翡翠探し 70-3 3日目

3日目(6/22)の朝は小雨が降っていたので迷いましたが、少しずつ天気が

回復してきたので午前7時に宮崎海岸へ入りました。

釣り人がほとんどいない海岸をじっくりと2時間、翡翠を探しましたが一つも

見つかりませんでした。すれ違つた3人の翡翠ハンターさんも苦戦中でした。

ほんとに拾えなくなりました。

浜に打ち上げられたカタクチイワシの稚魚をウミネコが食べに来ていて、

近づいても逃げなかったので写真をパチリ。

休憩後に青海川へ行って1時間半ほど翡翠を探しましたが見つからず、代わりに

オンファサイト(オンファス輝石)らしき緑の石を拾いました。

月曜日で翡翠関係の店がみんな閉まっていたので翡翠談義をすることもなく、

昼過ぎには帰路に就きました。

今回の翡翠紀行は大した成果もなく、疲れが残っただけのものになりました。

次回に期待します。

 

宮崎海岸

宮崎海岸

ヒトデ 宮崎海岸

ヒトデ 宮崎海岸

ウミネコ 宮崎海岸

ウミネコ 宮崎海岸

オンファサイト ? 青海川

オンファサイト ? 青海川

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

浅井 :

こんばんは

父の件は、まもなく一つ目の時効です。最終時効まであと7年。
身を削り、夫婦げんか、離婚まで話にでる中、双方の親族から離縁され、たった娘夫婦だけで闘ってきました。
でも、ようやく父の死のあらかた、現実がわかってきました。死因不明ではありませんでした。死ぬべくして死んだと。推理みたいに。
ただ、この現実を裏打ちするのに素人の裁判官や弁護士にわかってもらうためには、協力してくれる証拠人=医師の存在が必要であり
そうしたいわゆる抜け忍?のような医師で、きちんと裁判に対応できる信用できる人物が見つからないのがこの日本の現実です。

みなでかばい合うのが日本の医師の生態ですから。
今回の件にかかるなか、多くの医療裁判をチェックしてきましたが、すさまじい医師法の殺人許可書ぶり、正直「そこまでして自分の身分と収入を守りたいのか」と、日本医師会の鼻息荒い団結ぶりには、怒りより、むしろ哀れみと恐怖の感覚を覚えました。

あなたの仕事は何ですか?そんなに訴えられるのが怖いのなら、最初から医師なんてお辞めになって下さい。向いてないですよ。
あまりにも医師として人の命へ対峙する畏れと、その責任を己が持つという覚悟がないのです。なのに威張ることだけはできるのは、獣の医師からは到底理解できぬ仕儀です。恥ずかしくて私にはできません

結論として、医師を完全に信用せず自分の体は自分で守り、管理することの重要さをひしひしと感じます。
患者も学ばないとこの国では容易にむしろ「医師に」殺される可能性が高く、しかもその結果、裁判所は素人なので医師は無罪放免です。

自分の保身しか考えない、どの業界にもそういった人はいます。でも権威と社会的地位、豊かさをもつ職業に多いのは偶然ではないでしょう。

さて、翡翠紀行、今回は、すこし疲れられたようですね。
新幹線駅のせいでしょうかね。拾えなくなってきましたか。
私が行くまで残っててくれないものでしょうか。
でも、春翠さんのように、活動的な、ある意味「熱」のようなものが人にはどうしても大切で、だから生きていることが幸せといえるのでしょう。
いつもお元気なその気力と体力が羨ましく、ブログを楽しく拝見しています。

どこにもない作品を、その手でまた作り出して下さい。
恐らく私の心の琴線に強く触れてバリバリと火花を散らした春翠作品は、他の人には作れない、唯一無二のものだと私は勝手に判断しています。明らかにこれは芸術だと。

暑くなります。アミノバイタルとか
http://www.amazon.co.jp/アミノバイタル-クエン酸チャージウォーター20本入箱/dp/B004Y2XRV4/ref=sr_1_5?s=hpc&ie=UTF8&qid=1435172087&sr=1-5&keywords=アミノバイタル
500mlのペットボトルの水にスティック1本溶かして手軽なので、畑仕事の主人に持たせています。なんだか運動や、体の疲れによいそうなのでお勧めです。
夏ばて、食中毒、交通事故にはくれぐれもお気を付けて下さい。
では、またご活躍を楽しみに拝見しています。

春翠 :

浅井さん、こんばんは。

お父上の死因の究明に二人三脚で奮闘されておられるようで頼もしく思います。
どうか、健康に留意されてこれからも頑張ってください。
権威と社会的地位、豊かさをもつ職業に就いた人ゆえに、得たものを失う恐怖から
まず保身を考えるようになるのでしょう。そして、保身のためなら道徳心も失って
人や自分自身をも欺くことになる。悲しいことです。

一度しかない人生、残りの時間を有意義に過ごしたいですね。
幸いにして浅井さんをはじめ、私の作品を心待ちにしていただいている方々が
おられるので、老体に鞭打って何とか製作活動を続けていきたいと思っています。
しかしながら、最近は製作意欲をそそるような翡翠原石に巡り合っていないので
製作意欲の減退、欲求不満気味になっています。
7/5(日)に市振の翡翠市があるので、お客さんとの翡翠談義で元気をもらいたい
ものです。

これからも応援よろしくお願いします。

浅井 :

春翠さん

レスありがとうございます。
春翠さんのこだわりは、やはり自分で拾った翡翠で作品を作りたい
ということではないでしょうか。
大変だけれどもそういうのは、ロマンがあって素敵ですね。
でも、石を現地で購入するのも運と出会いのたまもののような気がします。お金がかかりますが。。。
恋愛結婚とお見合い結婚としたらどうでしょうか。どちらの出会いも「縁」です。
ちなみに、最近ではテレビ放映後、入コン沢の青翡翠がレアな貴石扱いになっているそうです。
ですから、原石を購入するにも翡翠諸々さらに値上がりが予想され、春翠ファンとしては心苦しいところです。
私は、原石標本も加工石も愛でるのが好きですが、日本翡翠のミステリアスな部分が、おかしな商売にならなければよいがと少し心配しています。
春翠さんの腕が惜しいです。
実際、鳥肌が立つような作品がブログにアップされていて驚きます。
なんか勾玉博覧会みたいなのがあれば、作家さん達はもっとモチベーションも上がるし、世界中の人に見てもらえるのでしょうか。
獣形にしても、これはなんだろうと、広く世界の人々の意見を聞いてみたいではないですか。
ほんとに日々、いろいろ思ったようにいかないことが多いでしょうが、ぜひ、その神のごとき腕を大事にしてもっともっと作品を作って下さい。
そして、やっぱり健康一番ですね。私の不調は家移りしたら直るかもと思っています。
そして、おきまりの適度な運動と適度な栄養、睡眠でしょうか。
不健康だとお金がかかるばかりか、唯一の家族ともお互い夫婦げんかばかりでつまらないです。
春翠さんもお母様のこともあると思いますので、いつも心穏やかでばかりはいられないと思いますが、私にとっては春翠さんの作品がほんとうに心の救いです。
そして、おかげさまで心穏やかにしてもらっています。
ですからがんばって下さい。でも、しんどいときは無理をなさらずしっかり休まれますよう、まだまだ満足するには早すぎるでしょう。
まだまだこれから、焦らずゆるゆると、そして熱く益々ご活躍されることを祈っています。
では。

春翠 :

浅井さん、こんばんは。

最近は上質の翡翠を自分で拾うことがないので、もっぱら購入していますが、
原石の値上がりには困惑しています。
特に、入コン沢の青翡翠の値上がりは異常で、無い物ねだりの売り手市場です。
高価な原石を購入して勾玉に加工し販売しても採算が合わなくなっています。
餅より粉が高くなっている状態です。
このままだと外国で製作したミャンマー翡翠の勾玉や同じく外国で製作した
糸魚川翡翠の勾玉が国内市場を席捲するでしょう。
現に、その兆候が出始めています。
いずれこれらの勾玉が心無い業者によって純国産品と偽って売られるかもしれません。
糸魚川翡翠の勾玉にこだわる人にとっては迷惑な話ですね。

この間、百万円以上の緑の翡翠原石を見る機会がありましたが、自分的にはそれほど
魅力があるようには思えませんでした。
頭の中で思い描いている胸がときめくような原石は、一体いくらぐらいなのだろう。
そんな原石で勾玉を製作する夢のような日が来るだろうか、、、。
 
現実にもどって、皆さんに喜ばれるような作品作りに努めますので、応援よろしく
お願いします。

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31