翡翠探し 93-2 2日目

2日目(12/19)は市振の翡翠市の日なので、午前8時に市振の土日工房へ行き準備。

今回、今年最後の翡翠市なので大勢のお客さんを期待したのですが、二日前の寒波に

よる降雪が人出に影響したのか、ちょっと寂しい翡翠市になりました。

当日の天気は曇りで割と暖かい一日でしたが、ヒスイ786さんが用意してくれたストーブ

にあたりながらお客さんや仲間と翡翠談義。

都会ではなかなか見られない光景でした。

午後4時に翡翠市を終了し、市振の翡翠販売店へ寄ってから午後5時過ぎに帰路に就き

ました。

そうそう、ラベンダー翡翠の続きですが、翡翠市の仲間たちに見せたところ、即座にヨシオ沢

のラベンダー翡翠だと言われました。そこで売主に翡翠市へ来てもらって事情を話し、ヨシオ

沢産か青海川産かは問わないことにして、2枚のうち1枚を返却して1枚分の代金を返して

もらいました。

取引時の約束事(青海川のラベンダーでなかったら返却可)があるにせよ、相手にも不愉快な

思いをさせてしまったと思い、大いに反省しています。

いくら勧められても自分の予想と違つていたら、自分の判断を信じてきっぱりと購入を見送る

勇気が必要だとつくづく思いました。

翡翠の原石が転々と人手に渡っていくと、ついには採取地や産地が分からなくなったり

間違ったりしてしまうので、原石を購入するときはトラブルを避けるため、翡翠に詳しい人

(翡翠の特徴から産地がわかるほどの名人)を通して購入することをおすすめします。

 

市振の翡翠市薪ストーブ 市振の翡翠市 市振の翡翠市市振の翡翠市

春翠コレクション 翡翠市

春翠コレクション

市振海岸の夕焼け

市振海岸の夕焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

酔翠 :

ヨシオのラベンダー。小滝川の川原砂から顔を出しているのを見たことがあります。青みが強く綺麗なラベンダーでした。
ヨシオのラベは、原石では薄く入っているようでも磨くと色がでますね。

春翠 :

酔翠さん、こんばんは。

青みが強いラベンダー翡翠は、翡翠仲間の間で青ラベと言っている希少な翡翠ですよ。
ラベンダー翡翠でも青みが強いものと赤みが強いものがあり、白地のものが好まれます。
おっしゃる通り、ヨシオ沢翡翠の灰白色の地に紛れているラベンダー色は表面を研磨する
と浮いてきて目立ってきますね。
青海川産にせよヨシオ沢産にせよ、ラベンダー色が綺麗な翡翠は少なくなりましたね。

酔翠 :

2016年、青海川は青の当たり年だったようです。糸魚川石脈の入った推定1.5トン。いつの間にかいなくなってましたが、、、
青海ブルーは魅力あります。惹かれてしまいます。

春翠 :

酔翠さん、こんばんは。

そうですか、青海川に糸魚川石入りのラベンダー翡翠があったんですか。
プロの翡翠ハンターが見つけて上げたんでしょうね。
そのうちに市場に出てくるのを待って、高価でなければ購入して勾玉を作って
みたいものです。

コメントする

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近のコメント