翡翠探し 14-3 2日目

2日目(10/20)は朝一番に宮崎海岸へ。

東から入ってじっくり探しましたが、さびの入った小さい青翡翠1つでした。

海岸であった人に挨拶をするとキャンプ場の管理人さんで、海岸に落ちている

ルアーを拾い集めているとのことでした。

根がかりで切れたものが波でうち上がってくるのでしょうか。

しばらくしてコランダム540さんと久しぶりに会い、翡翠談義でした。

次に、青海川と須沢海岸に行きましたが翡翠の成果は無し。

須沢の海岸に下りる途中で、海岸から上がってくる北斗さんと会い話をしましたが、

良いものは拾えないとのことで苦戦中でした。

須沢を諦めて帰る途中に挨拶した地元のYさんと翡翠談義になり、自宅の翡翠を

見せてもらえることになりました。

自宅へ伺って上質の緑翡翠と白地で奇麗なラベンダー翡翠を見せてもらいましたが、

どちらも透明感があってすばらしい翡翠でした。

その後は、原石館に最近の作品を持って行って、廣川さんや浅葱さん、館長さんたちと

楽しく翡翠談義をしました。

宮崎海岸

打ち上げられたルアー

宮崎海岸

小さな青翡翠 宮崎海岸

宮崎海岸

遊色が奇麗な貝殻 宮崎

市振海岸東

秋晴れの市振海岸

 

 

 

 

 

 

須沢海岸秋晴れの須沢海岸
須沢海岸

ネフライト(軟玉翡翠)  須沢海岸

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

北斗 :

春翠さん、こんにちは。

今年の2月以来、約8ヶ月ぶりに海岸でお会いする事ができ、最近の作品を見せて頂きながらのヒスイ談義とても楽しく、ありがとうございました。
自分は、海岸まで車で2時間程ですが、なかなか時間が取れず頻繁に行けない状況です。
でも春翠さんに比べれば、近い分恵まれていますね。
そんな訳でお会いできた時は、もう少しお話をしたい気持ちなのですが、ご挨拶程度となってしまいました。

次回お会いできたら、翡翠や加工の事などをまた色々教えて下さい。

春翠 :

北斗さん、今日は。

あれから押上は拾えたでしょうか。
こちらは全く拾えず、翡翠原石館で翡翠談義を楽しみました。
海岸まで2時間とは、うらやましい限りです。
波が徐々に大きくなってきたので、これからが楽しみですね。
また海岸で会ったときには、拾われた原石や新作の勾玉を見せてください。

コメントする

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031