2012年 6月

以前に加工したことのある上質の白翡翠を加工します。

前の時には、白地に少し緑の部分が入っていましたが、

今回の板には緑がほとんど入っていなくて、全体的に白色です。

貴重な緑のスポットを生かそうと思います。

 

白翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

毎月、18日と28日には大須観音の境内で骨董市が開かれます。

昨日は28日なので、昼から久しぶりに行ってきました。

午前中は曇っていたけれど、午後から天気が良くなり暑い程でした。

興味の無い人にとってはガラクタでも、興味のある人にとっては

お宝である様々なものが並べられていて、見て歩くだけでも楽しい。

若い人や外国人もよく見かけました。

喉が渇いたので自販機でジュースを買って、飲もうとして上を見上げた時、

骨董市の上空に面白い雲(画像の右上のもやもやとした雲)を見つけました。

珍しいので写真に撮って後で調べたら、どうやら高積雲の様ですが自信はありません。

今回は、いつも冷やかしで立ち寄っている店で、玉で作った飾り物を

安くしてもらって買いました。

白のネフライト?に魚とコウモリ、竹が彫り込まれていて、金運に恵まれる

お守りだそうです。ご利益がありますように。

 

大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市高積雲 大須骨董市
大須骨董市

 

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 22-3 3日目

(2012.06.28 1:00 AM)

3日目(6/25)は、日の出前に眼が覚めて、4時半に市振海岸の東に。

今にも雨が降りそうな中、厚い雲間から太陽の光がオレンジの光芒となって

海を照らしていました。

翡翠を探していると、上空を大きな白い鳥が東に飛んでいくのを見つける。

良く見ると鷹の仲間のミサゴでした。エサの魚を探しに行ったのかもしれない。

しかし、ここでは成果無く、宮﨑海岸に移動して探すも翡翠は見つからず。

かわりに、アジの幼魚と小さなメノウやネフライト、貝殻等を見つけました。

最後に須沢の海岸に行くと、ほとんどが砂浜になっていました。

諦めずに探して、石の寄せ溜まりになっている所で、やっと6㎝ぐらいの

薄い緑がわずかに入った灰色翡翠を拾う。

帰りの安全運転のこともあるし、休憩して、昼には帰路につきました。

今回の翡翠探しは、色々な人と翡翠談義ができて、楽しくて有意義な

3日間でした。

 

オレンジの光芒 市振海岸東

オレンジの光芒 市振・東

早朝の宮﨑海岸

早朝の宮﨑海岸

アジの幼魚 宮﨑海岸

アジの幼魚 宮﨑海岸

成果 市振と宮﨑

成果 市振と宮﨑

須沢海岸

須沢海岸の砂浜

灰色翡翠 須沢の成果

須沢の成果 灰色翡翠

 

 

 

翡翠探し 22-2 2日目

(2012.06.27 1:00 AM)

2日目(6/24)は昨日の疲れで寝坊し、午前7時に市振海岸の東に入る。

朝から上天気で気持ちよく翡翠探しをするが成果は無し。そのかわり、

波で打ち上げられた奇妙な魚を見つけました。写真を撮ってその場を離れると、

カラスも魚を見つけて早速食べにきていました。

後で聞くと、この魚は白身の高級魚・マゴチで美味いらしいとのこと。

拾っておけば良かった。

次に、西の海岸に移動して、やっと小さな翡翠2個と桃簾石を拾う。

ここで、海岸でよく見かける富山県高岡の青年に会って翡翠談義。

その後、途中で知り合った名古屋の人を宮﨑海岸に案内しました。

宮﨑海岸は駅から近いせいか、翡翠を拾う家族連れの観光客で賑わっていました。

ここで昼寝をしてから、午後に土日工房さんに行くと、ミエスケさんがやって来て、

今日の朝に潜って採ってきた翡翠とコランダムを見せてくれました。

その中でひときわ眼を引いたのがロウカン質の緑翡翠でした。

最近採れないと言っても、まだまだ運がいいと取れるんですね。

その後、市振の国道沿いにある翡翠販売店に顔を出し、翡翠加工の匠・WESTさんと

豊翠さんに会って、またまた翡翠談義。

この後、小滝のポポさん、次に根知の翡翠加工の匠・古吹さん宅で夕方の7時まで

翡翠談義でした。

今日は、翡翠にかかわる多くの人と話ができて、愉快に過ごすことができました。

 

早朝の市振海岸 東

早朝の市振海岸 東

打ち上げられたマゴチ 市振

打ち上げられたマゴチ

早朝の市振海岸 西

早朝の市振海岸 西

市振海岸の成果 2個

市振海岸の成果 2個

観光客で賑わう宮﨑海岸

観光客で賑わう宮﨑海岸

ミエスケさんの上質翡翠

ミエスケさんの上質翡翠

 

 

翡翠探し 22-1 1日目

(2012.06.26 1:00 AM)

6/23(土)から6/25(月)まで糸魚川に翡翠探しに行ってきました。

台風の後なので、海や川の石が大波や大水で動いているかもしれないと

期待していましたが、台風の影響はほとんど無かったようで、

成果はあまりありませんでした。

1日目(6/23)は、朝の4時半から姫川で翡翠を探し始めました。

曇りで時々小雨が降る肌寒い中を、3時間程探しましたが成果は無し。

水中の石にコケが生えて滑って歩きにくいことこの上なし。

諦めて、青海川の上流に挑戦して、2時間半程探してやっと中2、小1個

拾いました。上流にはまだ残雪があり、川の水がものすごく冷たい。

帰り道でモリアオガエルの卵塊とオタマジャクシを見つけました。

その後、疲れたので仮眠して起きたら、驚く程の晴天。

午後は市振海岸の東の国道沿いにある翡翠販売店に行き、偶然に鴨葱さんに会う。

次に土日工房でミエスケさんに会い、鴨葱さん、ヒスイ786さんを交えて

夕方の7時過ぎまで翡翠談義を楽しみました。

 

早朝の姫川

早朝の姫川

青海川上流

青海川上流

青海川上流の残雪

青海川上流の残雪

青海川の成果

青海川の成果

モリアオガエルの卵塊

モリアオガエルの卵塊

梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間

 

 

以前に大きな翡翠板の1つを4個に打ち割ったときの1つを加工しましたが、

残りの中の1つをさらに3個に打ち割りました。

小割り切断機で切れないことはないですが、石目が斜めに走っていて切断しにくく、

思いきってハンマーで打ち割りました。

中に思ったよりも上質な白地の部分があって、一部はかき氷のメロンのようです。

この翡翠にふさわしいデザインを考えて、そのうちに加工してやります。

 

***  金曜日から糸魚川で翡翠探しの予定でしたが、台風で変更して土曜日から3日間

翡翠探しをします。

帰ったら報告しますのでお楽しみに。

 

翡翠原石 小滝産翡翠原石 小滝産

 

翡翠原石 小滝産翡翠原石 小滝産

 

 

 

いつものようにペーパーで2000番まで、ダイヤセラミカで3000番で

研磨終了です。

艶出しが難しい翡翠だったので、ダイヤセラミカでの研磨に時間をかけました。

石目がほとんど無くなるまで削ったので、大きさや厚さがまちまちになって

しまい、一番薄い大珠は厚さ4mmしかありません。

全体に薄い緑色ですが、透過光は奇麗な緑色に見えます。

翡翠の魅力の1つがここにあります。

大きさは、大きい方で25×25×7mmです。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

セッコクより遅れて咲き出したキバナノセッコク(日本丸)の花も終わりに近づき、

かわりにウチョウランが満開です。

今年のウチョウランは、生育が悪く花の数も少なく小さめです。

今年は必ず植え替えをしてやらないいけない。

 

日本丸 キバナノセッコク日本丸 キバナノセッコクウチョウランウチョウランウチョウランウチョウランウチョウランウチョウランウチョウラン

翡翠加工・薄緑 69-3 開眼

(2012.06.20 1:00 AM)

ルーターとダイヤモンドビットで眼を開けました。

眼の縁もきちんと面取りをして滑らかにしました。

まだ色がはっきりしませんが、奇麗な緑色が隠れています。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

翡翠加工・薄緑 69-2 成形

(2012.06.19 1:00 AM)

ダイヤモンドホイールで薄く削りました。

最近石目が気になりだして、全部取ってやろうとして削っていたら

どんどん小さく、薄くなってしまいました。

その代わり、中に隠れていた緑色が表に出てきました。

とりあえずこの段階で成形は終わって、次に眼を開けます。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

 

 

 

前回の翡翠探しの時に購入した薄い緑のヒスイを加工します。

これは小滝産で粘りがあって割れにくい翡翠です。

しかし、大きな原石から打ち割って取り出した薄い板状翡翠なので、

全体にヒビが入っていて加工が難しくなっています。

とりあえず,光を当ててヒビや石目が少ない所を円形に切り抜きました。

一見灰色に見えますが中に奇麗な緑色が入っているので、

薄い円盤状の丸形勾玉に加工していきます。

 

大種 翡翠大種 翡翠

いつものようにペーパーで2000番までと、ダイヤセラミカの3000番で研磨しました。

所々に石目が入っていますが、ほとんど気にならないぐらいです。

何と言っても、白と黒、深緑の3色が織りなす流水模様がダイナミックで,

躍動感と力強さが伝わってきます。

気のせいか、獣形勾玉がパンダに見えてきました。

大きさは、獣形勾玉で30×18×10mm、一枚目写真の右方の大珠で57×18×8.5mmです。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

 

翡翠加工・流水 68-3 開眼

(2012.06.16 1:00 AM)

ルーターで眼を開けてやりました。

大珠の上下は模様の入り方を見て迷いながら決めました。

眼が開くと、大珠は今まで通りどっしりと落ち着いているように見えますが、

獣形勾玉の方はなんだかそわそわしているように感じます。

やっぱり動物のように見えるからでしょうか。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

翡翠加工・流水 68-2 成形

(2012.06.15 1:00 AM)

グラインダーで粗削りしました。

白っぽく写っていますが、濡らすと下から模様が浮き出てきます。

どんな模様になっているかは、研磨するまでのお楽しみです。

勾玉 対種 翡翠勾玉 対種 翡翠

前に切り出した流水模様の黒翡翠の板から勾玉と大珠を作ります。

料理の下ごしらえと同じで、板になっていると作業がはかどります。

前回では加工途中で割れてしまったものがあったので、できるだけ

石目を避けて切り抜きましたが、全く無しにはできませんでした。

翡翠原石勾玉 大珠 翡翠

 

 

ちょっと一休み

(2012.06.13 1:00 AM)

翡翠の加工をちょっと一休みしています。

こんな時、何か新しいアイデアを与えてくれたり製作意欲を高めてくれたり

するものを探しています。

庭に咲いている山野草の拡大写真を撮ってみました。

見慣れている花でも拡大してみると新しい発見があって、勾玉製作の参考になります。

上から、ムラサキカタバミ、ユキノシタ、ドクダミです。

ムラサキカタバミのショックキングピンク、ユキノシタの初々しい色気のピンクと白、

ドクダミの清楚な白と黄。

この色の組み合わせと花の形が実に絶妙ですばらしいです。

できるものなら、一目見た時に一瞬ドキッとして、胸が高まるような勾玉を作ってみたい

ものです。

 

ムラサキカタバミムラサキカタバミ

 

ユキノシタユキノシタ

 

ドクダミドクダミ

翡翠探し 21-3 3日目

(2012.06.12 1:00 AM)

3日目(6/9)は夜半から雨が降りはじめ、朝になっても降っていて

肌寒かったので車中で8時過ぎまで寝ていました。

9時頃に小やみになったので西の市振海岸へ。

石が濡れていて翡翠を探し易いのですが、小粒2個のみでした。

ここは何故か薬石が多く、角も取れて丸くなった手頃のものが

沢山拾えます。

今回は、白いオスのライオンが横を向いているように見える薬石を

拾いました。ただの思い込みかもしれませんが、、、。

車に戻る途中、地元の人が海岸にホタルイカをばらまいたので、

カラスやトビ、ウミネコが群がってきてすぐに食べ尽くしてしまいました。

餌付けをしているのでしょうか?

その後は市振の土日工房のヒスイ786さんと翡翠談義でした。

大・中・小の見事な丸玉を見せてもらいました。

ヒスイ786さんのブログに写真が載っています。

真球にする方法は企業秘密だそうです。

ゆとりを持って、午後1時に帰路につきました。

 

小雨の市振海岸

小雨の市振海岸

市振海岸の成果

ライオンが見えますか?

エサに群がる野鳥 市振

エサに群がる野鳥 市振

 

 

 

翡翠探し 21-2 2日目

(2012.06.11 1:00 AM)

2日目(6/8)は早朝6時より宮﨑海岸で翡翠を探し始めました。

いい天気で気持ち良く翡翠探しができましたが、結果は丸くて

サビの入った白ヒスイと謎の緑の小さな石が2つ、角礫岩のみ。

次に市振海岸で翡翠を探すも成果無し。

フォッサマグナミュージアムに久々に行き、謎の緑の石を見てもらったら

透閃石岩と鑑定されました。奇麗な色で珍しいそうです。

角礫岩の方はジャスパーが砕かれて再度固まったもの

だそうです。

やっぱり聞いてみると色々なことが分かるものですね。

次に長者ケ原考古館へ向かったら、木漏れ日の中に薄いピンクのササユリが

あちこちで咲いていました。

午後は小滝のポポさんへ。

珍しく色の濃いコン沢の青翡翠を売っていましたが、石目が多くて

加工には向いていないので今回は購入を諦めました。

その後は、根知の匠・古吹さん宅で夕暮れまで翡翠談義でした。

 

早朝の宮﨑海岸

早朝の宮﨑海岸 

宮﨑海岸の成果

宮﨑海岸の成果

市振海岸 東

市振海岸 東

F.M.Mの展示翡翠

F.M.Mの展示翡翠

美山公園のササユリ

美山公園のササユリ

考古館の展示品

考古館の展示品 製作工程

 

 

翡翠探し 21-1 1日目

(2012.06.10 1:35 AM)

6/7(木),8(金),9(土)と1ヶ月ぶりに糸魚川に翡翠探しに行ってきました。

木、金曜日は良い天気で、海岸や川を歩くと汗をかくぐらいでしたが、

最後の土曜日は夜半から雨が降り続き、肌寒いときもありました。

残念ながら、成果はほとんどありませんでした。

それでは、第1日目から報告していきます。

第1日目は、早朝より小滝川と青海川に行きましたが石が動いた様子もなく、

藻が付いて滑り易くてすぐに翡翠探しを諦めました。

小滝川の上流には40kg程の大きなアルビタイトまじりの灰色翡翠が転がっていました。

その帰り道に新緑の中で、久しぶりにバードウォッチングをしましたが、

あまりに久々なので鳥のさえずりだけでは種類が分からないものもありました。

ウグイス、クロツグミ、キビタキ、カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、

アカショウビン、サンショウクイなど20種類ほどの鳥を鳴き声で確認。

青海川では幸運にもキセキレイの写真を撮ることができました。

疲れたので昼寝をしてから、午後は原石館に行って先客の6名ほどに混じって

翡翠談義。

最新作の白の勾玉と大珠を見せたところ、なかなか好評でした。

 

早朝の高浪の池と明星山

早朝の高浪の池と明星山

翡翠原石 ? 小滝川

翡翠原石 ? 小滝川

高原の新緑

高原の新緑

青海川

青海川

キセキレイ 青海川

キセキレイ 青海川

薄暮の駅前通り

薄暮の駅前通り

 

2000番までペーパーで磨いて、ダイヤセラミカ3000番で完了です。

思った通り、きめが細かい上質翡翠独特の良い艶が出ました。

白翡翠ですが真っ白ではなく、透明度があり透過した光が中から軟らかく

反射しているようです。

白地に緑が入った、清楚で上品な作品になりました。

大きさは、獣形勾玉で30×18×10mm、大珠で53×18×10mmです。

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

1 / 212

カレンダー

2012年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930