだしました。

海岸の雪はほとんど融けていて翡翠探しには影響が無かったが、波も穏やかで3日間の収穫は

ラベンダー翡翠大1、小1、薄い緑の翡翠中1、白翡翠小1でした。

夜間の凍結が心配なので12時に名古屋に向かって出発し、白馬経由で国道19号線を利用して

名古屋に着いたのが午後8時。

久々に翡翠探しを楽しんだ3日間でした。詳しくは、次回より投稿します。

宮崎海岸宮崎海岸
市振海岸

市振海岸・西

市振海岸

市振海岸・東

ラベンダービーチ

ラベンダービーチ

須沢

須沢の海岸

糸魚川市街

糸魚川市街

メジロ百態 2

(2011.02.06 2:00 AM)

野鳥にとって、冬はエサガ少なくなる季節です。

このような時に給餌してやると野鳥が庭にやってきます。

野鳥たちのかわいい仕草に心がいやされます。

そして、暖かくなってエサに困らなくなったら給餌をやめましょう。

野鳥との距離を一定に保って付き合うことが大切です。

メジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロメジロ

1 / 212

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近のコメント