2018年 11月

翡翠加工・玉斧 408-1 切断

(2018.11.29 5:00 PM)

石目が多い入りコン沢の青翡翠ですが、ちょうど半分の厚さの所に石目が一周しているので、

後々のために、この石目で切断しました。

そして、この薄くなった翡翠板で玉斧を製作することにしました。

 

青翡翠 入りコン沢青翡翠 入りコン沢

 

青翡翠 入りコン沢青翡翠 入りコン沢

 

大須骨董市 2018.11.28

(2018.11.28 11:00 PM)

11/28(水)の午前10時から午後12時半までの間、大須骨董市の日へ行ってきました。

天気予報が外れ、気温が20℃にもなる小春日和の上天気でした。

まずいつもの訳ありのジャンク時計とカセットテープレコーダー、計算機を買ってから、

後はゆっくりと各店を見て回りました。

今回初めて黒曜石を見つけました。長野の和田峠産、北海道の白滝産となっていて

ちょっと心が動きましたが、既に持っているので買いませんでした。

ゆっくり食事をして、たこ焼きやたい焼き、お好み焼きを買って帰りました。

購入したジャンクカメラの中の真ん中のものは、外見は腕時計ですが中身は超小型カメラ

になっていて、中に電子基盤がびっしり詰まっていました。

残念ながら、バッテリー切れで使い物になりません。

他の時計とカセットテープレコーダー、計算機は注油したり、電池を入れ替えたりしたら

正常に動きました。

 

大須骨董市 2018.11.28大須骨董市 2018.11.28大須骨董市 2018.11.28大須骨董市 2018.11.28大須骨董市 2018.11.28大須骨董市 2018.11.28大須骨董市 2018.11.28

大須骨董市 2018.11.28

購入した腕時計など

大須骨董市 2018.11.28

腕時計型超小型カメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペーパーの800番まで研磨しました。

さらに玉斧と円形垂飾はダイヤセラミカで仕上げ研磨しました。

緑色の圧砕模様が力強くて若々しく、生命力にあふれた勾玉と垂飾たちで

大きさは画像一枚目の上段左より、28.5×20×10.5mm、27.5×19.5×10.5mm、

27×27×6.5mm、下段左より、31.5×20.5×5mm、46×8.5×10mmです。

 

勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠

 

勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠

 

ルーターで眼を開けました。

どちらかというと勾玉の方が眼のように感じます。

 

勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠

 

グラインダーで成形しました。

勾玉の成形は久しぶりなので、少し手間取りました。

腰のあたりの曲がり具合が微妙で、全体のバランスを取るのが難しいです。

 

勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠

勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠

 

昨日切り出した翡翠板の中から一枚を選び出し、勾玉と垂飾の原型を大まかに

切り抜きました。

石目が少ないので、無駄なく石取りできました。

 

勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠勾玉 垂飾 圧砕緑翡翠

 

 

 

 

今年の中頃に購入した、小滝の圧砕翡翠を加工して勾玉と垂飾を製作します。

原石の真ん中に石目があったので、ここで打ち割り、片方を板状に切断して

使えそうな板4枚を取りました。

 

圧砕緑翡翠 小滝圧砕緑翡翠 小滝

 

圧砕緑翡翠 小滝翡翠板 圧砕翡翠

 

翡翠探し 108-2 2日目

(2018.11.20 10:40 PM)

2日目(11/18)は翡翠市の日。

寝坊して早朝の翡翠探しができなくなり、午前8時に市振の土日工房へ行くと、

すでに気の早い原石目当てのお客さんがいました。

午前中はお客さんが多かったのですが、午後からぱったりと途絶えました。

遠くの他府県からの勾玉目当てのお客さんが少なく、赤字になりました。

ご来店の皆さん、ありがとうございました。12月に期待して、新作を製作します。

昨日触れた連結翡翠の続きですが、同じ海岸で8ヶ月ぐらいの間隔で二人の

翡翠ハンターに拾われた上質の連結青翡翠を見せてもらいました。

奇跡の連結翡翠と驚きましたが、考えてみればあり得ることで、山から海まで

流れ落ちてくるまでに大きな翡翠が細かく割れて、さらに波の力で細かく割れて

浜に打ち上げられたのだから、採取されたかなりの海石が連結翡翠になっている

と思います。

いままでは、翡翠ハンター同士のつながりが少なく、採集した翡翠の連結性を

確認した人がいなかっただけなのかもしれません。

それにしても、翡翠ハンターの目の確かさと努力と執念に脱帽です。

午後4時に翡翠市を終えて、ヒスイ原石館へ行き常連さん達と翡翠談義を楽しみ、

午後6時に帰路につきました。

ますます思うような翡翠原石が手に入らなくなっています。

そろそろ原石の購入を控えて、いままで集めた手持ちの原石を加工にまわす時が

来たようです。

 

市振の翡翠市

市振の翡翠市

市振の翡翠市

春翠コレクション

市振の翡翠市

春翠コレクション

市振の翡翠市

奇跡の連結青翡翠

ヒスイ原石館 談笑風景

ヒスイ原石館 談笑風景

上質翡翠 ヒスイ原石館

上質翡翠 ヒスイ原石館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翡翠探し 108-1 1日目

(2018.11.19 11:40 PM)

11/17(土)、11/18(日)に糸魚川へ翡翠探しに行きました。

しかし今回は、フォッサマグナミュージアム(FMM)の特別展示・翡翠展の見学と翡翠市へ

の出展に時間を取られて、翡翠探しができませんでした。

まずは1日目。

土曜日の朝10時半に出発したので小雨の糸魚川に入ったのが午後3時過ぎになってしまい、

FMMの閉館まで時間がないので、途中の大野の翡翠販売店へ寄ってからすぐにFMMへ行き、

とりあえず特別展示の翡翠を拝見。

下からライトアップされていた勾玉は、ロウカンと言って良いほどの緑色と石質で、魅惑的な

光を発していました。また、朝日貝塚の大珠は大きくて存在感がありました。

勾玉も大珠も、古代人が精魂込めて翡翠を加工した痕が見て取れて、大変参考になりました。

(残念ながら特別展示品は撮影禁止なので画像はありません。)

常設展示では、奇跡の3連結翡翠を見てきました。奇跡を呼び寄せた、どんな翡翠も見逃さない

翡翠ハンターたちの執念を感じます。

連結翡翠に関しては、明日の翡翠市で別の奇跡に出会います。

1時間ほど特別展を見学た後、ヒスイ原石館へ行き、常連さん達と閉館過ぎまで翡翠談義を

楽しみ、今日一日の強行軍の疲れも取れました。

 

姫川 大野付近

姫川 大野付近

FMM 入り口

FMM 入り口

FMM 展示風景

FMM 展示風景

FMM 展示風景

FMM 展示風景

FMM 3連結翡翠

FMM 3連結翡翠

FMM 常設展示翡翠

FMM 常設展示翡翠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

投稿作品と平行に少しづつ製作したものなので、製作工程の画像はありません。

入りコン沢の青、横川の青、青海川のラベンダーと緑、小滝川の白緑翡翠など、形や色の

バラエティーに富んでいます。

大きさは画像一枚目の上段左より、26mm、36mm、28mm、27mm、

下段左より、32mm、26mm、25mm、28mmです。

 

垂飾 糸魚川翡翠垂飾 糸魚川翡翠

 

垂飾 糸魚川翡翠垂飾 糸魚川翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/18(日)、市振の翡翠市に出店して春翠コレクションを販売します。

勾玉や大珠、垂飾、翡翠の原石などに興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨

しました。

全体が薄い青色で透明感があり清楚で上品です。

大きさは画像一枚目の左より、29.5×18.5×4.5mm ,

27.5×16.5×7mm、31×16.5×9.5mm、26.5×20×9.5mm、21.5×23×4mmです。

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

翡翠加工・垂飾 405-3 開眼

(2018.11.14 5:00 PM)

眼が開き、キリッと引き締まった感じがします。

勾玉と同じように、眼が開くと命を宿したように感じます。

不思議です。

気になる石目を削り取ったため、右上の円形垂飾の形が予定より

少し変わりました。

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

翡翠加工・垂飾 405-2 成形

(2018.11.13 9:40 PM)

グラインダーで成形しました。

石目はできるだけ切削しましたが、まだ少し残っています。

これ以上切削すると形が崩れてしまうので、後の研磨工程でできるだけ

取り除きます。

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

かなり以前に2回加工したことのある薄い青色の翡翠を加工して垂れ飾りを

製作します。産地は購入時に聞き忘れてしまったので不明です。

石目で板を小さく割ったブロックの中から4個を選び出し、これらから垂飾の

原型を5個切り抜きました。

 

薄青翡翠薄青翡翠

 

垂飾 薄青翡翠垂飾 薄青翡翠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・フォッサマグナミュージアム特別展

フォッサマグナミュージアム特別展

 

ペーパーの2,000番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨

しました。

独特の模様で派手そうな感じですが、深緑と黒の模様なので落ち着いた雰囲気を

もっています。透過光はもちろん綺麗なエメラルドグリーンです。

石目が多いですが、それほど気になりません。

大きさは画像一枚目の左より、28×28×7.5mm、28×17×5.5mm、15×15×5mm、

31×21×8mm、15.5×7×5mmです。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

ルーターで眼を開けました。

小さな孔は問題なく開きましたが、孔を拡げるときに右下2個が割れて

しまいました。

仕方なく再成形して眼を開けたので、かなり小さくなりました。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

グラインダーにダイヤモンドディスクを装着して成形しました。

エメラルドも硬いはずですがダイヤモンド工具には歯も立つはずがなく、問題なく

切削できました。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

エメラルドの原石の板を石目で割ってから、垂飾の原型を切り抜きましたが、

ものになりそうな大きさのものが5個しか取れませんでした。

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

垂飾 エメラルド原石垂飾 エメラルド原石

 

ブラジル産のエメラルド原石を加工して垂飾を製作します。

この原石は京都の鉱物展で購入したもので、エメラルドの大小の結晶が

黒い母岩の中に寄り集まっているものです。

切断面を見ると石目が網の目のように入っていて、どこか圧砕翡翠の模様に

似ています。

まず、原石を小割切断機で板状に切断しました。

 

エメラルド原石 ブラジル産エメラルド原石 ブラジル産

 

エメラルド原石 ブラジル産エメラルド原石 ブラジル産

 

2日目(11/4)は早朝の午前6時半から宮崎海岸で翡翠探し。

50人ほどの釣り人の間を縫って歩きながら、3時間ほど翡翠を探しましたが、

結果は小さな翡翠2個とメノウ1個でした。なかなか厳しいです。

新しく建ったヒスイテラスに寄る元気もなく、すぐに親不知ピヤパークへ

行き、休憩を兼ねて翡翠を販売している顔見知りの露店で翡翠談義。

ここのピアパークで食べたカニ汁とホタテの串焼きが美味しかったです。

次に姫川沿いのTさんの翡翠販売店へ行き、小滝の圧砕翡翠を中国で加工して

製作した勾玉を見せてもらいましたが、なかなかの出来で侮れません。

次に小滝のポポさんで翡翠談義をした後、ヒスイ王国館の翡翠・ミネラルフェア

を見に行き3,000番の研磨ディスクを購入。

最後は、ヒスイ原石館へ行き翡翠談義をした後、午後6時に帰路に着きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翡翠の産地偽装はネット販売ではよくあることですが、糸魚川の翡翠業界でも

あるという噂を耳にして、もし事実なら残念でなりません。

糸魚川翡翠とすれば高く売れる、入りコン沢の青翡翠とすればもっと高く売れる

と考えてのことだと思いますが、お客さんの信用を大事にして誠実に販売して

ほしいものです。

 

早朝の宮崎海岸

早朝の宮崎海岸

宮崎海岸の成果

宮崎海岸の成果

ヒスイテラス 宮崎海岸

ヒスイテラス 宮崎海岸

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

露店 親不知ピアパーク

姫川 大野付近

姫川 大野付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧砕翡翠の緑勾玉 Tさん

圧砕翡翠の緑勾玉 Tさん

小滝川の紅葉

小滝川の紅葉

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

 

 

 

 

 

 

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

糸魚川翡翠・ミネラルフェア 2018 その2

会場風景

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930