翡翠加工・勾玉と垂飾 344 再研磨

現在の研磨作業の最終段階はダイヤセラミカの10,000番で行っていますが、これが

ない時の最終研磨はペーパーの2,000番までで、もう少し艶を出したいと思った勾玉や

大珠がありました。

そこで、以前に研磨した作品を見直して、磨き残しがあるものや研磨が不十分なものを

再研磨することにしました。

上段、中段はほとんどが入りコン沢の青翡翠で作成したもの、下段は採取地、色とも

いろいろの翡翠で製作したものです。

再研磨する前と比較して、どの作品も色、艶が良くなり品格が上がりました。

 

再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション再研磨 春翠コレクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031