翡翠加工・牙形勾玉 206-1 切り抜き

今まで何度も加工してきた小滝産の圧砕翡翠を使って牙形の勾玉を製作します。

細かな石目とサビがあちこちに入っているので完全に取り除いた作品はできませんが、

牙形勾玉ならば多少入っていてもマイナスにはならず、かえって野性味がでて個性的で

面白い作品になると思っています。

まず、翡翠板からおおよその形を切り抜きました。

 

牙形勾玉 圧砕翡翠牙形勾玉 圧砕翡翠牙形勾玉 圧砕翡翠

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30