翡翠加工・ 大珠 100-3 開眼

ルーターで眼を開けました。

前回より厚さが無いので、穴開けは割と簡単でした。

左は濃い緑、中は緑、右は薄い緑が多く入っています。

同じ翡翠板から切り抜いても、場所によって、このように色合いが微妙に違ってきます。

また、表と裏でも表情が異なります。

これが翡翠の面白い所です。

 

大珠 翡翠大珠 翡翠

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

縁結人 :

おはようございます。
翡翠の微妙な表情の違いは個性的で楽しいですね!
昨日FMMに立ち寄り、今年初めて宮島先生とお会いでき、鑑定ついでに微妙な翡翠の表情についてお話を聞いてきたところです!
カポジョンなどに加工された翡翠はパッと観、同じ色に見えるけれど、下から光を当てると均一なものはほとんどないとのことでした。

春翠 :

縁結人さん、今晩は。

翡翠原石やそれから作られた作品に同じ表情のものは無く、
全て一点ものだと思います。
その中に必ず琴線に触れるものがあり、魅了されてしまう。
翡翠とは実に不思議な鉱物だと思います。

コメントする

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031