2014年 7月

かなり色が濃いラベンダー翡翠と今まで加工してきた圧砕翡翠を小割切断機で

板状に切断しました。

今まで使っていた過熱気味のグラインダーの回転が不安定になり、予備に

買っておいたものに交換しました。

回転軸から異音がしていたのでベヤリングの破損かもしれません。

 

翡翠板 ラベンダー 

翡翠板 ラベンダー

翡翠板 圧砕

翡翠板 圧砕

翡翠板 圧砕

翡翠板 圧砕

 

 

炎天下の大須骨董市

(2014.07.30 1:00 AM)

7/28(月)に大須の骨董市へ行ってきました。

18日が翡翠探しと重なり行けなかったので、一ヶ月ぶりになります。

朝の用事を済ませてから市へ行ったので、着いたのが午前11時になってしまい、

炎天下の元で午後1時まで見物してまわりましたが、暑いにもかかわらず結構

賑わっていました。

腕の太さが女性の胴ほどもある筋肉隆々の外国人のプロレスラーを見ました。

どうやって体を鍛えたのだろうか、、、。

今回は、珪化木を2個と初期のコンパクト・デジタルカメラを安く買いました。

小さい方の珪化木は「木化石 中新世 瑪瑙化した木化石 Deschtes、Oregon、

U・S・A」と書いたカードが付いていました。

 

大須骨董市 H26.7.28大須骨董市 H26.7.28大須骨董市 H26.7.28大須骨董市 H26.7.28大須骨董市 H26.7.28大須骨董市 H26.7.28大須骨董市 H26.7.28大須骨董市 H26.7.28

購入した珪化木 大須骨董市 

購入した珪化木     大須骨董市

ペーパーで2000番まで研磨した後、ダイヤセラミカ3000番で仕上げ研磨しました。

上品なしっとりとした光沢があり、いかにも爽やかで清々しい雰囲気を持った勾玉

になりました。

透明度があり、勾玉の中からうっすらと光が射しているようで、神々しさも

漂わせていて、最近のお気に入りです。

この原石があればもっと作りたいのですが、残念ながら手持ちがないので今回の

ような勾玉の製作は何時になることやら、、、、。

大きさは画像1枚目の左より、30.5×21×11mm、25×16.5×9.5mm、21.5×14×8.5mm、

32.5×22×11.5mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

翡翠加工・勾玉 171-3 開眼

(2014.07.28 1:00 AM)

ルーターで眼を開けました。

どれも涼しげで元気一杯、研磨後の出来上がりが楽しみな勾玉たちです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

翡翠加工・勾玉 171-2 成形

(2014.07.27 1:00 AM)

勾玉製作を再開し、成形しました。

と言っても、翡翠探しの報告中に少しずつ加工していました。

外気温が高いせいで、直ぐにモーターが加熱するのでしばらく冷やさなければならず、

勾玉製作が思うようにはかどりません。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

木曜日(7/24)に氷上姉子神社の野鳥生息状況調査に行ってきました。

朝から大変蒸し暑い日で、午前7時20分から8時40分まで調査して

14種類を確認しました。

全身汗びっしょりになり蚊除けの防虫スプレーが途中で効かなくなり、

何度もスプレーをしながらの調査でした。

平野池の水がまだ抜かれていて、そこにアオサギ、ダイサギ、コチドリが

エサを獲りにきていました。

神社近くの畑ではショウリョウバッタ(コメツキバッタ)を見つけ、さらに

境内ではカマキリとカブトムシも見つけました。

梅雨も開け、氷上姉子神社も夏真っ盛りです。

 

平野池 氷上姉子神社

平野池 氷上姉子神社

アオサギ 平野池

アオサギ 平野池

ダイサギ 平野池

ダイサギ 平野池

ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタ

カマキリ

カマキリ

カブトムシ ♀

カブトムシ ♀

 

翡翠探し 56-4 3日目

(2014.07.25 1:00 AM)

3日目(7/21)は午前6時に青海川へ入り、8時半まで翡翠を探しました。

土曜日の夜の雨の影響を心配していましたが、思ったよりも水量が少なく

大小合わせて5個の翡翠を拾うことができました。

先客の鮮明な足跡がついていたので、いいものは既に拾われた後だったらしく

ほとんどが灰色のものでした。

この後、須沢海岸で少し休憩して、大野の翡翠販売店へ行き翡翠談義。

午後の2時に帰路に就きました。

加工に適した上質の翡翠原石を購入する予定でしたが、緑や青、ラベンダーなどの

上質翡翠は驚くほど高価で、今回は小さな原石を1個のみ購入しただけでした。

このまま原石が高騰すれば、趣味の翡翠加工が続けられなくなる、、、。

 

青海川

青海川

青海川の成果

青海川の成果

水中のロディン岩 青海川

水中のロディン岩 青海川

須沢海岸

須沢海岸

須沢海岸

須沢海岸

上質翡翠 大野の翡翠販売店

上質翡翠                              大野の翡翠販売店

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 56-3 2日目

(2014.07.24 1:00 AM)

2日目は、前夜からの豪雨もすっかりやんで清々しい朝でしたが、昼には

かなり暑くなってきました。

午前8時に市振の土日工房へ行き、出店の準備をしました。

9時前からお客さんの来店があり、連休の影響かいつもより盛況の翡翠市でした。

遠くからわざわざ翡翠市に来て頂いた方も多く、楽しく翡翠談義ができました。

同郷の名古屋から来られた方は、翡翠を身に着けていたらいいものが拾えるかも

しれないと言って圧砕翡翠の大珠を買われました。

実際、この後で鮮緑が入った圧砕翡翠を拾われたそうです。

翡翠は翡翠を呼ぶ、単なる偶然とは思えない出来事でした。

午後4時半に片付けを終わり、市振のTさんの翡翠販売店へ行き翡翠談義。

最後は、根知の古吹さん宅へ行き、夜遅くまで翡翠談義でした。

古吹さんは、翡翠を使って仏像彫刻を始められていました。

 

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

土日工房翡翠市 市振

ホオジロ 市振

ホオジロ 市振

 

 

 

翡翠探し 56-2 1日目

(2014.07.23 1:00 AM)

1日目(7/19)は曇り後雨、時々土砂降りの不安定な天気でした。

午前8時半から青海川で翡翠を探し始めたら、小雨が降ってきたので1時間ほどで

切り上げました。

水量も多くて濁っていたので、探す範囲が限られて翡翠を2個拾っただけでした、

休憩の後、午前11時から午後1時半まで糸魚川市大野の翡翠販売店で翡翠談義。

途中土砂降りとなりましたが、プレハブの販売店が建ったおかげでのんびりと

楽しい時間が過ごせました。

午後2時にMさんとヒスイ王国館で待ち合わせをした後、2人でヒスイ原石館へ

行って、いつもの常連さんたちと閉館まで翡翠談義でした。

 

青海川

青海川

青海川の成果

青海川の成果

姫川 大野

姫川 大野

姫川 大野

姫川 大野

大野の翡翠販売店

大野の翡翠販売店

大野の翡翠販売店

大野の翡翠販売店

翡翠探し 56-1 成果

(2014.07.22 1:00 AM)

7/19(土)から7/20(月)まで、糸魚川へ翡翠探しに行ってきました。

1日目は午前中に時々雨が降る中を、青海川で翡翠を探して地味な翡翠を

2個拾いました。

2日目は市振の翡翠市に参加しました。

前夜の雷を伴う豪雨が朝方には止んで、青空の下の翡翠市で連休のせいも

あって、お客さんがいつもより多くて嬉しかったです。

3日目は早朝に青海川で翡翠を探して、大小5個の翡翠を拾いました。

河原には先客の足跡がはっきりと残っていて、良いものは拾えませんでした。

詳しくは明日より報告します。

 

青海川の成果 1日目

青海川の成果 1日目

市振の翡翠市 2日目

市振の翡翠市 2日目

青海川の成果 3日目

青海川の成果 3日目

蒸し暑い日々が続いて、体力も気力も萎えがちです。

と言うことで、ちょっと爽やか系の色合いの勾玉を製作します。

画像右の翡翠はは白色で、右に行くに従って緑色が濃くなっています。

3個とも石目が少なく透明度が高い翡翠なので、出来上がりが楽しみです。

 

勾玉 翡翠

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜日(7/20)の市振翡翠市への出店を兼ねて、7/19から7/21まで糸魚川へ

翡翠探しに行ってきます。報告は帰ってからしますので、お楽しみに。

 

農道で  昨日(7/17)、氷上姉子神社の野鳥生息状況調査に行ってきました。

午前7時20分より9時まで調査して18種類を確認しました。

良く晴れて調査を始める頃には30℃ぐらいになっていて、汗だくの調査になりました。

平野池の水が抜かれていて、干潟のようになった所でアオサギやコサギ、コチドリ、

ハクセキレイがしきりにエサを探していました。

斎田のイネが成長して青々としてきました。定点観測をしていると成長の様子が

よく分かります。後3ヶ月もすれば黄金色の穂が実り収穫の時期を迎えます。

羽化に失敗して翅が歪んでしまったタマムシを見つけました。

どうやら氷上の森で繁殖している様です。

この前まで元気よく泣いていたキビタキの声が聞こえませんでした。

ここでの繁殖を諦めて、もっと山奥の涼しい森へ移動したのかもしれません。

 

平野池

平野池

平野池

平野池

左 ・アオサギ 右 ・コサギ 平野池

左アオサギ 右コサギ 平野池

 

 

氷上姉子神社

氷上姉子神社

斎田 氷上姉子神社

斎田 氷上姉子神社

タマムシ 氷上姉子神社

タマムシ

 

投稿している作品とは別に、思いついたちょっと変わった形の作品を

こつこつと製作してきました。

皆さんの反応が知りたいので、今度の日曜日(7/20)に市振の翡翠市で

販売しようと思います。

大きさは画像1枚目の左から26×32×9mm、41×21×7mm、29×185.×5mm、

26×8.5×2mm、35×16×5mmです。

珍しい異形勾玉に興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠

 

異形勾玉 翡翠異形勾玉 翡翠


 

ペーパーの400番まで研磨して完了です。

禽獣首勾玉の成形と研磨にはかなり手こずり、完了までに多くの時間がかかりました。

古代人はどこからこのような複雑で力強い形を思いつき、そしてまた、何故一番硬い

翡翠でつくろうと思ったのだろうか、、、。

大きさは画像1枚目の左より、51×34×15mm、48×33×13mm、47×32×13.5mmです。

 

禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠

 

禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠

 

 

ルーターで線刻した後、全体のバランスを考えて形を修正しました。

形が独特で複雑なので、この段階までくるのが大変でした。

後は研磨ですが、艶消し状態にするつもりです。

 

禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠

 

 

ルーターで眼を開けました。

眼の位置が中心より少し前寄りにずれていますが、出土品もこうなっています。

何故ずらしたのでしょうか、、、。

 

禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠

グラインダーとルーターでおおよその形に切削しました。

尾の所の曲がりが急なので、ここのカーブの切削が難しく時間がかかりました。

また、全体に複雑な形なのでルーターを多用しなければならず、成形に時間が

かかりました。

 

禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠

 

小滝川産の圧砕緑翡翠と横川産の青翡翠を使って禽獣首勾玉を製作します。

以前切断しておいた翡翠板の中から3枚を選び出し、小割切断機を使って

これらからおおよその形を切り抜きました。

 

禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠禽獣首勾玉 翡翠

 

青海川産と思われる緑の翡翠と黒の翡翠を板状に切断しました。

緑の方は、硬くて透明度もありますが、サビと石目が入っています。

黒の方は、灰色との境がはっきりしていて、寄木細工の様な珍しい模様をしています。

 

翡翠板 緑翡翠翡翠板 緑翡翠

 

翡翠板 黒翡翠翡翠板 黒翡翠

 

ペーパーの1500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの3000番で仕上げ研磨しました。

良い塚が出て小さな勾玉でも眼をひきます。

今回は5種類の色の勾玉を製作しましたが、並べてみるとそれぞれに良さがあります。

色の多様さが翡翠の魅力の1つで、どの色を選ぶかは好みの問題でしょうか、、、、。

大きさは、画像1枚目の左より38×26×13mm、28×20×10mm、27×18×9mm、

27×18×9mm、31×20×10mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

1 / 212

カレンダー

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031