翡翠加工・勾玉 388-1 原石切断

気が付けば今年の半分が過ぎてしまいました。

やっと梅雨が明けたと思ったら、台風7号と梅雨前線の影響で雨の日が続いています。

大雨の被害が報道される中、外出する気にもならず、家にこもって勾玉の製作をするしか

ありません。

今回は、昨年購入した小滝の圧砕緑翡翠を加工して勾玉を製作します。

まず、原石を板状に切断しました。

 

翡翠原石 圧砕翡翠翡翠原石 圧砕翡翠

 

翡翠板 圧砕緑翡翠翡翠板 圧砕緑翡翠

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ゆうた :

こんばんは、アップルグリーンの圧砕勾玉楽しみですね
所で、大きめの原石が増えてきたので、そろそろ子割り切断機を購入しようかな?と思ってるんですが原石の節約や効率等を考えたら、やはり必要でしょうか?最近は加工時間より板取りの方に時間を取られてあまり加工できてないような気がします。
5万程度なら買ったほうが良いと思いますか?

春翠 :

ゆうたさん、こんにちは。

小割切断機があれば、握りこぶしぐらいの原石ならば楽々切断できるので、
製作の幅が広がり、より楽しくなると思います。
ただ、値段が高いです。
私はイマハシ製作所のものを使っていますが、10年ほど前に買った時ブレード付きで
30万円ほどしたと思います。
甲州屋さんが、簡易型の小割切断機を販売しています。
11月の糸魚川翡翠鉱物展で出品されると思いますので寄ってみてください。
ブレード、フレキシブルシャフト(ルーターの先端部分)付きで6万円弱です。

ゆうた :

春翠さん、ありがとうございます
やっぱりあった方が良いんですね、11月に甲州屋さんのを購入する方向で考えてみます。パイプ切断機にブレードを付けただけの切断機ですと危ないしまともに切れないし大変でした。たまに春翠さんが何枚に切ったとか見ていると本当に楽そうですし効率も良さそうなので憧れるんですよね。ルーターまで付いていたら道具が小型化出来てよいですね

春翠 :

ゆうたさん、こんばんは。

他の切断機を流用すると安全面に問題があるので、やっぱり原石専用の切断機を
使ったほうが安心ですよ。
思ったところを自由に切断できるのが便利だし、何よりも原石の中身が見られるのが
楽しいです。
甲州屋さんのブログに、小割切断機を使っている動画があるので見てみると
いいですよ。値段の割にはよく切れているようです。

コメントする

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031