2013年 5月

今回はペーパーで1500番まで研磨しました。

中には1000番まで戻して、控えめなしっとりとした艶にしたものもあります。

今回の作品は、どれも都会的でオシャレなものになりました。

ペンダントにすると似合うと思います。

大きさは、画像1枚目の左上で25×25×6mm、中上で24.5×24.5×10.5mm、

右上で26×26×7mm、左下で22×26.5×5mm、中下で19.5×25×6mm、

右下で23×29.5×5.mmです。

 

円形勾玉 双子勾玉 翡翠円形勾玉 双子勾玉 翡翠

 

円形勾玉 双子勾玉 翡翠円形勾玉 双子勾玉 翡翠

ルーターで眼を開けました。

双子勾玉の眼はチェーンが通せるように、ぎりぎりの大きさにまで広げました。

2つの眼にチェーンを通すと、前回製作したチョウのように首に掛けられます。

 

円形大珠 双子勾玉 翡翠円形大珠 双子勾玉 翡翠円形大珠 双子勾玉 翡翠

 

 

 

双子勾玉に加工するために、真中に穴を開け2つの勾玉が向かい合うように

削りだしました。

左右対象にするのが難しく、何回も削り直しました。

 

円形勾玉 双子勾玉 翡翠円形勾玉 双子勾玉 翡翠円形勾玉 双子勾玉 翡翠

グラインダーで薄い碁石の形に削りました。

このうち3個を円形大珠に、残り3個を双子勾玉に加工していきます。

 

円形大珠と双子勾玉 翡翠円形大珠と双子勾玉 翡翠

方形の板から円形大珠の形を切り抜きました。

五色並べるとカラフルで製作が楽しみです。

名古屋では30℃を超える暑い日が続いているなか、我が家ではヤマアジサイが

涼しそうな青紫色に咲いています。

もうすぐ梅雨の季節がやってきますが、その前に翡翠拾いに行きたいと

考えています。

 

円形大珠と双子勾玉 翡翠円形大珠と双子勾玉 翡翠ヤマアジサイ 我が家

白、緑混じりの黒、青、ラベンダーの翡翠とピンクの桃簾石から円形大珠と双子勾玉を

作っていきます。

双子勾玉の形は製作工程が進んでいくと分かりますのでお楽しみに。

まず全ての色の翡翠を板状に切断してから、適当な大きさの板を切り取りました。

 

翡翠原石翡翠原石翡翠原石

今回はペーパーの2000番までで研磨完了、これで完成です。

ダイヤセラミカで研磨する必要も無く、良い艶が出ています。

研磨途中で目立ってきた石目を削ることがしばしばで、削っては磨き

削っては磨きの繰り返しで、完成までに時間がかかりました。

薄い灰色の地に濃い青色の点が全体に分布して、勾玉全体が青色に

見えます。

派手さはありませんが、味のある青翡翠の勾玉です。

石目が極めて少ない希少なコン沢産青翡翠の勾玉でもあります。

大小4個の勾玉を並べてみると、家族の団らんか子供たちの戯れに見えてきます。

大きさは、1枚目の画像の左より、27×18×9.5mm、18.5×12.5×5mm、

19.5×14×6.5mm、29×20×9.5mmです。

 

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

 

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

 

 

ルーターで眼を開けました。

希少な青翡翠なので何時もより慎重に開けました。

眼が開くと命が宿ったようで、勾玉がまるで生きているように見えてきます。

勾玉や獣形勾玉の開眼の時には必ずこのような不思議な感覚を味わいます。

この後は、気になる所を修正して形を整えてから研磨に入ります。

 

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

グラインダーで成形しました。

一度成形して表面を見たら、1つは石目が頭部に、もう1つは尾部に入っているのが

分かったので、石目を削ってから成形し直しました。

そのため、初めの大きさより少し小さくなりました。

 

勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠勾玉 青翡翠

昨日切断した板のうち、一番小さいものを2枚に切断しました。

そして、石目を避けながら勾玉の原型を4個切り抜きました。

結晶がキラキラしてよく見えます。

 

翡翠原石 青

勾玉 青翡翠

勾玉 青翡翠

 

 

翠風展のヒスイ即売会で購入した、青翡翠を勾玉に加工していきます。

こぶしより一回り大きくて細かな石目が少ない希少な青翡翠です。

大きな石目の所をハンマーで叩いても割れなかったので、仕方なく小割り切断機を使い

石目の所で3ブロックに切断しました。

思った通り、中も細かな石目が少なく、良い勾玉ができそうです。

 

翡翠原石 青翡翠原石 青翡翠原石 青

実質3日間ほどかかって研磨完了しました。

ペーパーや竹串と研磨剤、手製の研磨道具を使って少しずつ研磨しました。

初めてのデザイン、しかも凹凸のある複雑なデザインなので、全ての工程で

時間がかかってしまいました。

まだ十分な研磨ではありませんが、これで一応完成とします。

春の陽気の中、花畑の中を飛び交うチョウの群れです。

嬉しそうに花から花へ飛び回っています。

最後は誰の胸に止まるのでしょうか。

大きさは。3枚目の画像の左上(黒)で23×25×5mmで、左下(緑)で24×26×6mm、

右上(ラベンダー)で28×27×6mm、右下(白)で23×22.5×4mmです。

チョウの実際の厚みは、高さより1mmほど薄くなっています。

 

ペンダントトップ 翡翠ペンダントトップ 翡翠

 

ペンダントトップ 翡翠ペンダントトップ 翡翠

 

 

5/18(土)に、まるで初夏のような陽気の中、大須観音境内で開かれている

骨董市へ行ってきました。この骨董市は毎月18日と28日に開かれています。

午前11時頃に行ったら、土曜日と言うこともあり多くの人で賑わっていました。

外国の人も多く見受けられました。

境内に張り子の大きな白馬が飾ってあって「馬の塔」と書いてありました。

帰ってネットで調べたら、次のようないわれのある行事だと分かりました。

「馬の塔・おまんと ・・・もともとは桶狭間の合戦での織田信長公の勝利を喜んだ

地元の人たちが飾り馬を引いてお祝いに駆けつけた事を発祥とする、郷土の祭礼行事。

また大須観音と馬とは昔から大変縁が深く、川の氾濫から多くの什物を救われた

故事から、馬に感謝すると共に、現在では地元の子供たちが馬の頭のお御輿を担いで、

身体健康を祈念しながら商店街を練り歩きます。」

毎年5/18前後の日曜日に練り歩くそうなので、今日になります。

今回は、またもや中古カメラを買ってしまいました。

露出計付きミノルタSR1とニューSR1です。ボディーとレンズはキズも少なく、

シャッターも調子良く切れて、露出計も精度は分かりませんが光に反応しています。

 

大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市大須骨董市

大須骨董市

購入した中古カメラ            左ミノルタSR1         右ミノルタニューSR1

翡翠加工の再開です。

今ある工具で、こつこつと削ってここまで来ました。

成形に3日もかかるとは、苦労するだろうことは分かっていましたが、

予想していませんでした。

後少し整形してから、研磨に入ります。

最後の研磨も凹んだところが多いので時間がかかりそうです。

 

チョウ 翡翠チョウ 翡翠チョウ 翡翠

翡翠探し 35-5 4日目

(2013.05.17 1:15 AM)

5日目(5/12)は晴天で海と空の色が奇麗な青色で、のんびりと翡翠を

探すにはもってこいの日和でした。

午前6時に市振海岸の西に入って、2時間ほど翡翠を探しましたが

1つも見つかりません。ピンクの桃簾石らしき石を拾っただけです。

ここで、四国の高知から翡翠探しに来ている青年に会いました。

まだ翡翠探しが5、6回目ということで苦戦中でした。

駐車場で名古屋のmoriさんに会って、情報交換をしました。

朝一で須沢海岸で拾った、灰色地に緑が入いる須沢独特の角張った

翡翠を見せてもらいました。

2人で相談して宮﨑海岸の東に移動し、8時半から10時まで海岸を歩き

ましたが、波も静かで砂浜状態で成果は無しでした。

帰りに、砂浜で遊んでいる外国人(母と女児)がいたので、これも何かの

縁かと思って英語で話しかけてみましたが、なかなか通じません。

それもそのはず、ロシアの人で一ヶ月前にやって来たということでした。

人見知りの可愛い女の子の名前を聞き忘れてしました。

日本に好印象を持ってもらえたら良いですね。

この後、moriさんと別れて宮﨑海岸の西の駐車場で休憩後、宮﨑駅前の

翡翠販売店へ寄り、ちょうど居合わせた富山の翡翠ハンターTさんに

最近海中で拾った全体が緑で5、6㎝の上質翡翠を見せてもらいました。

海中にはまだまだ上質翡翠が眠っている、、、、。

糸魚川に帰る途中、市振海岸の東にある翡翠販売店が開いていたので、

原石を見に寄りました。

先客の富山の人、上越の人、店主のTさんと奥さんで1時間半ほど楽しく

翡翠談義をさせてもらいました。

おまけにおいしいラーメンまでごちそうして頂きました。

午後2時になったので、気になっていた翡翠を買おうと思って王国館の

即売会場へ急ぎましたが、土曜日に眼をつけておいた原石は既に売り切れて

いました。

安くなってから買おうという卑しい魂胆がみごとに外れました。

やつぱり、良いなと思った原石はその場で迷わず買うべきですね。

今回は珍しく4日間も滞在したので、ゆっくり休み休み帰ろうと思い、午後4時に

帰路につきました。

 

晴天の市振海岸東

晴天の市振海岸東

桃簾石 ? 市振海岸東

桃簾石 ? 市振海岸東

晴天の宮﨑海岸 東

晴天の宮﨑海岸 東

ロシアからの母子 宮﨑海岸東

ロシアからの母子    宮﨑海岸東

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

 

 

 

 

 

翡翠探し 35-4 3日目

(2013.05.16 1:00 AM)

3日目(5/11)は一日中小雨模様でした。

天気が悪いので、今日は翡翠探しはやめて午前9時から王国館へ。

開館直後にもかかわらず、すでに多くの入場者で一杯でした。

ヒスイ即売会場に行って原石を見て回っていたら、いつも翡翠談義を

させてもらっている人たちも来ていて、いろいろ情報交換ができました。

名古屋のmoriさんと久しぶりにあって、薬石から作った一輪挿しと

打出の小槌を見せてもらいました。

特に一輪挿しは見事な作りで、原石館の館長さんも気に入っておられ

ました。

即売会場には色々な大きさと色の翡翠原石が並べてありましたが、手頃な

値段で加工に向いた原石がなかなか見つかりませんでした。

何度も巡回しているうちに今まで見落としていた割安の青翡翠を見つけ、

すぐに購入。

結局、即売会では青翡翠1個と桃簾石3個を購入しました。

2階は、翡翠原石と糸魚川真柏や山野草が所狭しと展示してありました。

また、2階ロビーでは真柏と山野草の展示販売をしていました。

翠風展を見終わった後、時間があったので宮﨑海岸の様子を見ようとして

市振の土日工房の前を通りかかったら開いていたので、ヒスイ786さんと

4時から6時頃まで話し込んでしまいました。

 

駅前風景 左に王国館

駅前風景 左に王国館

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

ヒスイ即売会場の様子

 

 

 

 

 

 

展示会場風景

展示会場風景

展示会場風景

展示会場風景

展示会場風景

展示会場風景

展示翡翠 青

展示翡翠 青

展示翡翠 ラベンダー イトイガワアイト入り

展示翡翠  イトイガワアイト入りラベンダー翡翠

 

 

 

 

 

2階即売会場の様子

2階即売会場の様子

購入した青翡翠

購入した青翡翠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 35-3 2日目

(2013.05.15 1:00 AM)

2日目(5/10)は薄曇りで爽やかな1日でした。

朝一番に、と言っても午前6時半に宮﨑海岸の東に入る。

ここはライブカメラの中継範囲になっている所で、最近になって比較的翡翠が

拾われている場所です。

潜って翡翠を探している人を見つけましたが、ヒスイハンターのKさんでした。

最近ラベンダーを3個拾ったと聞きました。

翡翠談義の後、一人で波打ち際を歩きましたが翡翠は見つからず、奇麗な赤玉石と

丸くなった礫岩を拾っただけでした。

次に市振海岸の西に移動して、10時から1時間ほど探しましたが成果無し。

2時間ほど仮眠を摂った後、午後2時頃に小滝のポポさんへ行き、ご主人と黒部の

翡翠ハンターTさんと4時過ぎまで楽しく翡翠談義でした。

Tさんは10年ほど前から翡翠を探している方で、最近はなかなか拾えないと

言われていました。

最後は根知の匠・古吹さん宅に寄って、暗くなるまで翡翠談義でした。

 

宮﨑海岸の翡翠ハンター

宮﨑海岸の翡翠ハンター

宮﨑海岸の成果 ?

宮﨑海岸の成果 ?

市振海岸 案内板

市振海岸 案内板

穏やかな市振海岸

穏やかな市振海岸

小滝川 ポポさん前

小滝川 ポポさん前

 

根知谷の夕暮れ

根知谷の夕暮れ

 

 

 

 

翡翠探し 35-2 1日目

(2013.05.14 1:00 AM)

1日目(5/9)は良い天気で、歩くと汗ばむほどでした。

中央自動車道の恵那山トンネル内で事故のため、予定より遅れたので海岸での翡翠探しを

後にして、翡翠午前7時頃に小滝川の上流へ行ってみましたが、雪解け水で水量が多くて、

翡翠探しはできませんでした。

仕方が無いので、小滝のポポさんの前の河原に下りて翡翠を探しましたがありませんでした。

その後は休憩がてら、ポポさんに寄って奥さんと翡翠談義でした。

睡眠不足なので仮眠を摂ってから、午後2時に青海川へ行き、何とか小さな灰色翡翠を2個

拾うことができましたが、まさかこれが唯一の成果になろうとは、、、。

午後4時に原石館を訪ね、翠宝堂の廣川さんと常連のMさん、館長さんと5時過ぎまで

翡翠談義でした。

その後、日没まで時間があったので須沢海岸で日没まで翡翠を探しましたが成果無しでした。

しかし、最後には美しい夕日が慰めてくれました。

 

高浪の池と明星山遠望

高浪の池と明星山遠望

ポポさんの前の河原

ポポさんの前の河原

青海川

青海川

青海川の成果 灰色2個

青海川の成果 灰色2個

穏やかな須沢海岸

穏やかな須沢海岸

須沢海岸の夕日

須沢海岸の夕日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 35-1 成果

(2013.05.13 1:00 AM)

5/9(木)から5/12(日)まで糸魚川へ翡翠探しに行ってきました。

今回はかろうじて、1日目に青海川で灰色翡翠を2個拾うことができました。

残念ながら、海岸での成果はありませんでした。

成果は芳しくなかったですが、自然豊かな海や川でのんびりと翡翠を探したり、

いつものように色々な人と出会って翡翠談義を楽しんだり、翠風展の真柏や山野草を

鑑賞したり、翡翠即売会で原石を購入したりして、充実した4日間でした。

明日から、詳しく報告していきます。

 

成果 青海川

成果 青海川

翠風展会場風景

翠風展会場風景

ヒスイ即売会場風景

ヒスイ即売会場風景

 

 

 

 

 

 

 

 

孔を少し大きくし、孔の周りと全体に丸みを持たせました。

細かな作業でなかなかはかどりません。

割れたり欠けたりしないように慎重に削らなければならないので、

成形にもう一日かかりそうです。

 

**翠風展の鑑賞を兼ねて、木曜日(5/9)から日曜日(5/12)まで、

糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

結果は帰ってからしますので、お楽しみに。

 

ペンダントトップ 翡翠ペンダントトップ 翡翠ペンダントトップ 翡翠

 

 

1 / 212

カレンダー

2013年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031