翡翠加工・白翡翠 32-3 研磨完了

色々あったけれども研磨完了です。

初めは5個とも600番まで磨いていきました。

その後、2個はいつものように番手を上げて2000番まで磨き、

残り3個は逆に番手を下げて320番で再研磨しました。

ナイフのブレード磨きにミラー仕上げとヘアーライン仕上げがあるのと同じように、

艶消しの状態も似合うのではないかと考えたからです。

どちらかと言うと、この白翡翠の場合は艶消しの方が似合っているように感じます。

まあ、好みの問題ですが、、、、、。写真では微妙な違いが分かりにくいです。

***大きさの報告を忘れていました。

一番大きな勾玉で30mm×20mm×11mmです。

勾玉 白翡翠

下3個は艶消し磨き

勾玉 白翡翠

上、下右は艶消し磨き

勾玉 白翡翠

左の拡大画像

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

純白いいですね〜(^^)

翡翠の純白は他の石に無い独特の存在感がありますよね。
その良さと希少さをわかってくれる人が少ないのが残念と言えば残念ですが…

下手な色付きよりも純白は遥かに稀少です。
一般に白と言われているのはほとんど灰色が噛んだやつですから、
ありそうで無いのがこの純白なんですけどね。

春翠 :

ミエスケさん、今日は。

やはり純白翡翠の良さを分かっている人がいたのですね。
今までに拾ったり買ったりした白翡翠の中では、これが一番白いです。
何と言っても、純白翡翠はいいですよ。
白色があってこそ,緑色やラベンダー色が引き立つ訳ですからね。
特に純白翡翠の勾玉を見ると、心が洗われる気持ちがします。
もう少し残りがあるので、ペンダントや携帯ストラップを作るつもりです。

こんにちは

ヒスイの白色、とても魅力があり、黒色と同様大好きです。約20年前にEM海岸へ行って帰りに寄った泊駅の近くにあったお店に、白色ヒスイで加工されたものが飾ってありました。真珠の白色とは違い、真珠よりもヒスイの方が個人的には好きです。

春翠 :

Necoさん、今日は。

白翡翠に魅力を感じている人がもう一人いましたね。
控えめだけれどちょっと気になる白翡翠。
純白翡翠の勾玉は初々しくて清潔感がありますね。
艶消しだと余計に魅力が増すように感じます。

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930