翡翠加工 1-4 研磨途中

粒度240番と400番で研磨しました。

240番の研磨のとき、勾玉の1つを削りすぎてまたグラインダーでの成形に戻ったりして

時間がかかってしまった。ちょっとスリムな勾玉になりました。

240番は削る作用が強いので注意していたのですが迂闊でした。

ともかく400番まで磨きました。

自分としては、このぐらいの艶が自然で良いと思うのですが、どうでしょうか ?

次は、600番から始めて2000番まで磨いていきます。どうなりますか、お楽しみに。

糸魚川翡翠 勾玉

自然な艶が出ています

糸魚川翡翠 勾玉

糸魚川翡翠 勾玉

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031