翡翠加工・白と青 87-3 研磨完了

ペーパーで2000番までとダイヤセラミカ3000番で研磨完了です。

白の勾玉は、結晶の大きさが2種類あって研磨に苦労しましたが、何とか艶を出して

かき氷を固めて作ったような勾玉になりました。

青の勾玉と大珠は、今まで見えにくかったコン沢産の青翡翠独特の色が表面に現れました。

しかも、透過光が奇麗な青色で他の色の翡翠には無い雰囲気があります。

大きさは、白の大きい方の勾玉で30×20×10mmで、青の大きい方の勾玉で25×17×8mmです。

また、ひねり大珠は24×17×6mmです。

 

** 日曜日から3日間ほど、糸魚川で土曜日から開催されている「翡翠鉱物展」の見学を

兼ねて、翡翠探しをしてきます。結果は帰ってから報告しまので,お楽しみに。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 翡翠

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

magickei :

こんばんは

本日,本ページの透過光の入りコン沢産勾玉を手に入れました。
小さい勾玉ですが,青色がとてもすばらしく,また透過光も良く
とても気に入っております。

今後とも作品製作応援しております。

春翠 :

magickeiさん、こんばんは。

濃紺で透明度の高い青翡翠の勾玉はmagickeiさんが買われたのですね。
石目もほとんど無く、奇麗な透過光で自分でも気に入っていた勾玉です。

入りコン沢の青翡翠は原石を持っている人が少なく、人気が高く高価なので
なかなか手に入りませんが、石目が少なくて加工に向いているものがあったら、
何とか手に入れたいと思っています。

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031