翡翠加工・勾玉 357-4 研磨完了

ペーパーの15,00番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番で仕上げ研磨しました。

どれもいい艶が出ていますが、勾玉、獣形勾玉共に小さいので、細かなところが研磨

できていません。

特に線刻した時の溝があまり磨かれていないので、後日、工夫して磨く予定です。

大きさは画像一枚目の左端が15.5×11×5mm、左から5番目が14.5×9×5.5mm、

右端が22×14×7mmです。

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

勾玉 翡翠勾玉 翡翠

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

浅井 :

春翠様

毎日お元気なご様子で、何よりです。楽しみに拝見しています。
私自身の問題は足踏みしています。でも、こうしてきれいなものを見ることで少し心が和らぎます。
思えば、私の周辺の雑貨や、衣類、食器が全て日本製になっていて、なんだか日本人だなーとこの年になって実感します。
手仕事を応援したい気持ちもあるのですが。

自宅はアパート住まいが学生時代から続いていて、小さくてもいいから、静かな畳の和室ある家に住みたいものです。

あまり年代的にマンガやアニメはお好きではないかもしれませんが、コミック原作のアニメ「宝石の国」は、とてもマニアックで、きれいでいいですよ。女性ですが、「ガロ」系の漫画家さんが原作です。
石好きさんにはお勧めです。ジェイドも出てきます。
多分、大人向けです。
アニメといえば、夫が一人で「この世界の片隅で」の映画をみてきたと言っていました。
私がいつも寝てるからですが、この人にそんなしゃれっ気、文化的欲求があるのが意外でした。しかも朴念仁が感動しているのに驚き。
呉の小さな映画館は、老若男女、意外にも一人できているおばあちゃん、おじいちゃんも、戦争中のお話だからでしょうか。多かったそうです。
時々は、気分転換に映画を見に行くのもいいかもしれません。
多くの人に年齢、性別を問わず、絶賛された、戦時下の一人の少女の日々を淡々と描いた話だそうです。
私自身は、現在の日本でこうした作品を評価されることに、少し心を救われる思いでした。

では、また。

春翠 :

浅井さん、こんにちは。

お元気で何よりです。
文面からは心穏やかに暮らしておられる様子が伺えて安心しました。

最近年をとったせいか、人ごみに出ると人や車の流れが速すぎて、気疲れしてしまいます。
当然、映画館で映画を観ることはなく、テレビで映画を見ることぐらいです。
最近、アマゾンプライム会員になり、いろいろなジャンルの作品をコンピータのモニター
画面で観て楽しんでいます。
特に、人の心の温かさや優しさが伝わってくる作品が好きで、ついつい夜更けまで観て
しまいます。
「フラガール」、「殿、利息でござる! 」は鑑賞の価値ありと思います。

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31