2016年 9月

ペーパーの1,500番まで研磨してから、ダイヤセラミカの10,000番で研磨して完成です。

曇天の撮影でラベンダー色がうまく再現されていませんが、自然光で見ると灰白地に

うっすらとラベンダーが浮かんだ上品な勾玉と大珠です。

大きさは画像一枚目の左より27.5×18.5×9mm、27×8.5×10mm、32.5×7.5×8mm、

33×14×8mm、52×20×11mmです。

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

大須骨董市 2016.9.28

(2016.09.29 1:00 AM)

9/28(木)、一ヶ月ぶりの大須骨董市へ行きました。

用事を済ませてからだったので午前10時ごろに会場へ行きましたが、雨が降ったり

止んだりで露店の数もお客さんの数も少なかったです。

雨に弱いカメラや時計などの精密機械類を並べている店はほとんどなく、自分としては

物足りない骨董市でした。

それでもいつもの店で古風な手巻き式腕時計と派手な今時のクォーツ式腕時計を買い、

昼頃に本降りになってきたので早々に引き上げました。

購入した時計は雨で濡れていたので動くかどうか心配でしたが、帰宅してから調整したら

問題なく動きました。手巻き式の方は海外ブランドの時計のようです。

 

大須骨董市 2016.9.28大須骨董市 2016.9.28大須骨董市 2016.9.28大須骨董市 2016.9.28大須骨董市 2016.9.28大須骨董市 2016.9.28大須骨董市 2016.9.28大須骨董市 2016.9.28

大須骨董市 2016.9.28

購入した腕時計

 

 

 

ルーターで眼を開けました。

真ん中の大珠の眼の位置を初めの予定の逆にしました。

ラベンダーの模様の入り方から考えて、この方が見栄えがします。

大珠の場合、今回のよう上下を逆にすることが時々あります。

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

グラインダーで成形しました。

勾玉でもそうですが、単純な形の大珠でも滑らかで優雅な曲面を削り出すのは

難しいです。

左の2個の勾玉にチタン石の白い斑点が入っていますが、この鉱物のチタンが

ラベンダー色の発色の原因ということなのでラベンダー翡翠にはよく見られます。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

ラベンダー翡翠を加工して勾玉と大珠を製作します。

右のラベンダー翡翠は青海川で自主採取したものです。

まず、それぞれの翡翠板から勾玉の原型2個と大珠の原型3個を切り抜きました。

 

勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠勾玉 大珠 ラベンダー翡翠

 

 

 

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨して

完成です。雨の日で暗かったのでLED照明下で撮影しました。

色の再現性が悪いですが可愛らしさは捉えていると思います。

大きさは画像一枚目の左より、30×19×10mm、28×17.5×9mm、25×16×9mm、

26×16×8.5mm、31.5×18.5×11mmです。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

下段の2個の獣形勾玉に線刻をしてから、全体を180番のペーパーで粗磨き

しました。

上段の小さな3個の獣形勾玉は可愛らしさを残すために線刻しませんでした。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

ルーターで眼を開けました。

眼が開いたので急に可愛らしい生き物に見えてきました。

この後、表情をつけるために線刻を考えています。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

グラインダーで成形しました。

はじめは同じ形にする予定でしたが、成形している間に気が変わり、より個性化を

図るために頭の形を少しづつ変化させてみました。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

 

綺麗な上質の翡翠原石が手に入りにくい状況なので、今までに溜め込んでいた翡翠板を

使って獣形勾玉を製作しようと思います。

まず、勾玉ができそうな綺麗なものを選び出し、それぞれから獣形勾玉の原型を切り抜き

ました。上から緑、ラベンダー、黒、青、白の五色 です。

 

獣形勾玉 翡翠獣形勾玉 翡翠

獣形勾玉 翡翠

 

 

 

 

 

翡翠探し 89-2 2日目

(2016.09.20 1:00 AM)

2日目(9/18)は昨日からの雨が降り止まず時々激しく降る中を、午前8時に市振の

土日工房へ行き翡翠市の準備をしました。

雨の日で客足が悪く、仲間同士の翡翠談義で時間をつぶしていましたが、ぼつぼつと

近くや遠くからの来場者が続き、雨でも翡翠市をやって良かったと思いました。

人気のある綺麗な緑や青の勾玉や大珠を製作したいのですが、原石が手に入りにくい

状況なのでお客さんの期待に添えないのが残念です。

市での翡翠談義の時、ヒスイ786さんに最近海中から採取した大きなコランダム約27Kg

と翡翠加工の匠・Yさんに昔に採取された全緑の上質翡翠を見せてもらいました。

めったに見られないコランダムと翡翠原石です。画像でお楽しみください。

午後4時に翡翠市を終え、市振の翡翠販売店へ寄って常連さんたちと翡翠談義を楽しみ、

午後6時過ぎに帰路につきました。

今回の翡翠紀行は翡翠探しができなくて日頃のストレスが解消されず、心身共に疲れ気味

に終わりました。

 

土日工房翡翠市 2016.9.18土日工房翡翠市 2016.9.18

土日工房翡翠市 2016.9.18

春翠コレクション

土日工房翡翠市 2016.9.18

大きなコランダム    ヒスイ786さん所有

土日工房翡翠市 2016.9.18

全緑上質翡翠 翡翠加工の匠・Yさん所有

土日工房翡翠市 2016.9.18

全緑上質翡翠 翡翠加工の匠・Yさん所有

 

翡翠探し 89-1 1日目

(2016.09.19 2:30 AM)

9/17(土)、9/18(日)と糸魚川地方へ勾玉の販売に行ってきました。

1日目は道の駅・マリンドリーム能生、2日目は市振の土日工房です。

まずは1日目(9/17)。

マリンドリーム能生の一階・入り口を入った右側で、大野の翡翠販売店のTさんと

助っ人のNさん、青海のみどり店のIさん、そして春翠の四人で翡翠の勾玉やアクセ

サリーを販売しました。

画像のように販売テーブルが一台しかないので、狭いところに厳選した春翠コレク

ションを並べました。条件が悪いです。

ここへ来るお客さんはカニを食べに来ているので、翡翠に興味を示さずテーブルの

前を素通りです。どうなることかと心配していたら、嬉しいことに市振の翡翠市へ

来られる常連さん・静岡の男性二人が来店されて春翠コレクションを買われました。

午前9時から午後4時まで粘り、合計で3人のお客さんに勾玉や垂飾を購入して

いただき、なんとか名古屋からの出張経費がまかなえました。

本当に助かりました。ありがとうございました。

展示即売会終了後、糸魚川の小さなヒスイ原石館へ行き、いつもの常連さん達と

翡翠談義でした。最近来館者が多く、座れないほど盛況でした。

春翠コレクションの新作を見てもらったり、海岸で拾われた翡翠の原石や写真を

見せてもらったりと、暗くなるまで楽しい時間を過ごし、とうとう翡翠探しは

できませんでした。

 

翡翠展示即売会 マリンドリーム能生翡翠展示即売会 マリンドリーム能生翡翠展示即売会 マリンドリーム能生翡翠展示即売会 マリンドリーム能生小さなヒスイ原石館小さなヒスイ原石館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

結晶の大きなところの艶が出にくかったので、2,000板まで研磨しました。

白地にうっすらとラベンダー色や緑色が滲んだ、スラリとした上品な勾玉です。

大きさは画像一枚目の左より、30.5×16.5×12.5mm、30×21×11.5mm、

37×25×13mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/17(土)、9/18(日)に糸魚川へ翡翠探しに行ってきます。

と言っても、9/17(土)には道の駅・マリンドーム能生にて勾玉の販売、そして

9/18(日)には市振・土日工房にて勾玉の販売をしますので、翡翠を探す時間が

取れないかもしれません。

時間がありましたら、道の駅・マリンドリーム能生、市振・土日工房にお越しください。

よろしくお願いします。

 

翡翠加工・勾玉 295-3 開眼

(2016.09.16 1:00 AM)

ルーターで眼を開け、その後全体を見直して、よりスマートに見えるように

背や腹の部分を削りました。

優雅な曲線、なめらかな曲面を削りだすのには気を使います。

削っては確認、削っては確認の繰り返しです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

翡翠加工・勾玉 295-2 成形

(2016.09.15 1:00 AM)

グラインダーで成形しました。

今回は少し細めにして八頭身美人を目指します。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

翡翠加工234の勾玉と同じ翡翠原石の板です。

白地に薄い緑とラベンダー色が混じる小滝産の三色翡翠で、透明感があります。

まず勾玉と垂飾の原型を切り抜きました。

 

翡翠板 三色勾玉 翡翠勾玉 翡翠

ペーパーの2,000番まで研磨して完成です。

ビカビカに磨いて艶を出したので小さくても目立ちます。

大きさ(縦の長さ)は画像一枚目の左より、25mm、26.5mm、16mm、20mm、20mm、

18mm、17mm、22mmです。

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

ルーターで目を開けました。

形も色もいろいろで、それぞれが小さいながらにも個性を主張しています。

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

グラインダーで成形しました。

成形中に気になる石目を削り取ろうとして、削りすぎて薄くしすぎたせいか

石目で割れてしまいました。

作品が小さいと石目で割れやすいので要注意です。

ちなみにこれら小物たちは 大きなものでも25mmほどしかありません。

 

小物たち 翡翠小物たち 翡翠

 

今回は端材を加工して小さな垂飾を作ります。

端材とは言っても、上質翡翠の端材で色が綺麗で透明感もあります。

色は緑と薄いラベンダー、青です。

まず、大まかな形に切り抜きました。

 

翡翠の端材 各色垂飾 翡翠各色垂飾 翡翠各色

1 / 212

カレンダー

2016年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930