翡翠加工・玉斧 480-4 研磨完了

ペーパーの400番まで研磨した後、ダイヤセラミカに変え500番から番手を

上げていき、最後は3,000番まで研磨して完成です。

平面が多いとペーパーでの研磨よりダイヤセラミカのでの研磨の方が綺麗に

仕上がります。

薄緑色で落ち着いた感じの玉斧ですが、透過光が鮮やかな緑色になります。

大きさは画像一枚目の左より、45.5×26×10mm、49×28.5×8mmです。

 

玉斧 薄緑翡翠玉斧 薄緑翡翠

 

玉斧 薄緑翡翠玉斧 薄緑翡翠

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ゆうた :

こんばんは、糸魚川らしい緑の綺麗な玉斧ですね
どんな透過光になるのか楽しみです。
今月は冬支度(雪つりと雪囲い)で行けませんが来月は行けそうなので、どんな作品を作って来られるか楽しみです。

春翠 :

ゆうたさん、こんにちは。

透過光は濁りのない緑色ではなく、含まれる不純物のせいかどこかモヤモヤとした不思議な
緑色をしています。説明が難しいですが、、、。
名古屋の冬は寒いですが年に2、3回しか雪が降らず、大雪になることも滅多にないので、
冬支度といっても洋蘭を室内に入れたり、東洋蘭を囲うことぐらいで助かります。

こつこつとマイペースで勾玉や垂飾を作っています。
来月お会いできるのを楽しみにしています。

コメントする

カレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ