翡翠探し 106-2 2日目

2日目(8/19)は午前7時から宮崎海岸で翡翠探し。

もう少し早くから探そうと思っていたのですが、昨夜の寝つきが悪く寝坊して

しまいました。

海岸へ行くと翡翠ハンターや釣り客が帰った後らしく、人がほとんどいなくて

ゆったりと翡翠を探して海岸を歩くことができました。

キリッと晴れた青空に巻雲がたなびき、吹く風も幾分ひんやりとして秋の気配を

感じながら翡翠を探した結果は翡翠が二つで、その中の一つは青翡翠でした。

一見灰色に見えるので翡翠ハンターの目に留まらなかったようです。

この後、午前8時に市振の土日工房へ行き翡翠市の準備。

午前中はお客さんが多かったのですが、午後は少なくなってしまい、もっぱら

仲間内での翡翠談義。中国で製作された糸魚川翡翠の勾玉の話も出ました。

翡翠の原石が高くなるは、勾玉は安くなるはでは、いずれは日本の翡翠加工業者

がいなくなってしまいます。

勾玉を裏返したらmade in Chinaのシールが、、。こんな日がいずれやってくる⁉︎

 

翡翠市へのご来場、ご来店ありがとうございました。

今後ともご支援、よろしくお願いします。

 

宮崎海岸

宮崎海岸

たなびく雲 宮崎海岸

たなびく雲 宮崎海岸

宮崎海岸の成果 翡翠2個

宮崎海岸の成果 翡翠2個

春翠コレクション

春翠コレクション

 

 

 

 

 

 

春翠コレクション

春翠コレクション

春翠コレクション

春翠コレクション

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ゆうた :

日曜日はありがとうございました。
今後の加工の問題点と方向が見えてきました、自分はやはり勾玉を中心に加工をしていこうと思います。

中国製の勾玉、ネットでは安すぎる新品勾玉をよく見ますが店舗では、よっぽどの理由が無い限りやってはいけないと思います、その店の職人さんがどんなに良い作品を作っても全部の作品を疑ってしまいますから・・・
自分は産地よりも作者の名前の方を重視して買うようにしています、春翠さんの勾玉は自分の理想形なので、良く買いますね(ついついコン沢に手が伸びてしまいますが)

春翠 :

ゆうたさん、こんにちは。

頭の中でイメージした通りの形に加工できるようになるには時間がかかりますが、
一つ製作するごとに問題点を洗い出して次の作品に生かすようにしていけば、
上達はかなり早くなると思います。次回の勾玉を楽しみにしています。

中国製の勾玉がいけないとは思っていませんが、問題は製作地、あるいは製作者を
偽ったり、あやふやにして販売することです。
お客さんに納得して買ってもらえるように、誠実に勾玉の出自を説明してから販売することが大事だと思います。
これが守られないと、糸魚川翡翠の勾玉の信用を失うことになりかねません。

この件で、中国製の勾玉のクオリティーに負けない勾玉を製作しなければと、改めて
強く思いました。これからも春翠コレクションを充実していきますので、
ご支援よろしくお願いします。

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30