2011年 4月

翡翠加工 9-3 開眼

(2011.04.08 2:00 AM)

ダイヤモンドビットを着けたリューターを使ってひもを通す穴をあけた。

全体のバランスを考えて穴の位置と大きさを決めないと、

取り返しがつかなくなるので気を使う。

 

勾玉 大珠勾玉 大珠

翡翠加工 9-2 成形

(2011.04.07 2:00 AM)

切り抜いた翡翠を勾玉と大珠の形に削った。

石目が少ないので早く形が決まる。

勾玉 大珠勾玉 大珠

購入した青翡翠を加工しています。

この翡翠は青い部分と黒い部分が半々の原石です。

黒の部分は赤紫色がかった黒で、どんな不純物が混じった翡翠かは分からない。

青翡翠

黒が混じった青翡翠

青翡翠

切り抜いた翡翠

 

 

京都の春蘭展 その2

(2011.04.05 2:00 AM)

先回紹介できなかったものを紹介します。

即売コーナーが充実していて、多くの銘品、無銘品が販売されている。

欲しいものはいくつもあるが、ちょっと高くて手が出ない。

京都・百喜千遊会春蘭展

即売コーナー

京都・百喜千遊会春蘭展

大極扇

京都・百喜千遊会春蘭展

紅水晶

京都・百喜千遊会春蘭展

姫小判

京都・百喜千遊会春蘭展

素桜

京都・百喜千遊会春蘭展

紫聖

京都・百喜千遊会春蘭展

黄露

京都・百喜千遊会春蘭展

四君子

京都・百喜千遊会春蘭展

一休

京都の春蘭展 その1

(2011.04.04 2:00 AM)

2日(土)に、百喜千遊会の春蘭展に京都に行ってきた。

場所は東寺の北にある梅小路公園。

ここの展示会には、まだ一般には出回っていない珍しい銘品や無銘品が多く展示される。

これから2回に分けて紹介します。

それにしても、京都は人や車であふれていた。

祇園の「権兵衛」できつねうどんを食べて帰る。

京都・百喜千遊会春蘭展

展示会場風景

京都・百喜千遊会春蘭展

福夢

京都・百喜千遊会春蘭展

神秘

京都・百喜千遊会春蘭展

大勲位

京都

祇園の八坂神社

京都

祇園の権兵衛

 

 

翡翠探し 3-4 3日目

(2011.04.03 2:00 AM)

朝一番に宮崎海岸へ。

いい天気で波も穏やかだったが、小石が多く打ち上げられている。

ホタルイカを見つけて写真を撮りながらゆっくりと翡翠を探す。

すると小さな鮮緑が眼に飛び込んで来た。極めて上質な翡翠だと直感で分かった。

先客もあったのに、足跡もいくつかついているなかに、まるで置いたかのようにあった。

誰も気がつかなかったのが不思議だ。

次に須沢海岸に行き、打ち上げられた小エビの大群を見つけたり地味な翡翠を3個拾ったりする。

その後、まちの駅に行って翡翠談義をしてから、早めに名古屋に帰る。

小さいながらも準ロウカン翡翠が拾えた今回の翡翠探しの旅であった。

打ち上げられたホタルイカ

打ち上げられたホタルイカ

小さな鮮緑

小さな鮮緑

上質緑翡翠の小石

準ロウカン翡翠の小石

 

 

翡翠探し 3-3 2日目

(2011.04.02 2:00 AM)

2日目は青海川中心に探す。

雪の無い下流を時間をかけて広い範囲を探すが灰色翡翠1つのみ。

一人先客がいたけれど拾えてないと言うことだった。既に多くの先客があったようだ。

姫川の河原の雪の様子を見ながら小滝のお土産や・ぽぽに行き翡翠談義。

その後、須沢の海岸で日没まで翡翠拾い。

収穫は無かったが、久しぶりに海に沈む夕日を見る。

 

青海川

青海川

雪の雨飾り山

雪の雨飾山

須沢の夕日

須沢の夕日

 

翡翠探し 3-2 1日目

(2011.04.01 2:00 AM)

1日目は宮崎海岸を中心に探す。

朝一番に宮崎海岸に行ったら先客あり。

あきらめずに探していたら踏み跡の近くで青翡翠を見つけた。

よくも拾われなかったものだ。

次に市振海岸に行ったら、また先客あり。

潜って拾った大きなラベンダー翡翠と歩いて拾った小さいけれど奇麗な緑の翡翠を見せてもらう。

自分も下りて探したが収穫なし。その後、他の場所でも探したが灰色翡翠1つのみ。

その後、まちの駅と小滝のお土産屋・ポポで翡翠談義。

 

宮崎海岸

早朝の宮崎海岸

親不知・子不知の由来

親不知・子不知の由来

透き通る海

透き通る海

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930