翡翠加工・特大大珠再挑戦 137-4 開眼

大珠の厚さが4センチ近くあるので、ルーターで孔を開けるのに苦労しました。

貫通した孔を広げる時には、ルーターの加熱に気を付けて、少しずつ径の大きな

ダイヤモンドビットに換えながら慎重にやりました。

また、穿孔後にも整形のために、砥石で手磨きをしました。

 

特大大珠 翡翠特大大珠 翡翠特大大珠 翡翠

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ゆみ :

春翠さん、大きくてとても美しい大珠ですね♪
わたしも自分で加工ができるといいのに。。。

こないだいただいたひすい、可愛くてとても気に入っています。
大切にしますね。

新しい年も笑顔いっぱいの素敵な一年になりますように♪

Neco :

こんにちは

私の場合、穴の大きさを広げる時にダイヤモンドヤスリなども使います。

さて、今年は結局一度も糸魚川へはいけませんでした。来年も現状だと難しいです。仕方ないです。

なお、現在ぐいのみを製作したい石の在庫がないので、仕方なく多治見の土岐石展の帰りに、土岐川の川原で拾った石で、ぐいのみを製作していますが、気分的には、ヤル気がでません。

春翠 :

新年明けましておめでとうございます。
昨年同様、応援よろしくお願いします。

ゆみさん、今晩は。

勾玉を気に入ってもらえて良かったです。
これを支えにして、今年も頑張って勾玉や大珠を作ります。
糸魚川のヒスイ原石館でお会いして、また京都弁が聞きたいです。

Necoさん、今晩は。

お久しぶりですが、お元気ですか。
土岐石展ではすれ違いが続いて、お会いすることができず、以前に
頼まれていた奇麗なロディン岩をお渡しすることができませんでした。
今年は、何とかお会いしたいものですね。

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930