翡翠加工・垂飾 258-4 研磨完了

ペーパーの2,000番まで研磨後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

地味な色合いですが準ロウカン質の部分を含む、かつおぶし形の個性的な垂飾です。

中の不純物が研磨ごとに表面に出てきているようで、磨き残しができて、なかなか

鏡面磨きになりませんので、近いうちに再研磨します。

大きさは画像一枚目の左より、36×13.5×9mm、21×12×10mm、40×16×8mmです。

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

垂飾 翡翠垂飾 翡翠

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031