翡翠加工・ ピンク 97-5 研磨完了

やっと研磨が完了しました。ペーパーで2000番までです。

前に書いたように桃簾石は翡翠に比べて軟らかいので、勾玉の研磨中に思ったよりも

削ってしまって形が崩れ、整形のやり直しを何回もすることになってしまいました。

軟らかいのも良し悪しで、硬い方が加工し易いということもありますね。

ほんのりとピンクに染まった癒し系の作品になったと思います。

大きさは、画像一枚目の上段左の本勾玉で29×19×9mmで、

同じくその右の獣形勾玉で25×16.5×8.5mm、

同じく下段左の円形大珠で26×26×6.5mmです。

 

勾玉 大珠 桃簾石 勾玉 大珠 桃簾石 

 

勾玉 大珠 桃簾石 勾玉 大珠 桃簾石 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

縁結人 :

右下の写真良いですね~
とても楽しそうです♪
削りすぎると全体のバランスをとるのに何度も削ることになって、結果本来よりも小さくなってしまうのですね・・・石の加工は繊細なものですね。

春翠 :

縁結人さん、今晩は。

本勾玉は2度ほど整形のやり直しをしたので、初めの大きさよりも二回り程
小さくなりました。
軟らかい石は、それなりの専用の工具を揃えないと難しそうです。

コメントする

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031