第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12

12/16(土)、17(日)、名古屋国際会議場で開催されたミネラルフェスタに出展しました。

両日とも寒い日でしたが曇りや晴れで、開催日和の二日間でした。

1日目に、目玉商品の入りコン沢の青翡翠の勾玉や垂飾一式をうっかり積み忘れて来てしまい、

展示販売できなくてお客さんに迷惑をかけてしまいました。

大変、申し訳ありませんでした。少しづつボケが進行しているようです。

第1回目の開催なので不安な面もありましたが、思ったよりも多くのお客さんに来店いただき、

翡翠談義を交えながらの対面販売を楽しみました。

「糸魚川翡翠はこんなに綺麗なんですね」、「綺麗だけど高くて買えません」などの声が聞かれ、

興味を持っていただいてもなかなか買ってはもらえませんでしたので、糸魚川翡翠の美しさや

価値をもっと知ってもらう必要性を強く感じました。

名古屋で開催される鉱物展にはできるだけ参加して、糸魚川翡翠や勾玉を手にとって見ていただき、

その魅力を肌で感じ取ってもらいたいと思います。

来年の2/11(日)の石フリマ、3/16(金)、17(土)、18(日)のミネラル&フォッシルショー

に出展が決まりましたので、春翠コレクションに興味のある方はぜひお立ち寄りください。

詳しくは、開催日が近づいたら、あらためてお知らせします。

 

第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12

第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12

春翠コレクション

第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12

春翠コレクション

 

第1回ミネラルフェスタin 名古屋国際会議場 2017.12

春翠コレクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ゆうた :

パワーストーン関係で若い女性も勾玉に興味を持っていると思うんですがやはりネックは値段かもしれませんね。
入りコンや金山とかは希少だから高いといわれても結局はマニアにしかわからない単語だし一般の人たちにしてみれば???だと思います。
春翠さんの言う通りすそ野を広げる必要があるのは認めますが、まずは手軽に手を出せる勾玉からのステップアップが必要でしょうね。
でも、ショップ巡りをしていると若い人たちが結構多いので先は明るいと思いますよ。
作り手の平均年齢はどれぐらいかはわかりませんが・・・

そうそう、一回目の真名井遺跡の勾玉の習作ですが両側が外に広がってしまい失敗作となってしまいました、今年中に再度チャレンジです

春翠 :

ゆうたさん、こんばんは。

なかなか厳しいミネラルフェスタでした。
糸魚川翡翠の勾玉や大珠に興味を持ってもらえるのですが、買ってもらうまでには
至らない人が多かったです。
周りが何千円という製品が多い中、何万円する勾玉購入に躊躇してしまうのでしょうか。
安くすれば売れると思うのですが、原石代や消耗品代、加工の手間を考えるとそうも
いかず、かといって製品の質を下げるわけにもいきません。
やっぱり、上質翡翠で石目がなく、色が綺麗で、透明感のある勾玉を身に着けてほしい
との思いが強く、これからも対面販売をしながら糸魚川翡翠の勾玉の魅力を伝えて
いきたいと思います。
「こんなに綺麗な勾玉をたくさん見たのは初めてです」と言われた人がいました。
作り手の思いが伝わって、ちょっと嬉しかったです。
上質翡翠をつかって勾玉を一つ一つ手間をかけて丁寧に作ってきて良かったと思った
瞬間でした。

やっぱり真名井遺跡の勾玉の優美な曲線を再現するのは難しいですか。
なんども挑戦してください。攻玉技術の向上につながりますので。

ゆうた :

春翠さんの勾玉って本当に繊細で綺麗ですよね、自分も欲しかったのですが、加工
道具を揃えるのに精いっぱいと長期療養明けと聞きたいことが山ほどあったので、
垂飾を一つ買うのが精いっぱいでした。
真名井遺跡の勾玉の失敗の原因の一つに外側の曲線の描き方の失敗が第一と考えました。
最初は良かったのですが、加工しているうちに外側の余裕が無くなってしまったのが
原因だと考えています。
次回は外側を削り終えてから内側の研磨に入ってみようかと考えています。
質はともかく原石はある程度確保したので他の勾玉との同時進行しながらできるまで
チャレンジするつもりです。
対面販売は本当に楽しそうですよね、勾玉を作り始めて三か月チョイですが何時かは
どこかで対面販売してみたいですね

春翠 :

ゆうたさん、こんばんは。

失敗は成功のもと、といいます。
失敗の原因を突き止めて、工夫を加えた新しい方法を試してみる。
自分の思い描いた通りの勾玉ができるまで、失敗を恐れずチャレンジを続けていって
ください。

対面販売では作品の評価が直に聞けるので大変参考になります。
まずは、たくさん勾玉を作って、腕を磨いてください。
来年の翡翠市で、ゆうたさん作の勾玉を見せてもらうのを楽しみにしています。

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930