翡翠加工・勾玉 448-5 研磨完了

グラインダーが故障したので急いで予備のものと交換して、何とか研磨ができる

ようになりました。

ペーパーの1,500番まで研磨した後、ダイヤセラミカの10,000番まで研磨して

完成です。

透過光が青色と青緑色になる勾玉と垂飾りで、今では希少なものだと思います。

大きさは画像一枚目の左より、22.5×15.5×7.5mm、24.5×16×8.5mm、

21.5×15×7.5mm、25×11×6.5mm、24.5×11×6mm、25.5×14×7.5mmです。

 

勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠

 

勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠勾玉 垂飾 入りコン沢の青翡翠

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ゆうた :

おはようございます
透明感のある綺麗な勾玉と垂飾りですね
気がつけば、もう今年最後のひすい市になってしまいます。
冬場は冬籠もりして加工技術を磨きます。

春翠 :

ゆうたさん、こんにちは。

濃い青色もいいですが、青空のような青色もなかなかのものです。
来年は、青色も含めて、緑色やラベンダー色の上質翡翠を手に入れたいと
思っていますが、運次第なので焦らず待つことにします。

この冬は加工のペースを落として、じっくりと作品に向き合いたい
と考えています。

コメントする

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930