石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー

10/7(日)に京都で開催されている石ふしぎ大発見展へ行ってきました。

午前7時半出発して、途中の混雑や駐車場探しで手間取り、会場・みやこめっせに

入ったのが午前10時半ごろになってしまいました。

二日目ということか台風25号の影響なのか、去年より人が少ないように感じました

が、各ブースを見て回るはちょうど良い込み具合でした。

富山の翡翠販売業者産のTさんのブースで時々休ませてもらいながら、各ブースを

ゆっくりと見て回りました。

その中で今回もアンモライトの美しさに見とれてしまいました。

見る角度によって千変万化する色合いはオパールに引けをとらず、それ以上かも。

いつか手に入れたいものです。

翡翠を扱う店が数店ありましたが、透明感のある上質翡翠は極めて高価で、比較的

廉価な中・低質のものは勾玉にしても魅力がないので、今回も購入は見送りでした。

その代わり、アメジストやエメラルドの原石、研磨用のダイヤモンドホイール、

勾玉を入れる収納BOXなどを購入しました。

最近の京都は人で溢れかえっていて真っ直ぐ歩けません。どこの駐車場も満車状態、

さらに土・日の駐車料金が20分300円もする駐車場もあり、落ち着いて名所見物が

できません。

学生時代に平日の竜安寺に行ったとき、自分一人しかいなくて石庭の眺めを独り占め

状態になり、この時を幸いに、石組に使われている15個の石全てを見渡す場所を見つけ

てやろうと考え、あちらこちらと位置を変えて眺め、最後に全て見える場所を探し当て

一人喜んでいたことを鮮明に覚えています。

50年前の比較的静かで落ち着いた京都が懐かしい。

 

石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー石ふしぎ大発見展 2018 京都ショー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ゆうた :

こんばんは
京都のイベントは大きそうですね、富山には石関係のイベントが無いので糸魚川のしか行ったことがありません。

自分も今回の糸魚川では道具関係を中心に購入するつもりです、200mmの研磨用ディスクに出来れば180mm以上の大きさの切断ディスクが欲しいですね。
結局、子割機は色々組み合わせて自作しました、やっぱりあると正確で一定の厚さにカットできるので便利ですね、かかった金額は中古品とか家にある物を使ったりで5000円程度で済みました、ただ切断ディスクは前から使っていた150mmしか無かったので下部からの水を供給する湿式にするつもりが暫くは上部から水を供給する方法になってしまいました。

春翠 :

ゆうたさん、こんばんは。

京都の鉱物展は会場が広くて出店数も多く、デイスプレーもおしゃれな感じで、
一日中いても飽きません。
機会があったら一度行ってみてください。

小割切断機の自作ですか。なかなか器用ですね。
これがあれば勾玉製作がかなり楽になると思います。
勾玉が完成したら、また市振の翡翠市で見せてください。

よろしくお願いします。

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031