2017年 3月

ペーパーの180番で研磨して、成形時の凹凸をできるだけ無くしました。

勾玉の眼の周りの面取りと研磨も済ませてあるので、後はペーパーの番手を上げながら

時間をかけて丁寧に研磨すれば艶のある勾玉の完成です。

大きさは画像一枚目の左より、24.5×16×9mm、24.5×16.5×9.5mm、29×19×9.5mm、

28×19×10mm、29.5×19.5×11mm、31.5×21×12mmです。

 

勾玉 翡翠

勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

ルーターで眼を開けました。

ここまでくれば、後は耐水ペーパーでひたすら手磨きすれば完成しますが、より良い作品に

してもらいたいので、この後に眼の周りの面取り、ペーパーの180番での粗研磨をします。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

グラインダーで成形しました。

勾玉製作の工程の中でこの段階が一番手間がかかるところなので、グラインダーがないと

難しいですが、この後の穿孔・開眼はルーターがあれば難なくできます。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉を作ってみたいけれど工具がない人のために、成形まで済んだ未研磨勾玉を製作します。

この後は、市販の耐水ペーパーでひたすら研磨すれば完成です。

この研磨作業を通して、勾玉製作の面白さの一端を知っていただけたらと思います。

まず、いろいろな色の加工用の翡翠板から勾玉の原型6個を切り抜きました。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

 

 

 

 

2 / 212

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント