翡翠加工・ ピンク 98-3 開眼

ルーターで眼を開けました。

今回は穴の貫通間際に反対側から開けて、穴の周りが欠けることがない

ように気を付けました。

淡いピンク色は満開の桜のように、周りの雰囲気をパッと明るくするようです。

 

勾玉 大珠 桃簾石勾玉 大珠 桃簾石

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

縁結人 :

満開のさくらのような春らしい雰囲気が漂っていて良いですね!
春が待ち遠しいですね!
甘い桜餅食べたくなりました(笑)
あれを食べてるときって、その場の雰囲気がパッと明るく楽しくなりますよね~!

春翠 :

縁結人さん、今晩は。

桜餅は塩味のする桜の葉と甘いあんこのバランスが良くておいしいですね。
掲示板によると、宮﨑海岸で縁結人さんを含めて多くの翡翠ハンターさんが
良い翡翠原石を拾われていて、うらやましい限りです。
早く白馬の雪が溶けないかなぁ、、、。

縁結人 :

おはようございます。
今日はサービス出勤です(泣)
朝日町の天気予報は小雪なんですが、富山市は朝から良い天気です。
距離にして50キロほどしか離れてなくても、随分と違います。
宮崎海岸と天険を挟んだ親不知海岸でも冬場は随分と違うことがあります!
今ほど入善土木のライブカメラ見たら、海岸は荒れてるかのようなピンボケ画像でした。波は木曜がなかったみたいですが、昨日辺りからまた2メートル越えのようです。
雪は見えてますけど、薄っすらでべちゃべちゃです。
昨年の今頃は海岸でも積雪が多く、腰までラッセルして降りたこともあったと記憶しております。今年は宮崎も石が出ていることが多いので、昨年みたいな完全砂浜状態ではないこともあり皆さん成果をあげられているのだと思います。
そうは言っても、列島の背骨を越えて来られる春翠さんの目の前には白馬が・・・。おかげさまで年末からようやく宮崎産の石が拾えるようになってきましたが、なんだか申し訳ない気分でいっぱいです!
昨年の宮崎海岸では私的にはまったくと言えるほどに拾えなくて、時々海岸でお見かけする長野の髭さんと立ち話をした際にも、宮崎海岸始まって以来の不漁と仰ってましたので、今度こそ枯渇したかと噂し合っておりました。
地元朝日町のまいぶんKANの学芸員さんには拾えた際には報告に行くことにしておりますが、「嫉妬してしまう」程に好調ですねと言われております。学芸員さんのところには、縄文早期の美しい透過も優れたヒスイ原石の出土品もあり、また鑑定依頼に来られる方や取材にこられるメディアも多いとのことで、「今でも5~6千年前と変わらず、確かにヒスイが打ち上げられ続けている」ことを自信をもって語れることの証明となると、拾った石をお見せする度に喜んで頂いております!

縁結人 :

書き忘れました。

今年はラベ系を拾われてる方が多いようです!
ラベの当り年なんでしょうか?
因みに私はラベとのご縁が薄いので、ぜひともあやかりたいです!!

春翠 :

縁結人さん、今晩は。

今年は去年より雪が少ないのでしょうか。
皆さん、成果をあげられているのでうらやましい限りです。
昔よりは質と量は低下しているけれども、まだまだ翡翠が拾えるので
諦めきれません。
当分は糸魚川に通うことになりそうです。
奇麗なラベンダーは私もあまり拾ったことが無いので、今年は拾ってみたいです。

コメントする

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031