雪景色

暖冬が続いていましたが、寒波の襲来でついに昨日は名古屋でも積雪がありました。

10㎝ほど積もりましたが、天気が良かったので昼までにはほとんど解けました。

それでも高速道路は一時通行止めになるし、スリップ事故が多発しました。

何しろ年に二、三回しか積雪がない名古屋なので、ちょっとの積雪でも大混乱です。

とにかく珍しい雪なので、完成したばかりの白翡翠の勾玉を雪上に置いて撮影しました。

雪の白さにも負けないような白翡翠の勾玉、いい感じです。

来週あたりまた寒気がやってくるらしいので、鳥たちにミカンやリンゴを忘れずに

差し入れてやります。

翡翠採取の皆さんには、くれぐれも海岸や川での翡翠採取、往復の運転には気をつけて

ください。無理をせず、安全第一で!!!

 

雪上の白翡翠雪上の白翡翠

 

雪景色 給餌場雪景色 給餌場

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

浅井 :

こんにちは。毎日楽しみに拝見しています。
白い雪に白い日本翡翠が映えてとても素敵ですね。
雪国育ちの私には、雪は自然災害でしかないものでしたが
そんなふうに人の目線や都合で判断してはいけないのでしょう。
ありとあらゆる価値観や、ありとあらゆる正義があるのでしょうが
地球レベルで見れば、人の営みや人の辛苦などちっぽけな気がします。
私たち人も実は、
雪の日に春翠さんのお庭で果実をついばむ小鳥たちと同じように
弱くて、儚い、何らかの拠り所なくして生きられない存在なのだと思います。
だから、小さきもの弱きものへの情けを私はどうしても捨てられないのでしょうね。

春翠 :

浅井さん、こんばんは。

毎日毎日雪と格闘している人たちには申し訳ないことですが、雪が珍しい
名古屋育ちの自分は、雪が降ると心が浮き浮きして雪景色の美しさに見とれて
しまいます。
ものの見方・考え方は生まれ育った環境に左右されてしまいますね。

食べたり食べられたりする食物連鎖の世界では、ピラミッドの頂点に立つ人の
命は無数の小さき・弱き命を取り込むことで成り立っています。
人の命を支えてくれている小さきもの・弱きものへ感謝の意味を込め、これら
に少しでも情けをかけることを忘れないようにしたいものです。
また、あらゆる命を生み・育む地球や太陽系、銀河系、宇宙に思いをはせ、
これら大いなる存在にも感謝しなければなりませんね。

コメントする

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031