翡翠探し 12-3 2日目

2日目(9/16)は早朝より市振海岸へ。

波が小さくて石が動いていないし、東側の浜もだいぶ狭くなっている。

翡翠を探しても見当たらず、山水画が描かれているような灰色の薬石を拾う。

朝焼けが奇麗だったので写真を撮ってから、しばらく翡翠や薬石を探した後、

ふと東の空を眺めたらなんと龍が現れていました。

直感的に、顔を右に向けて体をうねらせている飛竜に見えました。

この飛竜を写しながら西の空を見上げると、何ともう一匹の飛竜が現れました。

こちらは、顔を左に向けて玉を持った龍のように見えました。

写真の画像はコントラストを付けて見え易くしてありますが、飛竜に見えるでしょうか ?

温暖前線の接近による高層雲のいたずらでしょうが、なかなか面白い体験でした。

この後、姫川と小滝川に行きましたが成果は無しでした。

午後は、小滝のポポさんとまちの駅で翡翠談義でした。

まちの駅では、春翠の展示コーナーの模様替えをやることになって始めましたが、

なかなかはかどらず、終業時間になって翌日に持ち越しです。

その後、根知の玉匠・古吹さん宅によって、遅くまで翡翠談義でした。

薬石 市振海岸

山水画の模様

飛竜 市振海岸

東の飛龍 右向きの顔

飛竜 市振海岸

西の飛龍 左向きの顔

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031